管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリタスに希望を……
2008年06月30日 (月) | 編集 |
土曜の阪神9レースにキャロのスピリタス(とトゥリオーニ13着)が出走し、二着と好走しました。
久し振りの出走ながら毎日杯の三着馬に食い下がったのですから、大したものです。
このレースには他にもブーケフレグランスやディープキッス、コーニングストーンといった500万にいる方がおかしい馬達が多数揃っていましたから、二着と言えども非常に価値のあるものだったと思います。
次はまず勝てるでしょう。
ここまでのレースぶりから将来的には準オープン、順調ならオープンまでいける器かもしれません。

さて、今回このスピリタスの話題を持ち出したのは、彼がある馬と共通点を持っていることに気づいたからです。
父がタニノギムレットで、体重が440キロを切る小柄な馬体。

そう、ストゥレガーレと良く似ていると思ったんですね。

※スピリタスの募集時の体高&体重は151センチ427キロ。
ストゥレガーレは148センチ417キロでした。

もちろん二頭は母系も厩舎も性格も違うのですが、ここで重要なのは、同じ小柄なギムレット産駒が走ってくれたという事実です。
やはり身体の小ささが我等出資者にとっても一番の不安材料だと思いますし、それだけにスピリタスの好走には勇気づけられた方も多いはず。
サスガに能力や距離適性も同じとはいかないと思いますが、将来この二頭が同じレースで戦うことになったら、それもすごく面白そうです。
ストゥレガーレも予想以上に早いデビューを迎えられそうですし、新馬戦が今から楽しみでなりません。
本当に日々待ち遠しいですね。


あとどうでも良いですが、スピリタスとユビキタスってなんか似てません笑?



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。