管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC展望
2009年11月28日 (土) | 編集 |
今週で東京開催もお終いなので、今日はジャパンカップの予想を書いておきます。
出てくれば重い印を打つ予定だったイコピコとナカヤマフェスタが揃って除外となってしまったのは残念ですが、気を取り直して再度検討です。

※予定していた活躍馬の馬体診断は早ければ明日、遅くても月曜の深夜までにはUPできると思うので、そちらもお楽しみに!

今のところ当日雨が降らなければという条件付きですが、本命◎はオウケンブルースリに打つつもりでいます。蹄底の浅いこの馬に雨は向かないでしょう。
前走の天皇賞では直線殆ど追うことが出来ませんでした。前が開いたときには時既に遅し。それに2000Mでは少し距離が短かった印象です。
しかし、今回はリーチザクラウンという逃げ馬が居る事に加え、コンデュイットの援護射撃役と思われるコスモバルクや、前走後ろから行って届かずのウオッカの存在。
二週連続して逃げ馬が楽をしていますし、いい加減ジョッキー達も考えて乗るものと思われます。去年のような極端なスローからの瞬発力勝負にはまずならないでしょう。
おそらく天皇賞は叩きで、初めから休み明け三戦目で条件もベスト(秋番組の中で)であろうここが最大目標のはず。
どんな展開でも三着は外さないはずなので、軸はこの馬でいきます。

対抗○はコンデュイット。
体調さえまともならアッサリまであるかもしれません。強行ローテがどうか?問題はそこだけ。
まぁ、今日の追い切りもまずまず良かったと思います。一杯に追っていれば◎を付けていましたが。
種牡馬価値を高めたいマイネルの総帥。ボーナスを手に入れたい陣営。
ガチで勝負に来ているだけの背景はあるように感じます。
この馬も持続力+キレのあるステイヤーで、東京コースは向いていると思います。

三番手以降は序列を付けるのが難しいのですが、日本馬ではウオッカ、リーチザクラウン、エアシェイディ。外国馬ではマーシュサイド。
この四頭を抑え・三着候補として考えています。

一番人気の▲ウオッカは距離が長い事に加え、体調面が心配です。鞍上がルメール様でなければ、完全に切るつもりでいました。
ブックやギャロップの写真を見た限りでは前走よりは良く見えるものの、ピーク時の迫力と比べるとどうも今ひとつという感じがします。
能力の高さでどこまでやれるか、でしょうね。

注リーチザクラウンは正直実力の程がまだ掴めていないのですが、調教の動きを見ると状態だけは間違いなく良さそうです。上手く行けば逃げ残ってしまうケースも考えられるのでは。
バルクがそうさせてくれないと思いますが、もしスローの展開に落とした逃げの手を打てるようなら…めっちゃ怖いですね。
でもその時は無印のスクリーンヒーローまで一緒にくっついてきてしまう可能性が非常に高そうなんで、個人的にはあまり望ましい展開とは言えませんね…^^;

△エアシェイディも面白いですよ。この馬は地味に強いです。
前走も大外でなければ掲示板は十分にあったと思える内容ですし、高齢馬は一回負けるとすぐ人気を落とすので馬券的にはとても美味しいです。
有力どころが皆不安を抱えていて、自身は気楽に乗れる立場。それでこの枠なら三着に食い込む可能性は十分あるはずです。

米国の△マーシュサイドはJCに対する本気の姿勢に好感が持てます。
二年連続でやってきて、今年はここに照準を合わせたと思えるローテーション。
これは余程適性を感じていることの表れでしょう。
敬意も表して抑えたつもりですが、ドバイの5着くらい走れれば今年のメンツなら十分通用してしまうような気がします。

他に人気になりそうなレッドディザイアは今のところ切る方向です。前走のデキがあまりにも凄かったので、あれでなんの反動も出ないとはどうにも考えづらい。僕の中でのランクでは割と強い世代の秋華賞馬といったところ。
そもそも前回は全てが上手くいっての勝利であって、ブエナビスタとガチバトルをすれば、本来10回に一度勝てるかどうかのレベルでしょう。
ファビラスラフインやヒシアマゾンと比べると少し落ちると思いますがね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。