管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず一安心
2009年09月16日 (水) | 編集 |
少し遅れての報告となりますが、先週土曜にブレイクランアウトが朝日CCに出走し、二着で入線しました。
この時間はノーザンファーム早来に展示されている牝馬を見学している時間でしたが、僕はそれらをそっちのけでケータイのワンセグをひたすらじっと見つめていました笑。
今回のレースは非常に重要な一戦。
なにせ春の二戦があんな内容でしたから、ここでも惨敗するようなら、もう立ち直すのは難しいだろうと。ブレイクのように賢い馬なら尚の事そうなるだろうと思い、レースを見るのが本当に怖かったのです。

マイナス4キロと発表された時は一瞬怒りと絶望のような感情がこみ上げましたが、後になって映像を見ると、デキの方は問題なし。
むしろ春の二戦と比べると、見た目でもレースでも力強さを感じる事ができました。
とりあえずは一安心。ホッとしましたよ。
しかし、中間では460キロ位あると聞いていましたが、やっぱり輸送で減ってしまったのでしょうか。次までにはしっかり体重を戻してもらいたいですね。
天皇賞を狙うのであれば、くれぐれも毎日王冠を使う。とか言い出さないで下さいね。
賞金が足りないなら富士S→マイルチャンピオンシップor鳴尾記念で良いと思います。

仮に天皇賞に出れるとしても、ウォッカやキャプテントゥーレに勝つためにはいくつかの条件が全部揃わなければ厳しいでしょう。

①キレを最大限に活かせる良馬場…今まで何度も言ってきたように、道悪自体はこなせる馬ですが、やはりベストではない。ブルーメンやデュランダルのイメージですかね。キャプテントゥーレのように道悪をさらに味方に付けられる馬がいるのですから、雨が得とは言えないでしょう。

②テン乗りは論外…藤田か武豊、もしくはテープがすり切れる位過去のレースビデオを見てレースに臨むような研究熱心で技術の伴った外国人ジョッキーが乗ってくれる事。これが最低条件です。過去のレースから一瞬しか脚が使えないことが解りきっているのに、乗ったときの印象で後は自分で決める。とか言い出すような自己顕示欲の強い騎手では絶対ダメです。

③枠順…とにかく枠順の有利不利の差が大きいコース。外を引いたらまずアウト。ブレイク自身は内枠を引き、ウオッカなど他の有力馬が外枠に入ってくれること。他力本願、全て運次第だとも言えますが、運も味方に付けられないようでは、到底敵うような相手ではないと思います。

④スローペースの切れ味勝負…まるで千四の延長みたいな流れだったマイルCのような展開になっては、脚を切らして惨敗するのがオチだと思います。とにかく脚をためるだけ溜めて、直線で内から一瞬の脚を使って、並ぶ間もなく差しきる。そんなレースを希望します。

これら四つの条件が全て満たされた上で、万全な状態で臨み、初めて僅かな勝機を見出せるレベルだと僕は思っています。
今年はもうGⅠに拘ってませんので、僕としては裏街道路線でも一向に構いませんよ。

第一、あんな流れの朝日CC一戦だけでは二千Mをこなせるという確証にはなりません。
ブレイクの本質はやっぱりマイラーだと思ってますので、どうかマイルCSを最大目標にして進めてもらいたいですね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。