管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度 見学ツアー記 Part5
2008年09月21日 (日) | 編集 |
ノーザンファームYearling遠浅を後にして約10分。
次の展示場ノーザンファーム早来に到着しました。
時刻も3時を過ぎ、風も大分強まってきていました。
周回コースの砂(土?)が舞って煙状になっていましたね。

さて、ここに居たのは以下の牡馬6頭。

セメイユドゥヴォンの07
スリリングヴィクトリーの07
トゥザヴィクトリーの07
キョウエイマーチの07
ビューティテイストの07
オレゴントレイルの07

頭数こそ少ないものの、ある意味一番の注目場所だったかもしれません。
皆さんの注目はやはり、と言いますかトゥザヴィクトリー07とキョウエイマーチ07のニ頭に集中していましたね。
ですが、注目されるだけあってとても良い馬達でした。
まぁ、この値段でダメだったら逆に文句の一つでもつけたくなっちゃいますよね笑。

特にトゥザヴィクトリー07の方は大物感溢れる雰囲気を醸し出していましたよ。
ただ、少し眠たそうにも見えましたが。
若いお姉さんとお兄さんが二人で手綱を引いていたので「普段はうるさいのですか?」と尋ねてみたのですが、「いいえ、普段から大人しいですよ。たまにカッとスイッチが入ることもありますが、普段は力を内に秘めているタイプですね」とお姉さん。
その後、身体を撫でさせて貰えたのですが(将来自慢できるかもしれません)、その時もすごく大人しかったですね。

馬体重についても聞いてみたのですが、それにはお兄さんの方が「馬鹿デカくはならないでしょう。いったとしてもせいぜい520~530……いや、そこまでいかないかもしれません」と答えてくれました。
お二人ともこれからの成長と絞れる分を考慮すると、今とたいして変動することはない。と考えているみたいですね。
脚元もとても丈夫だそうで、少なくとも表面上映っている部分に関しては何も不安がないと仰っていました。

ちなみに、キョウエイマーチ07の方は繋ぎが地面にくっつくんじゃないの?ってくらい繋ぎが柔らかくて、逆に心配になっちゃいましたね。
スタッフさんは全く問題ないと言っていたのですが、やはり少しは気になりますよね。
トゥザヴィクトリー07と比べてもこっちの方が良い!って言う方も結構いたのですが、繋ぎ云々を別にしても、僕個人としてはやはりトゥザの方が好みでした。

他にはビューティテイスト07とオレゴントレイル07を見れたのですが、前者はジャンポケ産駒にしては真面目で手のかからないタイプだと担当の方が言っていました。
まだ身体が小さいですが、これから背も伸びてくるだろうとの事です。
ただ、ジャングル産駒は気性が荒々しくてナンボだと思っているので、僕個人としてはあまり好きになれないかもしれませんね。

後者はタイミングが合わず、担当さんから直接話を聞くことができなかったのですが、見た感じカタログやDVDより力強さを感じました。
身体の各パーツも、思っていたよりずっと上質のものでした。
やはり、芦毛の馬は直接見ないとわかりづらい所がたくさんありますね。
それが今回身に染みてわかりました。

そして、オレゴントレイル07の身体を一通り眺め終わった頃に、丁度集合の合図がかかりました。
次もノーザンファーム早来ですが、今度は牝馬が6頭です。
(Part6に続きます)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
すばらしいツアー報告ですね。

私も、ティアさんの翌日の21日にツアーに参加してきました。一口馬主は現2歳馬からで、なんと競馬も今年からです。。。

馬の見方、とっても参考になります。
私は、ただ可愛い、好みで選んでいるところなので、まだまだ馬のこと勉強することがたくさんあります。

20日は19日とは、ずいぶん様子が違う仔がいたようですね。
スタッフ方が、昨日はちょっとカリカリしてたけど、直ぐに学習しました。っておっしゃるアタマのいい仔や、リラックスしちゃっている仔も見受けられました。お天気も良かったので寝ちゃっている子もいましたよ。大物かもしれませんね。

みんな人なつくって、いっぱい触らせていただきました。
出資馬が一緒になるといいですね。。。
とはいっても、私の狙っているのはコストパフォーマンスのいい仔ばかりなんですけどね。目指すは、まずは1勝です(^^♪

また、訪問させていただきます。
2008/09/22(月) 00:01:20 | URL | ruru #-[ 編集]
ティアさん、こんばんは。
こちらにコメントさせて頂くのは初めてになりますね。

貴重なツアー情報でとても楽しく拝見いたしました。
特に個人的には、応募するアーティストチョイス07が関係者の間で評判が良いとの事で心強い限りです。
「堅実に走る」というのは同じ印象を持っていたので、ぜひ評判通りの走りをしてほしいところです。

それにしてもスタッフの方々はとても丁寧に対応して下さるようですね。
特に早来ファームのスタッフはとても親切で、これからここの馬は注目してみようかと思いました^^
2008/09/22(月) 00:55:07 | URL | Yakuta #-[ 編集]
書き込み有難うございます!
>ruruさん

ruruさん、はじめまして!
コメント有難うございます。

ruruさんもツアーに参加されていたのですね!
お互いに良い時間を過ごせたみたいで良かったです(^◇^)
やはり、一日目と二日目では各馬の気の持ち方やテンションも違ってくるものなのですねぇ。……うーむ、勉強になります。
トゥザヴィクトリーの07なんかは19日もかなり眠たそうだったので、別の日の彼もぜひ一度見てみたいものです。
走るかどうかは別にして、すごく愛着が持てそうな感じの可愛らしい男の子でした。

一口をやっていると一勝の重みを強く感じるのと同時に、勝利の快感がたまらなくクセになりますよ!
もし出資馬がご一緒できた時は、こちらこそ宜しくお願い致しますね!

そして、ruruさんは今年から競馬を始められたとの事ですが、これにはとにかく、今後も良い出会いに恵まれて欲しいと願うばかりです。
僕は競馬を見始めてもうすぐ12年(当時は8歳児でした笑)になりますが、一つのものにこれだけ長く深くハマり続けられるのはやはり、一番始めの頃に味わった時の感動や興奮が強く根付いているからなのだと思います。
そしてそれには、自分の心に残る一頭や一人に出会えるかが、非常に大きなポイントだと僕は思うのです。
これまで僕が好きになった馬は決して名馬と呼ばれるような馬達ではありませんが、僕の心の中では他のどの名馬たちにも負けない位、強く輝き続けています。
彼等を追いかけた日々は他の何ものにも変えられない大切な思い出です。青春の全ページと言ったところですかね(^▽^;)

競馬は本当に色々な楽しみ方ができるスポーツだと思います。
時には辛いこともありますが、知れば知るほど好きになってしまいます。
お仲間を増やしたい故か無駄に長々と語ってしまいましたが、ruruさんもご自分の理想の競馬ライフを見つけて、目一杯エンジョイして下さいね!

ぜひぜひ、またお越し下さいませm(_ _)m
2008/09/22(月) 13:17:17 | URL | ティア #-[ 編集]
やはり彼は大人気ですね!
>Yakutaさん

ようこそいらっしゃいましたYakutaさん!
こっちのブログでも宜しくお願いしますね!

なるほど、今年はアーティストチョイスですか。
絶妙な所をついてきましたねぇ。
僕もこの馬は確実に走ってくると思います。本当、マル外では一頭だけ抜けた評価でしたからね。
仕上がりも早そうとの事ですし、僕も自分の抽選に漏れたら1,5次で行くかもしれません。
(その前に満口になっちゃいそうな気もしますが(^▽^;) )

早来ファームの方々は知識あり、人柄あり、見る目あり、と見事に三拍子揃っていると思いましたね。
質問して返ってくる言葉には全て説得力があり、ほんとに馬を良く見ているんだなぁ、と感心しきりでした。
ちなみに、去年は現時点での一番馬フィフスペトル、僕の愛馬ブレイクランアウト、06産一番星を挙げたバイラオーラなどがここに居たみたいですね。
我々の出資馬であるストゥレガーレも早来ファーム出身だと言っていました。
良い馬が揃っているみたいですし、早来ファーム、要チェックですね!
2008/09/22(月) 13:46:27 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。