管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くたばれ高速化!
2010年05月17日 (月) | 編集 |
昨日、とある大学の食堂でプリントアウトした社台のリストと新聞を広げて、友達と二時間ほど競馬談議を行いました。
社台のリストを見せてほしいと言われたのでわざわざ学校まで会いに行ったのですが、携帯のワンセグで京王杯を見終えた所で話題は社台から逸れていき、友人が僕にグチをこぼし始めました。
内容は今の東京競馬場の高速化が異常すぎる、というもので、今年から一口ライフを始めようと考えている彼にしてみれば今の馬場状態がどうしても許せないのだとか。

「タイムだけ速くて誰が得すんだっつーの!なぁ!?」
とスプーン片手に激昂する我が友人。
揚げ句の果てに「JRAに苦情を出す!」とまで言い出す始末で、とてもここでは書けないような言葉ばかり並べてくれました笑。
しかし、言葉は汚くとも言ってる内容は至極真っ当だと思いましたね。
キレるのかカレーを食べるのかどっちかにしてくれ…と内心思いながらも、僕もそうだそうだと頷いていました。

先週のマイルC、昨日の京王杯、二週続けて驚異的なレコードタイムが飛び出す今の馬場状態は明らかに異常です。
そしてこれは昨日今日に始まったことではありません。少なくとも自分はディープインパクトが居た頃には既におかしかったと記憶しています。
友人の言うとおり、早い時計が出たところで一体誰が喜ぶと言うのでしょう?

そもそもレコードタイムなんて本来そう簡単に塗り替えられるものではありませんし、だからこそ価値があるものの筈。
なのに毎週毎週レコードが更新されていくなんて…、これではドーピングとなんら変わりませんよ。レコード出したってなんの価値もない。
馬に掛かる負担が大きくなるだけ。
過去の名馬・名勝負に対しても失礼な話です。

まぁ、もしかしたらですが、ごく少数の賛成派が居るのかもしれません。馬場が硬ければ硬い程走る。って馬も当然中にはいますから。
でも最早そういう次元の問題じゃ無いところまで来ているって事をそろそろ自覚してもらわなきゃ困るんですよ。
事実、NHKマイルC組には既にレース後の反動が出ています。それも屈腱炎・骨折という最悪の形で…。
おそらくサンライズプリンス、エーシンホワイティだけでは済まないと思いますね。

今日のヴィクトリアマイルの感想も「ブエナ凄い」じゃなくて「脚が怖い」の方が先でした。
レース後、上記のとは別の友人からも「東京早過ぎだろ、大丈夫か」「あんな芝じゃ絶対ダメだわ。いくらなんでも酷すぎるぜ」なんてメールが送られてきました。
(とりあえずこの二日間で思ったのは、自分は仲間に恵まれていると言いますか、周りの連中が皆まともな考えの持ち主ばかりで少し嬉しかったですね^^)

一口やPOGすらやっていないようなライトファンですら、こうして心配しているんですよ?
なら現場の人間がどう感じているかなんて、説明するまでもありませんね。
大体、条件戦で33秒台の上がりが多発している事自体、おかしいんですよ。
こんな状態が続くのなら、自分の出資馬や好きな馬には絶対走ってもらいたくないです。

まぁ、こんな所で書いたってどうにかなる問題ではないですし、直接メールを出したところで「素人が簡単に言うな」って話なんでしょうけど、僕が思うのは「十年前に出来た事がなんで今できないの?」って事です。
芝ってある程度人工的に作れるものじゃないんですか?
答えがYESなら頑張ってなんとかして下さいよ。
選手にコンクリートの上で試合させる競技場なんてどこ探したってないですよね?

胴元も新馬券だのプレミアムレースだの売り上げ伸ばす為の小細工ばかりしてないで、関係者や既存ファンの声にもっと耳を傾けて貰いたいものです。
開発より先に改善すべき課題が山ほど残っているだろう!!


と、今回はちょっとキツイ内容でお送りしましたが、僕が良く見ているサイトやご一緒しているお仲間さんのブログでも、馬場高速化による危険性について問題提起をされている方は少なくありません。
なので、今更僕が重複するネタをわざわざ取り上げる必要はなかったかもしれませんが、友人との会話、そして先週から今週にかけての競馬観戦の中で改めて考えさせられるものがあったので、敢えてこの話題に触れさせて頂きました。

追記:もしやブレイク陣営はこうなる事を見越した上で予定をスライドさせたのか…!?
もしそうだとしたら、僕は戸田先生を心底見直します。
(ま、流石にこれは考えすぎでしょうね^^;)



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
高速化は嫌です
ティアさん、こんばんは☆
馬場の高速化はかなり気になりますね。
とくに2歳・3歳の若駒には負担が大きいと思いますし。
素質のある馬がそれが原因で将来活躍できなくなると悲しいですし。

最近はクラシックにしても東京のレースばかりが重要視されて3冠がダービー1冠になりつつありますね。
皐月賞のトライアル使って平気で皐月賞無視したり。
NHKマイル→ダービー組みも増えましたしね。
菊花賞・春の天皇賞なんてもう目も当てられないぐらいレベルが落ちてきてますし。
長距離好きの私には寂しい限りです(涙)

実際レコード決着なり、最後思いっきり差してくるようなレースは見ていてかっこいいですし評価されますよね。
逃げ馬好きの私(笑)にしてはどーも最近はしっかり教育されて差し馬が多くなって物足りないです。
逃げ馬がたとえ勝っても”まんまと逃げ切った”って評価ですしねぇ。
この前京都で2レース続けて、テンシノマズル・シルポートと逃げ馬天国で大喜びでした♪
自分のペースで逃げて勝てたならそう負担もないでしょうし、いいと思うんですけどね^^;

好きな血統でいえば、もちろんホワイトマズル、オペラハウス、サクラユタカオーあたり。
ヨーロッパの重い血統も大好きですね。

ただ出資するとなるとスピードがないと日本では通用しない世界。
未勝利戦の終了も早くなってきているから、3歳秋ごろには本格化しそうな長距離血統なーんてのは理想であっても敬遠気味で、
どうしてもスピード血統の馬を選んでしまいますよね。
馬主サイトがスピード血統を選ぶからよけい、スピード決着のレースも多くなるし、逆効果なんですよね。

なんとかいい解決策があるといいんですけどねぇ(溜息)
2010/05/17(月) 21:49:25 | URL | ぼんちゃん #-[ 編集]
ティアさん、こんばんわ。

実は僕もここ最近の高速馬場について思うこともあり、エントリ起こそうかな?とも考えていたのですが、他の人が書くだろうからいいかな、と日和って書きませんでした^^;

一般的に、「高速馬場は馬の脚に負担がかかるから悪い!」という意見が出ると、決まってですが、「今の馬場造園技術はかなり進んでいて、クッションが効くから昔に比べると、馬の脚元への負担はかなり軽減しているんだ」という反論が往々にして見受けれます。
ですけど、馬にとって走りやすかろうが、クッションが効いてようが、マイルで31秒台というタイムで走ることは、通常の速さで走る限界を越えてしまってるのですから、どこかで歪みが生じてしまうんじゃないかと思うんですよね。
そういう意味では競争馬にとっても、よりレベルが上がるにつれてリスクだけが高くなってしまいますし、作られた馬場による「高速レコード決着」にもやや白けてしまいますね。極端な時計の決着にならなくても名勝負は名勝負として存在しますから。

しかしティアさんのお友達はJRAにご意見を出されたのですか。
実は僕も若かりしころJRAにご意見メールをだしたことがあります^^;
たしか「一般の開催日とG1の開催日で、ダートに水を撒いたりして馬場状態を変えないでほしい」とか書いたな~^^;
まあ当然反響もなく、特に変わることもなかったのですが、
こういう意見をするということの積み重ねが大切なのかも知れませんね~
2010/05/17(月) 22:45:24 | URL | のる #-[ 編集]
ぼんちゃんさんへ
ぼんちゃんさん、こんばんわ。

馬場の高速化もここまでくると洒落になりません。
二歳、三歳の若駒にはもちろん、古馬にとってもダメージは決して小さいものではないでしょう。
去年の天皇賞やジャパンCの後も何頭かの馬が故障したり調子を崩したりしているので、これはもう単なる偶然では片付けられません。
レベルが高ければ高いほど負担が大きくなってしまう。確かにこれは必然なんですが、それにしたってもう少し抑えられないものだろうか?と感じずにはいられないんですよねぇ。

もっと長距離のレースを充実させれば良いのに、とは僕も思いますよ。
何も大レースに限った話ではなく、3000mの500万下条件戦とかがあっても良いんじゃないかと。
番組上それが困難だとしても、未勝利戦の時期や昇級システムを以前のものに戻すとかするだけでもいくらかはマシになるはずです。
実際、未勝利戦では豊富なスタミナを活かす機会がなくそのまま引退、といったケースは少なくないでしょうし、もしかしたらその中に後の名ステイヤーと呼ばれる馬がいたのかもしれません。
ただ、下級条件のほとんどが二千M以下の番組で組まれていますから、小さな牧場にしてみればどうしても早熟型のスピード血統に頼らざるを得なくなるのが現状なんでしょう。
全く…負のスパイラルとも言うべき悪循環なんですよね。

JRAは頭が悪いとしか言いようがないですよ。あそこの人達は本当に競馬を知っているんだろうか?競馬が好きなんだろうか?と疑ってしまいます。
せっかくパートⅠ国入りを果たしたというのに、自分達で生産者再度に逆方向のレールを敷かせているのですから話になりません。
今後もグローバル化を図るどころか、ますます鎖国化が進んでいきそうな気がします。

そういえば、こないだのシルポート強かったですね!
初めはまた後ろの連中はナニやってんだ!?と思わずエリザベス女王杯を思い出しましたが、ラップを見るとシルポートは58台半ばで1000メートルを通過しているんですよね。
あれではどうやっても追いつけません。
多分単騎でいけないと脆いタイプなのでしょうが、スムーズに逃げる事ができたらあの馬はかなり強そうです。
2010/05/19(水) 00:01:59 | URL | ティア #-[ 編集]
のるさんへ
のるさん、こんばんわ。
やはり皆さん考えている事は同じのようですね。
僕も色んな方がこの話題について触れているのを見て被るネタをわざわざ書くこともないか…なんて思ってたのですけど^^;

そうなんですよ、何を言ったところで大体その答えが返ってくるんですよね。
美浦の坂路の件にしてもそうです。
JRAは何かと屁理屈をつけて「問題ない」を主張しますが、実際現場やファンから多数の意見や苦情が寄せられているんですから、もう少し耳を傾けてやっても良いのに…と思う訳ですよ。
結局あそこの方々は動くのがめんどくさくて、何事も現状維持のままが一番。とでも思ってるんじゃないでしょうかね。
なんかもうボロクソ言ってますが笑、僕もJRAとマスコミには昔から言いたいことだらけでかなり溜まっているんですよ。
「結局なにも変わらない」という諦めの気持ちが大きかったんですが、今後は友人の行動力を少し見習ってみようかな、と思っています。
簡単ではなくともいちファンとして自分に出来ることはやっていきたいですね。大好きな競馬と競馬場を嫌いになるのは絶対イヤですから。
でも、こうして同じような考えをもっている方が沢山いる事を知って勇気が湧いてきましたよ。
同志の存在がとても心強いです^^

2010/05/19(水) 00:02:17 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。