管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GⅠなのに…
2009年10月25日 (日) | 編集 |
明日はいよいよ菊花賞。エース・ブレイクランアウトが淀に出陣です。
しかし今回はどうにもテンションが上がってきません。というかむしろ下降線を辿る一方です。
今日の今日まで切実に進路の変更を願っておりましたが、そんな思いは届くはずもなく…。

以前僕は彼が天皇賞に行くのか、それともマイル路線か…というような事を少し書いたかと思いますが、まさか3000Mの菊花賞を選ぶだなんて夢にも思いませんでした。
ただでさえ能力的にほぼ互角であろう、リーチザクラウンやナカヤマフェスタが相手だというのに、この条件下でどうやったら勝てるというのでしょうか。
それに僕の記憶が正しければ、夏に放牧へ出さない理由に「今後のために賞金を加算することを第一に優先したい」そう仰っていたはずですが…。
で、菊花賞の後は一体いつ、どのレースで賞金を加算する予定なのでしょう?
まさか続戦させるとか言い出したりしませんよね?当然、来年春以降勝ちの目があるからこその大冒険なのでしょうし。
これでもし来年の天皇賞やマイルCSの時期に賞金が足りないとか言われたら、その時は僕も穏やかではいられませんよ。
だいたいブレイクにとって最も勝つ可能性が高いと思われるGⅠ・マイルチャンピオンシップを蹴ってまでここを使う価値が一体どれ程あると言うのか?
そもそも、ここを使うなら朝日CCは何のために使ったのでしょうね…。

皆さんもご存知の通り、ブレイクランアウトという馬は桁違いの瞬発力を持つ反面、長く良い脚を使う能力、いわゆる心肺機能・持久力においては並の馬と同等かそれ以下のものしか持ち合わせておりません。
そして今回の『菊花賞』というレースは、まさにその資質が問われるレースでもあります。
いくつもの偶然が重なった上で、マチカネフクキタルが勝った年のようなレース展開になれば、もしかしたら上位に入れる可能性もあるかもしれませんが、リーチザクラウンがいる今年に限ってはそれもまず望めないでしょう。
母親が2400Mの重賞を勝っているとは言え、血統的にスタミナ分が不足している事は明らか。そもそも馬体・レース振りからしてブレイクは完全な父似なんですよ。陣営も乗り込み量を増やすなどして、一応の長距離対策は取ってくれているみたいですが、生半可な付け焼き刃ではどうにもならないと思いますよ。何せクラシックなんですから。

春のフィフスペトルもそうですけど、キャロットはどうしてこうもクラシックに拘るんでしょうね?
僕が今のところ抱いているキャロットクラブへの唯一の不満です。
そりゃあね、僕だってクラシックには憧れてます。だけど、明らかに適正から外れているのが目に見えている時は絶対反対しますよ。
クラブにしたってクラシックで惨敗するより、ローカル重賞でもきちんと結果を出した方がずっと良い宣伝になると思いますけどね!


今回は愚痴ばっかりでスミマセン。
もちろん愛馬がレースに出走する以上は一つでも上の着順に来ることを願って全力で応援します。
もし間違って優勝でもしたら、祝勝パーティーの時はスタッフや社員さんに頭を下げてまわるつもりです。
そうなってくれるのが最高ですけど、今回はとにかく無事に回ってさえ来てくれれば、僕としてはそれでもう十分ですね。

・おまけ・
菊花賞の予想
◎シェーンヴァルト(折り合いさえつけばあとはタテヤマ笑。三着までの軸に)
○ヤマニンウィスカー(イコピコが人気するならこの馬を買いたい。前走は良いカムフラージュ)
▲ナカヤマフェスタ(能力は世代トップクラスだと思う。輸送をこなせれば)
△イコピコ(展開が向きそうなので。なんかフクキタルとイメージが被る)
△フォゲッタブル(距離適正ならこの馬が一番では?力を付けてますし三着なら)
注リーチザクラウン(体系的には長距離向き。嵌れば圧勝も?)
☆ブレイクランアウト(最後の直線、内からズバッと一閃。もう願望とか欲望とか…それだけです笑)

人気どころがみんな危なそうなので、今週も穴狙いで手広くいきます。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、こんばんは。

残念な結果に終わりましたね。しかしティアさんや私はじめ、普段から馬体を真剣に見ている者にとって、これは当然予想されたことでした。

ときどき、難しいことは何もわからず、盲目的に陣営を信頼しついて行くファンのほうが、ストレスが少なくて幸せな一口馬主生活を送れるのかもしれない、なんて思ったりもします。いわゆる「信じるものは救われる」の世界ですね。

つねづね競馬の深いところを理解したいと望んでいる私は、結構ストレスが多かったりして… 今日もため息、でした。
2009/10/25(日) 20:05:20 | URL | うまなみくん #-[ 編集]
残念…。
ティアさんの予想をいい意味で裏切る結果とならず、残念した…。馬体的なことはわかりませんが、やっぱり血統的には3000mはキツそうでしたよね。ダンス産駒がワンツー決めるような年の菊花賞では特にかもしれません。
これで中距離~マイル辺りに専念するでしょうから、とにかく今回の惨敗のショックを引きずらないといいですね。得意の舞台にさえ戻れば、必ず巻き返せるでしょう。次は鳴尾記念と、まだ頑張るみたいなので、ここで来年に向けての賞金加算と、たまった鬱憤を晴らすようなスカッとした圧勝で、今年を締めてもらいたいもんですね。
2009/10/25(日) 23:53:04 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
うーん
うーんやはりここは出るべきじゃなかったですね正直陣営の決断には首を傾げるしかないですね藤田騎手(おそらく菊で乗る馬がいなかったからでしょう)もあきらかにこのには長いのが分かっていて先生にこのレースを打診したと思います、陣営も距離に自信があるなら神戸新聞杯のほうに回してたと思いますしねはっきり言って負けに行ったとしか・・・
2009/10/26(月) 00:45:06 | URL | akira #-[ 編集]
ティアさん、こんばんは☆
ブレイクランアウトお疲れ様でした。
長い長距離戦、よく頑張りましたね。
結果はついてきませんでしたが、この経験が先につながることを願っています。

私はこの前の朝日CCを生で見て、ブレイクの強さはよく判っています。
適条件でこれからも活躍期待していますね^∀^♪
頑張れ!!ブレイクランアウト!!
2009/10/26(月) 23:19:38 | URL | ぼんちゃん #-[ 編集]
うまなみくんさんへ
うまなみくんさん、こんばんわ。
レース後は当たり前の結果に当たり前のように凹んでいました。

菊花賞の敗戦がそれだけで済む話であれば、まだマシと言えるのですが、ここを使った事による反動、大敗したことのダメージ。そういった後にくっついてくる要因こそ、僕がレース前から危惧していたものです。同じ事を考えていた出資者も決して少なくないはず…。
次は鳴尾記念とのことですが、僕はもう休養に入ってダービー郷辺りからの始動でも良いんじゃないか、という気分になっちゃってます。朝日CCの時のように立て直せると良いのですがね。

僕も基本的には、判断は全部陣営にお任せするべきであり、素人がとやかく口を出すべきではない。そう考えています。
ですけども、あまりにも『それはないだろう』と感じた場合にはその限りではなく、今回のような馬のプロとしてあるまじき行為をさも当然のようにされてしまっては、信頼なぞ寄せたくても寄せられなくなってしまいますね。
騎手も調教師も腕は確かだと思いますが、ブレイクランアウトに対してのみを言えば、ここまでの数戦、馬の適性を少し軽視しすぎだと思います。
2009/10/27(火) 20:15:16 | URL | ティア #-[ 編集]
じゃすさんへ
やはり予想通りの結果に終わってしまいました。残念です…。
僕は馬券を買う際も馬選びの時と同様に馬体から馬の適正を探り、それに血統や展開を結びつけて予想を組み立てていくのですが、今回のブレイクはそのどれをとっても優位に立てる要素が見当たりませんでした。
クラシックが終わったので、今後は適距離を使ってくれるものと思いますが、些か高い授業料でしたね。

菊惨敗から鳴尾記念or旧京阪杯で巻き返しに成功した例は多いですから、出てくると決まればまた期待したいです。
2009/10/27(火) 20:36:32 | URL | ティア #-[ 編集]
akiraさんへ
akiraさん、こんばんわ。

今週出走予定のシンゲンとの兼ね合いも無関係ではないのでしょう。
朝日CCの騎乗振りからして、本当に適正を掴めていない、という可能性も否定できませんが。
まぁ、どちらにしても、聞き心地の良い話ではありませんね。

こういう言い方はしたくありませんが、クラブ側も既に2勝しているマイルCSはフィフス一頭に任せておいて、一見中距離以上にも適性がありそうに見えるブレイクとマーチに客寄せパンダの役割を押しつけたのかもしれません。クラブが『クラシック』にこだわり続ける限り、今後も才能ある馬が犠牲になっていくのかと思うとゾッとしますね。
(結果的に除外でしたが)マイティースルー(大久保洋)やピースエンブレムの使い方にしてもそうです。
マイルがベストと見るや早々とクラシック路線に見切りをつけてマイルカップ一本に絞った本家社台のサンカルロ(大久保洋)の英断を少しは見習うべきです。
他の路線に挑戦するのなら、まずは自分の土俵でしっかりと実績を作るのが先決だと思いますね。
2009/10/27(火) 20:58:06 | URL | ティア #-[ 編集]
ぼんちゃんさんへ
ぼんちゃんさん、こんばんわ。
ブレイクは本当に頑張って3000メートルを走りきってくれました。
長距離戦でも折り合いがついていましたし、適距離に戻っての爆発力に期待したいです。
色々考えさせられる事の多い一戦でしたが、馬は確実に成長しているので、自分に合ったフィールドなら、きっとまた強い姿を見せてくれるものと信じています。
来年のマイルチャンピオンシップを目指して、また一から出直しです。

お気遣い下さって、ホントにありがとうございました><
今後ともどうか応援の程、宜しくお願いしますね!
2009/10/27(火) 21:58:25 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。