管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル調査
2010年06月30日 (水) | 編集 |
今週のラジオたんぱ賞はフルゲート16頭。登録は23頭。
そのうち賞金上位馬が五頭で、残りの11枠を15頭の二勝馬で争うという形になるものと思われますが、ダートに回るであろうメイショウツチヤマとブレイクチャンスは回避するものと考えて、一頭ずつライバル達をチェックしていきたいと思います。
ま、アースガルドが除外されたらこの時間も全て無駄になるんですけどね笑。

まずは賞金上位組から。
(今回は長くなるので興味の無い方はスルー推奨)

トゥザグローリー…キャロットクラブ所属のお仲間さん。同じレースに出走となれば勿論ライバルですが、今回は彼も決して楽な条件ではありません。
実績的にはガルボと並び、メンバー最上位のものがありますが、デビューから一貫して『ダービーを目標』としたローテを組んできた馬なだけに、いきなり福島の1800に対応できるかと言われるとやはり不安が残りますね。
構造的に道悪も平気でしょうが、ハンデ戦なので物理的に厳しくなるのは間違いありません。
ダービー後さらに良くなっている、というコメントは、僕は話半分に聞いています。確かに今年のダービーの内容なら…、という気はするものの、最近の池江パパはどうも躍起になりすぎている感がありますからね。
二歳馬の入厩問題にしてもそうですが、『立つ鳥後を濁す』なんて事にならなきゃ良いのですが…。

ガルボ…実績は認めますが、今回は厳しいと見ています。
基本、東京・京都向きの馬体をしている事とハンデ。それに距離も一ハロン長いでしょうね。
他に適当な番組がないから使わざるを得ない、というのが本音ではないでしょうか?

フローライゼ…デビュー戦ではやられましたね。今回は同斤量なので負けたくないですね。
というか、この馬右回りだとモタれるんですよ。しかも休み明けですし、とても万全とは言えないでしょう。
ですが、これまでのレース振りから判断するに今回は逃げを打ってくる可能性もありますから、そういう意味ではこの馬とニーマルオトメにはぜひ出てきて貰いたいと思っています。

モズ…重賞二着馬が54キロとは恵まれましたね。一叩きして良くなってくるでしょうし、札幌で好走しているので、小回りも合うのかもしれません。確か青本に馬体が載っていたので道悪適性も含めて後でチェックしてみましょう(今は外泊中)。バシレウス、ヤングアットハート、ダイワアセット。この辺りと大差ない競馬をしているので、アースガルドともほぼ同程度の実力を持っている事が推測できます。それだけに同斤というのはやっかいですね。

レッドスパークル…京成杯三着、すみれSの勝ち馬が55キロどまりですか。この馬も一キロ得しましたね。
ただ、コース適性、道悪適性には欠けると見ているので、条件次第では掲示板さえも危ういかもしれませんね。
陣営は途中から一気にまくる戦法を考えているみたいですが、それ自体どうなんですかね。


続いて二勝馬グループ。
(まったくデータのないナイスミーチューとオリエンタルジェイはパスで)

アロマカフェ…晴れ雨兼用で重賞でも好走歴のある関東馬。馬券の相手には入れなきゃいけないタイプだと思いますが、ここまで馬体が減り続けているのは気になります。ベストの状態なら勝つのはこの馬だと見てましたが、どうやら付け入る隙はありそうです。

クォークスター…これは中山が合いそうな馬体をしていますし、今回も良いでしょう。小回りコースでも瞬間的に伸びる事ができるタイプと見ました。
ただ、プリンシパルのレベルは勝ち馬以外、微妙だったと思っています。この馬は良い枠を引いてましたし、オープン二着の実績を鵜呑みにはできないですね。

コスモヘレノス…爪の形から道悪になったら要注意。晴れなら切れ負けするでしょうね。

シャイニンアーサー…距離は微妙も、道悪は上手です。エーデルワイスSとこのレースの相性は良いですから、雨が降ったら怖い一頭になりそうです。

ジャングルハヤテ…52キロは軽すぎでしょう。西田騎手も手の内に入れているみたいですし、この馬も重馬場になったら浮上してきそうです。

セイリオス…芝もこなせるダート馬。そしておそらく道悪の鬼。公式HPによるとダート戦ではなく、一応こちらが本線とのことですから、雨が降るかもしれないことを見越した上での参戦だと思われます。

ドリームカトラス…これは逆に良馬場なら怖い一頭。いくら高速馬場でもあのタイムは力がなきゃ出せません。
コースも合いそうですし、斤量がさらに軽くなるのもプラスでしょう。

ニーマルオトメ…出てきてください、お願いします笑。
ガルドの好走条件は現状引っ張ってくれる馬が居る事と、内目の枠を引き当てること(前に壁を作れるか)。
オトメさんが出てきてくれるだけで全体のペースが締まり、マイルがベストの馬達は自動的に篩にかけられる事になる筈なので、この馬がいるのと居ないのとではホントに大違い。
この馬自身馬場が渋っても問題ないですし、適距離に戻った今回は巻き返してくるでしょう。
しかし、いくら牝馬限定戦とはいえオープン二着馬が51キロってのはふざけてます。ハンデキャッパーは一体何を見ているのですかね?

リリエンタール…最近の馬ではブラボーデイジー並みに道悪巧者っぽい脚をしています。不良馬場になったらこの馬に勝てる気がしないのですが…。
昨日僕が良馬場を希望していると書いたのは、今年はこういう馬が多く登録しているからなんですよ。

レト…アロマンの全弟ですか。ザカリヤ産駒とは応援したくなっちゃいます。が、今回はご遠慮ください笑。
馬体的に小回りの千四~マイルがベストでしょうね。実際はマイルでもギリギリかもしれませんが。実力の面はともかくとして、このメンバーで55キロを背負うとなると、例え良馬場でも最後まで保つかわかりませんね。


ふう、これで全部ですね(^◇^;)
こうして見ると皆一長一短で付け入る隙は十分にありそうなのですが、ガルドも54キロは見込まれましたし、折り合い面に不安が残っています。
枠順や天気など、条件が一つ変わるだけで着順も大きく変わりそうなメンバーですから、当日まであまり深く考えずにいた方が良いかもしれませんね。

とにかく今は抽選を無事に突破すること、少しでも良い状態で臨めることを願っています。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ニーマルオトメorz
2010/07/01(木) 17:58:27 | URL | ちゃらこ #-[ 編集]
ちゃらこさんへ
よりによってこの馬が除外されるとは…( ̄◇ ̄;)
ああ、なんてこったい笑。
ま、51キロとか有り得ない軽ハンデでしたから、強敵が一頭減ったと見方を変えるとしましょうか。
僕もああ書きましたが、他にモズやフローライゼといった辺りも逃げを打ちたそうな気配を感じるので、さほど問題ではないかもしれません。
(モズ:中舘 フローライゼ:新馬戦で逃げ切った時のタクマさんを手配)
ニーマルオトメが居なくなったことで、『だったらオレが逃げるッ!』なんて今頃思っているかもしれないですね。

ガルド自身が除外されるという最悪の事態は免れたのでとりあえずは良しです。
あとは少しでも良い枠に入ってくれれば、といった感じですかね^^
2010/07/01(木) 20:33:37 | URL | ティア #-[ 編集]
あらら
ニーマルオトメ残念でしたね(^^;
他にも逃げ馬がいるようなので、そっちに期待しましょう。
何だかんだで乗り慣れた蛯名騎手も確保できたし、向かない展開に
なったとしても、鞍上がある程度なんとかしてくれるかもしれません。
何より休み明け2戦目で、アースガルド自身の上積みも大きいでしょう!
重賞挑戦羨ましいです。いい結果を出してくれますように!
2010/07/02(金) 00:18:28 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
じゃすさんへ
じゃすさん、こんばんわ。
折り合いに不安がある馬なので、淀みないペースで引っ張ってくれる馬が居るとありがたいんですけどねぇ。
よりによってニーマルオトメさんが除外食らっちゃいました(^□^;)
でも、フローライゼなんかはモマれるとダメみたいですし、この枠なら思い切って行ってくれると思います。
アースガルド自身の上積みは間違いなく大きいと思いますので、状態の良さで見込まれたハンデをなんとか跳ね除けてもらいたいですね。

最初は蛯名騎手が乗れない時点で勝ちを諦めていただけに、馬にも流れが来ているのだな、と感じています。
仰る通り、こうして重賞に挑戦できるのは出資者としては喜ばしい限り。贅沢させてもらってますね。
ブレイクの時と違って人気にもならないでしょうし、今回は気楽に見ていられます。
相手も強敵ばかりですが、一つでも上の着順を目指してベストを尽くして欲しいものです。

当日はじゃすさんも応援の程、宜しくお願い致しますね~^^
2010/07/03(土) 02:00:20 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。