管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のレース回顧
2009年12月09日 (水) | 編集 |
☆アースガルド☆
5日の中山競馬では道中外めの3、4番手を追走し直線に向くも、追い出すと思ったほど伸びず6着。「大外枠からの競馬になりましたが、変に小細工はしたくなかったので、好位の外々を追走しました。結果からすると前に馬を置いて進めたかったですね。現状ではまだ馬体に緩さを感じるし、力が付ききっていない分終いは甘くなってしまいました。ただ、能力は高い馬ですし、これからさらに磨きをかけていけばもっと走れるはずです」(蛯名騎手)
「馬体重はマイナスでしたが、前走が余裕残しでしたし、今回は体が絞れて力を出せる状態でした。ただレースではまだ口を割ったり、道中は力みながら走っていますね。今日はこの馬の能力を出し切っていません。このあとは在厩で調整していきます」(勢司師)

一番人気に支持されるも、人気に応える事ができませんでした。
なかなか上手くいきませんね。
当日はマイナス10キロでの出走となりましたが、パドックで見た限りでは丁度良い仕上がりだったように思いました。
確かにトモが緩い状態のガルドには最後の急坂は少々堪えたかもしれません。
ですがそれ以上に、中山が不向きというよりも、心配していた事が全て悪い形で出てしまった、という感じに映りましたね。僕もこの馬の力はあんなもんじゃないと思っています。
内枠を引けていれば結果もまた違ったはずなので、コースや日程に固執せず馬の状態に合わせてレースを選択し、巻き返しを図って貰いたいです。そう何度も大外枠ばかり引かされることもないでしょうから。
ま、勢司先生ならその辺は大丈夫でしょう。

あとこれも結果論になってしまいますが、中京二歳の方がメンバーも軽そうで狙い目だったかもしれませんね。

☆アルメーリヒ☆
5日の阪神競馬では中団からレースを進め、勝負どころで前が詰まるシーンがあるも、直線で差を詰め5着。「初戦に比べると馬がすごく良くなっていました。外が速かったので無理には行かせませんでしたが、スタートも五分程度には出てくれましたね。エンジンがかかった勝負どころでごちゃついたのは痛かったですが、最後はしっかり伸びていますし、次は勝ち負けできると思います。まだ追ってからフラフラするなど若さを見せており、良化の余地を残しているだけに今後が楽しみです」(藤岡康騎手)
「金曜日にゲートから出して反応を確認しましたが、練習どおりスタートは良くなっていました。3コーナーで少し前が詰まってしまいましたが、直線の伸びは良く、見どころは十分でした。大型馬だけあってひと叩きした効果は大きく、レース内容は確実に良化していますね。次走は馬の状態を見てからになりますが、中1~2週間隔をあけて、広い阪神の同じような条件に向かいたいと思います」(藤岡健師)

こちらは頑張ってくれました。5着というビミョ~な着順ですが、内容的には十分合格点を付けられるものでしょう。
強豪相手の中しっかり走っていましたし、あと少しでジャポニズムを交わせるかという所でしたから、前回も申し上げたように牝馬同士ならすぐ勝ち負けになるはずです。
状態、あるいはメンバー次第では牝馬限定のマイル戦というのもアリだと思うのですけどね、僕は。
ですが、陣営が判断した以上は混合戦でも勝負になる手応えがある、ということなのでしょう。
確かにレースの内容を見ると、中京よりも阪神の方が向いていることは間違いなさそうですしね。
2000M戦を使うとなれば、再び今回の上位勢とぶつかる可能性が高いですから、今度も更なる上積みを期待したいものです。

先週は色々と落胆も大きかったのですが、アルメーリヒの頑張りは収穫大。
この馬でオークスに行きたい、という気持ちがますます強まってしまいました。
なんとか早めに初勝利をあげてもらって、来年はレッドアゲート、ハシッテホシーノ路線を歩んでもらいたいですね。

次回はキャロットの残口が残っている一歳馬達に少し触れてみたいと思います。
実は密かに様子見してる子が一頭いるのです。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
アースガルドは残念でした。。。
ただ壁を作れれば、終いももう少し伸びたでしょうし、
早熟ではないと思っているので、まだまだこれからですよね。

次はホープフルSでデムーロ騎手と発表がありました。
内のほうの枠を引いて脚をためる事ができれば…
2009/12/09(水) 23:06:50 | URL | ちゃらこ #-[ 編集]
立て続けにコメントです。
私もアルメーリヒお仲間です!
3~4コーナーのごちゃつきより直線半ばで、Aテンクウに外伸びされてあわせて伸びかけたときに、エンジンがかかる前の状態のログ
に詰まって一度弛めたのが一番痛かったように思いました。
でも残り少ない距離で再度伸びてきてゴール時点では一番の脚でしたので着順以上にかなり期待してよいのではないでしょうか?
再度2000mを選ぶと、強敵そろいだった今回のメンバーとの再戦となることも必至ですが、次走は今回程度のメンバーが揃ったとしても、少なくとも馬券対象圏内までは大丈夫なのでは思わす手応えですね。
2009/12/09(水) 23:08:27 | URL | びりおん #-[ 編集]
こんばんは、ティア様は本当に21歳なのですか。そうなら、これだけ競馬に詳しいのはとても素晴らしいことです。今月号の社台の会報を見ましたが素晴らしい馬ばかりで馬選びの難しさを痛感しております。ティア様はディーバの08をお持ちのようですが、私もこれに出資しようかどうか迷いました。結局ディスカバリングビューティーにいって1頭も希望が叶いませんでした。社台は実績が相当高い人が多いので好きな馬が買えるとは限らないのが難しいところです。ディーバは一目見て良いと思いましたがクラブに電話して聞くと案外人気がないので第一希望でいけばとれそうだと思いましたが何か裏があるのかなと思いやめました。また、他のブログの馬体診断も最高が☆が5つのところ3つしかなくてブログを書いている人に質問をしましたが、カタログの写真だけでは2割しかわからないといわれました。少し前足の出が良くないようなので☆3つにしましたが☆3つは私にとっては悪い評価ではありませんとの返事をいただきました。ディーバ走ってくれると良いですね。私の相場眼からいくと素晴らしいと思います。
2009/12/11(金) 01:50:58 | URL | ケンイチ #mo77/Qdg[ 編集]
次ですね
ティアさん、こんばんは
アルメーリヒ頑張りました。阪神の指定席から応援させていただきました
5着は確かに微妙かも知れませんが牡馬相手に未完成の
馬体ながら良くやったと思います。桜花賞へはローテがきついので
なんですが、次勝てばオークス目指して欲しいです
アースガルドは残念でした。一流馬なら枠や競馬場関係なく
体裁は付けてくれると思いますが、ネオユニヴァース産駒に
多いトモの緩さもあってまだまだ途上ですと言った印象でした
これからですね。府中の方が今は良いかもしれませんね
中山の鬼より府中の鬼の方が良いですしw
2頭とも応援してます
私の所も踏んだり蹴られたりw
東スポでのレッドバリオス・・・
JCDのヴァーミリアン・・・
デビュー直前で放牧のグロリー・・・
鳴尾記念のスパーダは見所がありましたが5着
うまく行く時は1日3頭出走3勝なんてことありますが
こんな時期もあります
何かティアさんのところも同じような流れですねw
次走勝ってもらってお互い良い年越しを
2009/12/11(金) 23:07:03 | URL | サンデーサイレンス #-[ 編集]
ちゃらこさんへ
ちゃらこさん、こんばんわ。
お久しぶりです。

先週は期待していた分、レース後はかなり凹みました。
当日はパドックも見ていて、マイナス10との発表でしたが、見た目には全く問題なさそうでした。むしろ絞れて丁度よかった位だと思います。
仕上げてきた分余計に行きたがってしまったのかもしれませんね。

僕もアースガルドは早熟どころか、むしろ晩成タイプだとずっと思ってきました。
それだけに二戦目であれだけのレースを見せてくれたので、ついつい期待も大きくなってしまうのですよね^^;
まさかのミルコ様にはビックリですが、仰る通り、この馬の場合騎手云々よりも先ず枠順ですね…。
格上挑戦とは言えメンバーも似たり寄ったりでしょうから、何とか巻き返しを期待したいものです!
2009/12/12(土) 01:10:31 | URL | ティア #-[ 編集]
びりおんさんへ
こちらにもコメントありがとうございます。
結果こそ5着とは言え、アルメーリヒはよく頑張ってくれたと思います。
前走ほどチグハグではないにしろ、まだ100%スムーズな競馬をしたとも言い難い。
アースガルドの事もあるので、レース前にあまり大きな事を言うのは控えるべきかもしれませんが笑、力をフルに出し切れたときは強敵相手でも期待できるのではないでしょうか。
不器用と言えばそれまでなんですけども…^^;

大型馬ですし、まだ緩さが残る状態なので使いつつ良くなってくるでしょう。
同じ阪神でも来週の牝馬限定戦(マイル)ではなく中距離に的を絞る辺り、陣営も狙うならオークスと考えているのかもしれません。
2009/12/12(土) 01:23:42 | URL | ティア #-[ 編集]
ケンイチさんへ
ケンイチさん、こんばんわ。
歳のことは良く言われますが、正真正銘イマドキの若い子ですよ笑。
たまにマニアックな馬名が飛び出すブログですから、そう思われるのも無理はないかもしれませんが(^▽^;)
ちなみに身内にも競馬関係者は一人もいません。僕だけが突然変異です。
我々の世代は漫画やアニメ、TVゲーム等でもいわゆる『名作』と呼ばれる作品に競馬を題材にしたものが非常に多く、子供が競馬に興味を持つきっかけ、入り口という点では非常に恵まれていたように感じます。
そして当時の90年代後半こそが、リアル競馬も一番楽しくて魅力的に映る時代だったと思うのです。そう感じるのは自分にとってのやり始めで、何もかもが新鮮に感じた。ということもあるのかもしれませんね。

5月と10月ではまるで別馬のように変わってくる馬もいて、その過程を募集時に見定めるのはとても難しいですよね。
そして仰るとおり、どの馬もレベルが高い。
昨年まではキャロットが基準でしたから、会報写真でもその全体的な質の差に圧倒されそうです。
そんな中、自信を持って選んだ逸材がディーバ08なのですが、無事でさえあれば大きいところを狙える馬と今はそれを信じて疑っていません。
人によってフィルターのかけ方が違うので、評価するポイントも当然変わってくるのでしょうが、僕がこの馬を別格と判断したのは各パーツの性能の高さは勿論の事、身体の軸の通りが素晴らしいのですね。語り出すと止まらなくなるので詳しくは割愛しますが、DVDで身体の使い方や歩様からギャロップへと移行したときの姿を想像してもブレ、無駄な動きを感じさせないのです。
最後の決め手は金銭的に今後の実績もたかが知れてるので、この期を逃してなるものか!とついつい思い切っちゃた事ですかね笑。ご一緒できなかったのは残念ですが、何やらギリギリだったとの話なので、ケンイチさんが思い止まってくれたおかげで僕が出資できたのかもしれません^^;
2009/12/12(土) 23:45:48 | URL | ティア #-[ 編集]
サンデーサイレンスさんへ
サンデーサイレンスさん、こんばんわ。
そして応援有り難うございました。
アルメーリヒ、強敵相手にギリギリ掲示板を確保してくれました。
勝ち馬とのタイム差は小さく、六着以下は逆に大きく離してのものですから、初戦を考えると内容的には良かったと思います。
来週のマイル戦(牝)を使わない所を見ると、陣営も桜花賞は眼中にないのかもしれませんね。
仮に今後賞金を加算できたとしても桜花賞では厳しいと見ているので、やはりオークス一本に徹底してもらいたいですね。

アースガルドの方は少し残念でしたが、ホープフルに出るならもう一度だけ大きく期待しようと思っています。枠順や展開面などいくつか恵まれなければなりませんが、ここを勝つことが出来れば来年のローテがとても楽になりますからね。
まぁ、もともと古馬になってから函館記念や福島記念で穴を空けるイメージで出資した馬なので、早々に結果を残せなくとも気長に見守っていくつもりです(^-^;)

東京大章典当日は友人達と大井まで行く予定なんですよ。
ヴァーミリアンは得意の舞台で巻き返しですね。大井の2000なら一番強いでしょう!
そして明日のバリオス。こちらは頭から馬券を買わせて頂きます。高配当を狙うにはここしかないので笑。
最内で砂を被ってどうかですが、能力的にはあっさりまであるはずです。
新馬戦のような圧勝を期待してます!
2009/12/13(日) 00:15:33 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。