管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデーサラブレッドクラブ…関西馬編
2010年06月14日 (月) | 編集 |
今夜はレポートの作成に時間を充てるつもりだったのですが、エプソムCと4Rで大儲けしたので友人にご馳走する羽目になってしまいました^^;
最終レースが終わったと同時にしゃぶしゃぶ食べ放題に直行。帰ってきたのはついさっきです。
楽しかったので別に良いのですが、これはまた寝不足確定ですねw


それでは早速、サンデーRの関西馬編です。

ヒストリックスターの09…ディープ産駒は動かして良いんですよね。
それでもパーツが悪かったり、貧弱だったりすると買う気が失せるんですが、この馬はそんな事もないです。
写真で見ると薄そうに感じた馬体もDVDの印象だと丁度良く見えます。
僕の好みは基本マイラー体系なんで、ディープとは縁がないと思ってましたが、今年は好みの問題もそうですが、全体的に馬の質が上がったように感じます。

ドナブリーニの09…ディープらしい産駒の中ではこれでしょうか。かなりハイレベルの馬だと思います。
牝馬なら軽さも大事ですから、ディープ産は牡馬より牝馬を狙うべきなのかもしれません。
しかし走るディープの傾向がまだわかりませんし、どうせ人気ですから実績が足りない以上断念せざるを得ません。
何年か後なら候補にできるんでしょうけどね。

キャッシュインクルーテッドの09…初見の印象ではまんまカドデュソレイユだと思いました。
血統・強度・ポテンシャル・適性。あらゆる面においてです。
しかし、動画を見ると、カドデュと比べてダート色がより強いと感じました。カドデュの方が筋肉の質が柔らかい。
この馬も無事なら能力は相当だと思いますが、ダート一本になる可能性も予め念頭に入れておいた方が良さそうですね。

ローズバドの09…これは丈夫そうですね。骨格の造りがとてもしっかりしています。
叩いて良くなるロベルト系で、連戦にも耐えられる骨格を持っていますから後は少しでも大きくなって欲しいですね。
お尻をはじめ全体的にもっと力強さが欲しいですが、これからトレーニングを重ねるうちにどんどん力感が増して来るでしょう。強くなる素養は感じます。
最大のネックはやはり値段か笑。

イントゥザグルーヴの09…これは良くも悪くもイントゥザグルーヴの子供といった印象。
脚がもてば活躍するでしょうし、もたなければ未完の大器のままで終わるでしょう。
まずはノーザンの育成に耐えられるか?まずそこからですね。
いずれにせよ人気必至でしょうから、デキの良し悪しに関係なく僕には無縁の血統馬なんですけどね。

ホワットケイティーティドの09…正直この繁殖はもう賞味期限切れだと思っていましたが、今回また良いのを出しましたね。高値が付くだけあってバランスが良いです。
どちらかというと晩成血統なので牡馬なのはプラスでしょう。
がに股はハーツには良くあることですし、それだけ強く遺伝しているという見方もできると思います。
高齢出産ですから体質面を心配する方も多いでしょうが、足元のつくりなんかは見た感じ丈夫そうですよ。
まっすぐですし、腱もくっきりしてますね。
少なくともスリープレスナイトよりはずっと安心して見ていられる造りです。
買うか買わないかで言えば、仮にお金があったとしても僕なら絶対に買いたくないタイプの馬なんですが、デキに関してはかなり良い線いってると思います。

マリーシャンタルの09…今年も素晴らしいですね。セバストスの印象が強いですがこちらもなかなか。
シャルルマーニュはダートで頑張ってますが、本馬は芝向きでしょう。
バランス良し、ケツ良し、脚元良し。と、僕の好みはだいたい全部満たしています。
気になった点を敢えて挙げるなら気性面でしょうか。担当の人が持っている手綱、すごく短いですよね?
まぁ、たいして気にするほどではないと思うんですけどね。

ライラプスの09…これはなんと言いますか、えらく重厚な印象ですね。
それが良いことなのか悪いことなのかはわかりません。でも、少なくとも芝で軽い走りをする…というイメージは湧きません。
血統を見ると、それにも納得がいくのですけどね。
目方も結構ありますが、一月生まれの牝馬ですからそんなに馬鹿デカくはならないと思います。

クイックリトルミスの09…最後に良いお尻してるのがきましたね。
お尻は勿論のこと、他にも長所いっぱいの好素材ですよ。
まだ腰高ですが、今後バランスは整ってくるでしょうし、足元もしっかりしています。しなやかな首もGOODです。
明らかな欠点というのも見つかりませんね。
距離は中距離前後が向くと思うのですが、つなぎの柔軟性、肉質、血統。これらを統合して考えると芝で走れるかは微妙なところですが、ダートならまず確実でしょう。
仮にダート専用機なら少し割高と感じるかもしれませんが、このデキと厩舎なら125万円にも納得です。


サンデーでは以上8頭を取り上げておきます。
どれも高いのばっかりなので買う気はないんですけどね笑。
でも、クイックリトルミスやマリーシャンタルなんかはついつい手を出してしまいたくなるような、そんな逸材ですね。

次は社台の関東馬に移りますが、社台は比較的お手ごろ帯の馬で良いのが揃ってますね。
中には、最初はまったく見向きもしなかったのに、写真とDVDを見て急遽ランクインを果たしたような馬もいます。
先日の安田記念にも出走したアノ馬の弟なんかすごく気になって……と、続きは明日にしましょう笑。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。