管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07産サンデーRランキング
2008年07月15日 (火) | 編集 |
さて、今日はサンデーレーシングクラブの募集馬を見ていきますよ!
今年のサンデーRはかなり凄いラインナップだと思います。
もしかしたら本家以上かもしれません。
ぜひ、今回紹介するような馬達をキャロットクラブにもたくさん廻して欲しいものです。
そしたら確実に大口でいくこと間違いなしです。

特にランキング上位のA+の三頭。めちゃくちゃ良いデキですね。
即満口となってしまったのもこれなら頷けます。

では、始めましょう。
(写真はクラブHPにてご覧下さい)


5位 146・ビワハイジの07(父 アグネスタキオン) A
血統はもはや説明は不要。長躯短背で、トモのボリュームも素晴らしい。
しかし脚が弱そうなのが大きな欠点。
特に右前の繋ぎが立ち過ぎている為、故障する確率は非常に高いと思われる。
デビューできずに引退してもおかしくない。出資するなら相応の覚悟が必要かと。
脚元さえ丈夫なら、AAランクを付けている。

4位 159・シェーンクライトの07(父 スペシャルウィーク) A
この繁殖は本当に仔出しが良い。
兄シェーンヴァルト同様、妹も丈夫そうで背が短く、トモの形も良い。
全体的に見ても管理人好みの馬体をしている。
このクオリティで30万は破格ではなかろうか?
この値段ならコケても大した痛手にはならないので、管理人のような貧乏人や新規会員の方にはお奨め。


3位 128・ライクザウインドの07(父 クロフネ) A+
トモ、首さし、飛節など各パーツも非常に好印象。これからぐんぐん成長していきそうなイメージ。
凡庸な成績で終わることはまずないだろう。
繋ぎの角度も○。柔軟かどうかは判らないが、クロフネ産駒の場合は少し固いくらいの方が良い。
牝馬にしては若干高めの部類に入るが、血統は文句なしの一流。
65万はむしろ安い位だと思う。


2位 153・ミッドナイトボイスの07(父 シンボリクリスエス) A+
今まで見たシンクリ産クラブ馬の中では一番かもしれない出来。
この馬も背が短く、トモのボリュームが十分。
肩やキ甲の造りから大きなストライドで走るタイプと見た。血統も面白い。
正直、シンクリ産駒はあまり好みの馬体でない馬が多いのだが、サクセスブロッケンやこういう馬を出せるとなると、認識を改める必要があるかも。


1位 142・ビワパシフィカスの07(父 アグネスタキオン) A+
競馬ファンなら誰もが夢を見る血統だが、血だけじゃなく馬体の方も一流。
どこのパーツも極めて高いレベルでまとまっており、タキオンの長所が随所に表れている。
この馬もミッドナイトボイスの07同様に可動域が広そうな肩の造りをしている。
筋肉も柔らかそうで極めて上質。
世代のスター候補筆頭だ!


とまぁ、こんな感じになりましたが如何だったでしょうか?

こうしてランクインした馬達の父を見ると、殆どが近年日本で走っていた馬達なんですね。
僕が競馬をはじめたのは、それこそマル外や外国馬の全盛期といっても良い時代でしたから、日本競馬も大きく変わったのだな、と深く実感させられます。
来年にはハーツクライやディープインパクトらも控えていますし、ますます日本の血が繁栄していくのでしょうね。
しかし、このままでは将来非常によろしくない事態に陥ってしまうことも容易に想像できます。
日本がサンデー系の血で溢れかえる前に、その血を海外に輸出するなどして早急に手を打つべきだと思いますね。
(と言うか、こんな事は本人達が一番良くわかっているはず)
馬産地の心境も理解しているつもりですが、売れる馬ばかりじゃなく走る馬をつくっていかないと、後で確実にしっぺ返しを喰らうことになります。
そうなってしまってからでは遅いんです。
理想は実際に即行動に移してもらうことではありますが、まずは意識だけでも変えていこうという姿勢を我々競馬ファンに見せてやって欲しいのです。
ね、社台さん?
(論点がズレてきちゃいましたのでこの辺にしておきます)


そうそう、それとシェーンヴァルト(05産 A+)の新馬戦について、まだ触れていませんでしたね。
昨日書き忘れてしまいましたが、北村友一騎手を鞍上に一昨日の函館芝1800M戦で無事デビューを果たしました。
結果は勝ったフォーレイカーからクビ差の2着。
あと一歩届きませんでしたが、デビュー戦としては上々の結果でしょう。
順調でさえあれば、そう遠くないうちに勝ち上がってくれると思います。
期待して次走を待ちましょう。


今度はマイネル軍団やユニオンの馬をピックアップしていきますので、そちらもお楽しみに!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。