管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結論出しました!
2010年06月22日 (火) | 編集 |
先ほど今日現在の中間発表を確認。
そして悩みに悩みぬいた末、ついに結論が出ました。



今年は参加しません!!



今はJRAのイメージソングを聴いたり、セレクトセールの画像やYoutubeでカドデュソレイユのデビュー戦を眺めたりしながらマターリと休日ライフを満喫しています。

アドマイヤメガミ(父ジャングルポケット)、アズサユミ(父ウォーエンブレム)、ロゼダンジュ(父シンボリクリスエス)。
このあたりのデキが実に良さ気なんで、キャロットの社員さん頑張って競り落としてくれないですかねぇ?
まー、来たら来たでお高いでしょうし、人気も凄い事になりそうなんで、どっちにしても買えないんでしょうが^^;


去年のカタログと見比べていて気づいたのですが、募集馬のドナブリーニの09(父ディープインパクト)。
昨年全姉が募集されていたのですが、造り自体は似ているものの、なんだか09の方が全体的にグレードアップしているような気が…。
この話題には多くの方が触れていたので、何を今更…ってハナシなんですけどね。
実際人気を集めていますし、募集価格も200万円UPしているので、まぁそういう事なんだと思います。
これが決断したきっかけの一つにもなりました。
こういう事例を見ると、やはり良い馬、期待されている馬にはそれなりの値段が付けられるのだという事がわかります。
やはり、ケチケチしながら選んだり、初めから選択肢の幅を狭めて考えるのは良くない。
来年は良いと思ったらいくら高かろうが手を出していけるように、今のうちにその為の準備をしておこうと思いました。
今年度の予算は全部10年産の為にとっておきます。

実際社台・サンデーでは一年に一頭、二年に一頭くらいの割合で、40口だろうが何だろうがどうしても買いたい!って馬が出てきます。

09該当馬なし
08ディオルーチェ、ゲーリックストームなど多数
07該当馬なし
06シェーンヴァルト
05ライムキャンディ、ジャンバティスト
04クランエンブレム

近年だと大体こんな感じだったんですね。
良いと思う馬は他にもいっぱい居るものなんですが、その中から更に値段や厩舎といった問題も出てくるので、現実問題として意中の馬に無事出資できるかというと、また話は変わってきます。
なにより社台には実績制度がありますから、結局は当初の予定通り、2、3年に一頭ずつのスポット参戦という形を取って行かざるを得ない、という事態が容易に想像できますね。
かと言って実績を増やしたいが為に出資する、なんてのは僕のポリシーに反する行為なので絶対しません。

しかし、この二年間で学んだのは、例え低実績であろうと一口100万を超える馬になら出資するチャンスがある、ということです。
去年のディオルーチェや今年のクイックリトルミスは共に125万円ですが、第一で書けばほとんどの方が出資できます。
結局は関西の名門厩舎に行く馬や良血馬の下が人気を吸う形になって、関東や短距離、ダート血統の馬なんかは馬体や厩舎が良くても意外と残ってたりします。
クイックリトルミスは角居厩舎なのに票が伸びてきませんし、ディオルーチェに至っては僕に言わせれば125万円でも安い位だったのですからね。
マルバイユやクイーンソネット、ローズバドなんかも、第一で書けば多くの人にチャンスがあると思います。

逆に良血でなくとも堅実に稼いでくれそうな馬は人気する傾向にありますね。
僕なんかは所詮零細オーナーですから、賞金なんて二の次で考えてますが、全40口の世界で数を持っている人達にすれば、ロマンとか情熱とは別に稼いでくれる馬がいないと次買えない!という問題を抱える方も少なくないのでしょう。
400口ならそんな事を考えずとも済む話なのでしょうが、40口になるとリスクも10倍ですからね。
保険を掛けたくなる気持ちは良く理解できます。

とまぁ、そんな感じの傾向が判ってきたので、今年はなんとか我慢できます。
それに、まだキャロットが残ってますからね。
今年は目をつけている馬がみんな高そうですから、いざという時の為にも、今は折り合いをつけて直線までじっくり脚を溜めておこうという訳です笑。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
社台
今年は不参加ですか。簡単なようで、結構勇気のいる決断だと思いますが、きっと来年の募集の時に今回の決断がいい結果に繋がってくれるような気がしますよ。本当に欲しい馬が出てきたときに出資できないんじゃ、悔しすぎますもんね。ティアさんのような素晴らしい相馬眼を持っているなら、なおさらだと思います。
今年はキャロットに専念ということで、また出資をご一緒できることを願ってます。ファステストスターが活躍してくれると、私の選択の幅も広がります♪
2010/06/23(水) 23:04:13 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
じゃすさんへ
これだけ長々と引っ張っておきながら、結局不参戦ということになってしまいました。
完璧な馬なんてまず見つからないと思いますが、それでも昨年は限りなくそれに近い馬がいましたからね。それと比較すると、どうしても自信満々に…という所まではいきませんでした。
確かに、仰る通り勇気のいる決断ではありましたけどね^^;
僕にそれほどの相馬眼があるかはわかりませんが、そもそも敷居が高い社台で妥協する訳にはいきません。
出資するなら相応の覚悟と自信を持ってしたいと思っています。

今年のキャロットでは最低でも三頭にはいく予定ですから、またご一緒できる可能性もありそうですね!
なんせ去年は二頭とも同じになる可能性もあったわけですし(カットレットは中央なら絶対買ってました)。
ちなみにファステストスター、もし彼が今年の社台にいたら多分第一希望で書いてますよ^^
2010/06/24(木) 09:34:13 | URL | ティア #-[ 編集]
英断ですね
見送り決定とは思い切った判断をされましたね!
今年はオーナーズに出資したい馬が何頭もいましたから、来年へ向けて予算を残しておくのが正解なのかも知れません。
私は誘惑に屈して応募と相成りましたが(笑)
今年はキャロットクラブにかなり良い馬が募集される予感がしているんですよね^^;
私もキャロット重視でいくつもりだったので、社台への出資が吉と出るか凶と出るか・・。
今から金策に走ります(笑)
2010/06/24(木) 19:27:35 | URL | Yakuta #-[ 編集]
Yakutaさんへ
迷いに迷った末の決断でございます。何時間PCやカタログとにらめっこしたことやら^^;
僕もこの選択が吉と出るか凶とでるか。もしこれでクイックリトルミスがドバイに、アンブロワーズが桜花賞制覇。なーんて事にでもなったらもう笑うしかないですね。
一度は愛馬と海外へ、と常々思ってますから角居厩舎のクイッリトルミスは大チャンスだったのかもしれません。
しかし、それ以上に良く見える馬がオーナーズにいる以上、やはりクラブの方に大金を出す気にはなれななかったんですよね。
もしデルモニコキャットがこっちに来ていたら今年も100万円出してました(ある意味助かったかも笑)。

キャロットは去年買わなかった良血馬の下、初のディープ産駒、大注目のあの種牡馬の子…等など、個人的に大注目している馬が多く来そうですからね。
社台に行かなかったのは勿論そういった経緯もあってのことです。
後は少しでも人気を集めてくれそうな繁殖の子を集めてもらって、少しでも票が割れてくれるとありがたいんですけどねー^^;
2010/06/25(金) 09:33:00 | URL | ティア #-[ 編集]
ずいぶんご無沙汰しております。
今年で1口3年生になりますので、模擬試験的な意味合いで、社台&サンデーの募集に挑戦すべく、初めてカタログ取り寄せました。
新入生の頃より少しは進歩はあるとは思ってますが、まだティアさんの表現で理解できない言葉も多々ありますし、パッと見て判断できるほどのスキルもまだ持ち合わせていない現状なので、とりあえず、関西馬だけをチェックしてみました。
サンデーでは、
ジェダイト、イントゥザグルーブ、アドマイヤハッピー《募集順》
社台では、
インコグニート、クイーンソネット、ロフティーエイム《募集順》
を候補として選出しました。
特にロフティーエイム>インコグニートについては、検討だけではなく、真剣に出資も検討しましたが、結局ティアさん同様、出資断念(そもそも実績0ですし、出資したくてもできなかった可能性が大なんですが)しました。
理由は、やっぱり低価格帯の馬といっても、それなりの金額も維持費も必要であり、そのリスクを背負いながらも投資できる程、相馬に
自信が持てるレベルで無いことが理由です。
出資断念の判断に後悔はありませんが、私が選出した中に、何頭かティアさんの検討候補も被っており、若干は成長したのかなと思っています。
さて、話は変わりますが、ティアさんのお手元にも、ユニオンの募集馬の資料が届いていると思いますので、またユニオン募集馬診断をおねがいします。
08年産一押しのゲバラ(ヘイローマジック08)はデビューに向かう直前で疲労骨折で休養中とのことで残念です。
2010/06/28(月) 13:26:21 | URL | びりおん #-[ 編集]
びりおんさんへ
びりおんさん、お久しぶりです。
その間に、ついに本家の方も検討されていたのですね^^

クイーンソネットはワイドサファイヤを出してからというもの、どうにも吹っかけてきた感がありますが、高いだけあって今年も出来は素晴らしいです。
ロフティーエイムは本来オーナーズに行く予定だったのに急遽クラブに回ってきましたね。
それってどうなんだろう…?と当初懐疑的になっていましたが、いざ見てみると出来の良さにビックリしました。
この馬が走らなければ、僕は今後一切ファルブの牡馬には手を出さない位のつもりです。
40口のリスクは大きいですからね。僕にとってもやはり本家は敷居が高いです。
だからこそ、行く時は絶対の自信を持って臨みたいと思っています。

あとこれは僕の経験則ですが、新規の方なら尚のこと慎重に、かつ大胆に攻めるべきでしょうね。
最初は失うものは何一つとしてありませんし、一度買ってしまうと実績が付いてしまうので悠長に構えていられなくなるかもしれません。それでいて新参者や零細オーナーには風当たりも強いですから…。
でも、関東の高馬、ダートや短距離血統の馬は出来が良くても結構取れそうな感じがしますので、そういった中に目に付いた馬がいれば、思い切って行かれると良いと思いますよ!

ユニオンの件、了解しました!
ただ、先月引っ越しをした関係か、資料がまだ手元に届いていないのです。
募集時期も近いようなので、なるべく早められるよう努力致しますが、その点予めご了承下さい。
ちなみに、もう満口になってしまいましたが、ヴァリューの子供は凄く良いですね。
やはり皆さん見るところは見ておられるのですね^^;
2010/06/30(水) 10:41:16 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。