管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念感想記
2010年06月28日 (月) | 編集 |
宝塚記念はステイゴールド産駒のナカヤマフェスタが優勝。
道悪の、しかも夏場のステイゴールドという事で、ドリジャと一緒に馬券を買っていた人も結構多かったんじゃないでしょうか。
今日の新聞には『大金星』なんて見出しで書かれているものが良く目に付きましたが、僕は今回の結果には全く驚いていません。
むしろ驚いたのは人の方。ヨシトミ先生がGIで来てしまった事の方が驚きです。

ナカヤマフェスタ自体は関西圏への輸送さえ問題なければ例え良馬場でも好勝負になると思っていましたし、元はと言えば世代トップクラスの実力馬なのですから。
ただ彼の場合、いつも何らかの事情がありGⅠの舞台では常に惨敗続きでしたからね。それに京成杯で二着に敗れた事も、地味な印象をより強めているのでしょう。
もしこの馬が三戦三勝のまま皐月賞に臨んでいたら、もっと騒がれていたでしょうし、ファンからも『四強』と呼ばれていたのではないでしょうか。

まぁ、僕もどちらかと言うとトウキョウフェスタだと思っていましたけどね笑。
中山でのパフォーマンスはやはり少し落ちるように感じるので、広いコースがベスト。
広々としたコースならば、右左は関係ないのでしょう。
これなら凱旋門賞でも楽しみです。
ぜひヴィクト君と一緒に世界の頂点を狙ってもらいたいですね(どうせならフラッシュも行けば良いのに…)。
ちなみに、実はブレイクが天皇賞に出ると仮定して、そのとき一番怖い相手はアーネストリーとナカヤマフェスタだと思っていたんですよ。思いのほか早く名が売れてしまったのは予想外でしたけどね。

それにしても、フェスタ、トゥーレ、フィフス、マーチ、スパーダ、セイウン、サンカルロ…。
ブレイクのライバル達が大活躍してますねー^^;
嬉しさ半分、悔しさ半分と言った所でしょうか…。

でも、他の馬が勝つよりはワンダーかフェスタに勝って欲しいと思ってましたし、実際この結果で希望が湧いてきました。
ここまで来たら少しづつでも良いんで、陣営には完璧な肉体造りにこだわって欲しいと思います。


追記:この日はエスクルシーヴァの応援がメインだったのですが、レース後、合流予定だった友人から『帰ります…』とメールが一言。その後ずっと一人でスポーツ観戦でした。
まぁ、気持ちはわかりますけどね^^;
エスクルは逆にあそこまで酷い負け方だと能力以前の問題でしょうね。まだ競馬をする状態になかったのでしょう。
あれが実力なはずはないと思いますし、しばらくは様子見で、これからの変わり身に期待、といった所ですね。

個人的に今週一番驚いたのは、ディープ産駒が何気に走っていることです。
もっと苦戦すると思っていたんですけどね。おかげで馬券は全部やられました。
この調子が続くようだと、今年は結構人気するかも…。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ナカヤマついにやりましたねぇ

ブレイク持ちとしてはやはり東京スポーツ二歳S以来要注目されてた方が多いと思います

特に僕はあのダービーで唯一後方大外から伸びた姿見て1番強い競馬した馬やと見てましたから

宝塚のオッズ見てあまりに人気なさすぎやと思いましたよ……

ただ軸にはできず軸馬三着で馬連涙しましたが……

あのダービーの影響か現四歳馬それ以降パッとしませんでしたが時間あいてから再びチラホラ目立ってはきたような気もします

ブレイクも休みが予想より長くなりそうですが再びナカヤマなどにも負けないような走りを見せてほしいです

三歳馬もレベル高そうですし簡単にはいかないでしょうが四歳牡馬の一角しめれる馬だと思ってますので秋以降に何とか活躍する姿を見たいもんですよ
2010/06/30(水) 20:19:35 | URL | はまる #-[ 編集]
はまるさんへ
はまるさん、こんばんわ。
ナカヤマフェスタ、強かったですね。
レース後、オーナーの娘さんのエピソードを聞いて思わずジーンと来てしまいましたよ。
実際あの東スポ杯はかなり凹みました。口取り権も持っていたので尚更でしたね。
しかし、今になって思えば勝った馬も強かったということですね。
まったく、あんな馬さえ居なければ…と何度思ったことか^^;

オッズは騎手が嫌われたのと、ブエナやロジをはじめとする文字通りの『人気馬』が多く揃った事もあったのでしょう。フェスタの人気がなかったというより、他が少々過剰人気しているように思いましたね。
でも、実際にそこで勝ちきってしまったのですから、やはりフェスタ自身も休養を挟んで一段とパワーアップしたのでしょう。
ブレイクも勝ち続けていけばいずれまた戦うことになる相手ですから、ライバルに負けないよう成長していて欲しいですね。
今年の天皇賞とマイルカップはメンバー的にかなりチャンスだと思うので、なんとか間に合って欲しいです。
2010/07/01(木) 20:14:05 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。