管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロット価格発表!
2010年08月18日 (水) | 編集 |
価格表が届いたので早速自分の予想と照らし合わせてみました。
とにかく高い、というのが感想ですが、似たような状況だった06産が大活躍しているので、それだけ出来に自信があるのだろう、と前向きに考えています。

☆予想より高かった馬☆

キューの09…総額5000万→6000万(一度大物を出した繁殖の子に15万は出したくないですね。まぁ、それだけ出来が良いのかもしれませんが)
クリソプレーズの09…総額4000万→5000万(厩舎が良ければアリでしょう)
シンハリーズの09…総額5000万→6000万(ふざけんなー!と言いたくなったものの、出来と厩舎が抜群に良ければぎりぎり納得の範囲)
データの09…総額4000万→6000万(シンハリと同文。でもそんなに出来が良いならあのリーチさんが易々と手放しますかね?)
ソニックグルーヴの09…総額2800万→3200万(この血統なら本来これぐらいが妥当ですよね。これでも高すぎるということはないと思います。それなりにまともな造りはしているんでしょう)
ファストフレンドの09…総額2400万→2800万(アリュールの分安くなると見てましたが、関係なかったですね。出来も良いのかもしれません)
ビスクドールの09…総額2600万→2800万(惜しい予想でした)
ユーワジョイナーの09…総額1800万→2000万(これも惜しかった。高齢でも回って来たということは、造りが良いのかもしれませんね)
ベビーグランドの09…総額1400万→1600万(これは面白そうですね。06より高く設定してきました。シャトルで一口4万というのは結構自信があるのではないでしょうか?)
クリームオンリーの09…総額3200万→3600万(セレクトの落札価格を見ると少し高いですね。母系はブレイクの方が良いのに値段は同じとは…。ま、ブレイクとまでは言いませんが、それなりに良い馬体になっててもらわないと困る値段であることは確かです。)


ディープの牡馬は少し高いかな?位に予想したのですが、それ以上でしたね^^;
これで出来が悪ければ文句の一つも言いたくなるところですが、牝馬は意外と良心的ですよね。
となると、やっぱり牡馬の出来が良いんでしょうか…。
キューは気乗りしないんだよなぁ…。
古くからの常連さんは僕がいかにブレイクランアウトを高く評価していたかご存知でしょう。
あのブレイクでさえ、一口9万円だったんですよ。
なのにちょっと活躍したからって15万はないですわ…。それでも人気するんでしょうけどね。
無駄に高い金額提示されて、しかも結果落ちましたじゃ洒落になりませんです。
というか、もうこの血統はブレイクだけで良い。ブレイクで夢を追いかけたいんです。
あと、人気必至でしょうがソニックグルーヴもまともな出来なら侮れませんね。
この価格なら逆にある程度安心でしょう。
※ベビーグランド06は一口4万5千円でしたね。3万5千円と勘違いしてました。

☆予想より安かった馬☆

ヴィアンローズの09…総額2400万→2000万(まあ妥当でしょうか)
ケイティーズギフトの09…総額2800万→1800万(怪しいですね。初子だし凄く小さいとか?)
ゴレラの09…総額4000万→3000万(シンハリと似たような経緯なのにこっちは値下げとはこれ如何に?)
トゥザヴィクトリーの09…総額6000万→3000万(怪しすぎますね…)
カートゥーンの09…総額1600万→1400万(これもまあ妥当か)
ゲルニカの09…総額1800万→1400万(もしかしてオスマンが勝ったときには既に価格は決定済みだった?もしそうなら妥当でしょうね)
ドルチェリモーネの09…総額3600万→3200万(こんなものでしょう)
フォルクローレの09…総額2000万→1600万(思ったより安かったものの、怪しいというほどではないか)
クルソラの09…総額3800万→3600万(あまり上乗せされてないですね。じゃあデータはそんなに凄いのか??)
オーベルゲイドの09…総額2400万→1600万(目立った活躍場がいないからですかね。去年はセレクトだったから仕方なくあの値段だったということでしょうか)
トキオタヒーチの09…総額3600万→3000万(冷静に考えればこの位が妥当かもしれませんね)
シュガークラフトの09…総額1600万→1000万(ハーツの種付け料や血統を考えれば安すぎますね。狙ってましたがなんか裏がありそうな予感)
アドマイヤサンデーの09…総額5000万→4000万(アヴェンチュラの方が上と見て宜しいか?)
グッドゲームの09…総額2800万→2600万(出来云々ではなく、ディープとウォーエンの種付け料の差ですかね)
スターミーの09…総額3400万→3200万(これでも高いですよ。アマランサスが出てなければ一口5~6万の馬だと思います)
フォーシンズの09…総額2400万→2000万(ハービンジャー抜きで考えれば妥当か…)


シュガークラフトなんてすごく注目してましたが、総額1000万と言われるとね…。流石に疑わしいですよ。
ゴレラにしてもそうです。上記のシンハリーズとゴレラってゴレラの方が実績も母系も優秀ですよね?
それにこの二頭、一度G1で戦っているんです。その時もゴレラが先着。なのに、シンハリーズはアホみたいに値上げしてきたのにゴレラの方は200万ダウン…全く、理解しかねます。
シンハリーズがよほどの出来にあるのか。あるいは、ゴレラの出来がイマイチよろしくないのか…。そうでもない限り説明がつきませんよね。
価格を決めてるのは牧場(二頭ともノーザンF)との事ですし、カタログやツアーでその辺のチェックが必要ですね。
三年近く一口やってると「思ったより安くてラッキー」なんて風に考える事なんてとてもとても…。


☆予想がドンピシャだった馬達☆

シーズアンの09…総額3200万
ディアデラノビアの09…総額6000万
アドマイヤセラヴィの09…総額4000万
ペニーホイッスルの09…総額4000万
ファインセラの09…総額6000万
カメリアローズの09…総額2800万
ピノシェットの09…総額3000万
ローザネイの09…総額3200万


当初の予定ではクリームオンリー、ファンセラ、キュー、ゴレラ、シュガークラフト。
この5頭を候補として考えていました。
でもこうして価格表を眺めていると、色々心変わりしてしまうものでして…。

今日の段階では、クリームオンリー、ファインセラに加えて、ゲルニカ、フォルクローレ、ベビーグランド、クリソプレーズとシンハリーズのどちらか。
この辺が新たな候補として浮上してきましたよ。
果たしてあと何回候補が変わるんでしょうね(^∀^;)

とりあえず字面から想像するに、今年は牡馬に期待したいところですね。
今年も収支は度外視して、勝つ事を最優先としたメンバーを揃えるつもりです。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、はじめまして。
尼尾と申します。
少し前からちょくちょく読ませてもらってました。面白い記事の数々、楽しませてもらっています。

僕はキャロット08産から一口を始めた駆け出し者で、出資馬はアルファホールです。今年は2年目で、抽選にもちゃんと参加できるので、少し奮発して3頭前後出資しようかと考えています。

ティアさんの印象は、今年は06年産のときと同様の高額設定だということ。実は、この06産のキャロット募集馬見学ツアーの日程を含む10日間程、ノーザンFに学生として臨床実習に参加させていただいていたのですが(今は何も関係ないことやってます。一応)、06産のキャロットは当たり年だな、とお世話になった方々が仰ってました(情報のレベルとしては完全にインサイダー情報です。ポーラーシークエンスがベタ褒めだったことが印象に残ってます。ブレイクはすみませんが忘れました。もちろん、脚に問題がある馬など悪い話もあったのですが、具体名等は今になってもオフレコで)。つまり、本格的な育成が始まる前から手応えを感じており、その上での値段設定だったということだと思います。

価格に関しては、僕はその前後をあまり知らないのでわからないのですが、その時と同様の印象を受けていらっしゃるのであれば、09産もやはり期待してもいいのでは、と思います。そういった意味では、僕も血統の字面よりも高い印象のある馬に面白みを感じますし、逆に安すぎる馬に関してはリスクを感じてしまいます。

厩舎に関しても、「音無先生に比べると、やはり●●はダメ。あそこにはまだ音無厩舎程いい馬は任せられない」などという話も実習中に耳にしたので、牧場がクラブ馬の厩舎を決めている以上、やはり重要視しなければならないと思います。

ダーレー対策等でセレクトに出し控えし、その分サンデーやキャロに馬が回ってきているという噂も聞きますし、今年はかなり期待しています。クラブの強気設定に負けず、こちらも強気で行くつもりです。
2010/08/19(木) 04:03:38 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
募集馬リスト
ケイティーズギフトが気持ち悪いくらい安いですね…。私も怪しいと思わざるを得ませんでした。2200万とかだと迷ってしまうので、いっそこれくらいハッキリ下げてくれたほうが、切りやすくはあるんですが(笑)
全体的には10万以上の高額馬が多いような気がしますね。最近のキャロ馬は値段通りに走っている気もするので、あまり安い価格帯の馬は狙わず、5~8万くらいの価格帯を狙おうかと思ってます。そうすると頭数も絞られるので、今年も1、2頭になりそう。カタログが届くと同時に厩舎もわかるので、検討もいよいよ大詰めといった感じですね。月末が待ち遠しいです!
2010/08/19(木) 23:43:46 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
尼尾さんへ
尼尾さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

アルファホールをお持ちとはお目が高いですね。
とても丈夫そうで骨格もしっかりしているし、背中のラインが素晴らしいです。
最近になって見栄えが良くなってきた印象を受けるのですが、もともと牧場でも評価の高かった馬ですからね。
字面より高く感じる馬が走ると言う理屈が通るなら、ポトリザリスよりこちらかもしれません。

自分はブレイクランアウトら06産からスタートして計三世代に出資していますが、キャロット馬の診断は実はもう少し前から始めていました(入会資格を満たしていなかっただけでやる気だけはあったのです^^;)。
血統の関係もあったのでしょうが、それ以前もやはりそれ程高額と感じる事はなかったですね。
なので、06産の値付けを見た時には『競馬をナメとんのか!』なんて風に思ったりもしたのですが、今になって見ると、結局牧場側の眼が正しかったんだな、と頭を下げたくなる思いです。
もし今年の09産も値段を見て敬遠してくれる人が増えるのなら、収支は度外視、ただ勝ちたいだけの僕にとっては好都合です。
ダーレー対策の話は僕も小耳にはさんでいます。
その事も含めて、今年は予算の範囲内であれば躊躇せずどんどん攻めて行くべきだと思いますね。

しかしそれにしてもノーザンFで臨床実習とは、なんと羨ましい経験をされたのでしょうか。
ポーラシークエンスはちょっと伸び悩んでますが、僕も牝馬の一番手だと見ていたのですよ(牝馬は色々と難しいですね。痛感しました)。
それに厩舎に関するお話も興味深いですね。
僕は一口を始めた当初は『同じプロなのだからそんなに大差はないだろう』と思い込んでいましたよ^^;
その考えがどれ程浅はかだった事か…。
どんなに高級な食材を扱うレストランでも料理人がド下手糞だったら話になりません。牧場の方がその辺をしっかり考慮しているとわかったので、今年は馬体と同じくらい厩舎も重視する方針でいます。

今年はカタログも8月中に届くみたいですから、待ち遠しいですね。
忙しくもなりますが、お互い良い馬を引けるよう頑張りましょう!

またの書き込みもお待ちしておりますね^▽^ノ
2010/08/20(金) 23:03:43 | URL | ティア #-[ 編集]
じゃすさんへ
じゃすさん、こんばんわ。
ケイティーズギフトは僕も期待していたんですけどね~。
初子でディープ産駒ですから、かなり小さいのではないかと…。
それにしても、安いと『気持ち悪い』ですからね笑。僕らもだいぶこの世界の色に染まってきましたよね^▽^;

確かに仰る通り、最近は高額馬の活躍が目立ちますね。ウチのブレイクも一口9万。決して安いとは言えない価格帯でした。ただマーチやフィフスも良血とは言え、血統の字面より高く値付けされた印象の馬達でした。
そういった馬にはやはりチェックが必要、という事なんでしょうか。
八万円までという事であれば、牝馬ならほとんどの馬が候補に挙がってくるでしょうし、作業も大変そうですね^^;
それでもその時間がたまらないと感じるのが一口病。
今年も一緒に目一杯悩みましょう!
2010/08/20(金) 23:58:36 | URL | ティア #-[ 編集]
ティアさん、レスありがとうございます。

ノーザンは育成技術もトップレベルですし、札幌競馬場などに対する外厩の役割を担ったりもしますから、調教師の仕上げの上手下手は重々承知でしょうね。また、牧場に馬が休養に帰ってきたときの馬の傷み具合などでも、体調や脚元などをどれだけ気遣っているかが分かるようです(馬の個体差もありますが、サンプル数がある程度そろえば傾向が見えてくるのでしょう)。

ただもちろん、各厩舎には馬房数の制限がありますし、期待馬を全てトップ厩舎に預けるわけにもいかないでしょうから、例えば若手のホープにG3級程度の期待馬を預けて試してみたりとかはあると思います(この辺はコネとかも重要ですね)。そして、その他の条件級の馬の成績も含め、牧場の期待に応える働きを示せばさらにステップアップできるということでしょう。あと、兄姉をずっと預かっていたため、運よく期待馬にありつけることもあるかもしれません(その辺は人間関係もありますし、兄弟で癖が似てたりするので、同厩舎に入れるメリットもあります)。

逆に、500万、1000万条件級だと判断した馬なら、トップ厩舎に預けてもなかなか厩舎に入れてもらえないので、リーディング中位以下のベテラン厩舎などに回してしまった方が回転効率はよくなると考えるのが自然でしょうね。G1を勝つことも重要ですが、それ以外の積み重ねも牧場にとっては重要ですから。

いずれにせよ、厩舎は一種の判断材料になり得ると思います。特に兄姉がバラバラの厩舎に預けられているときは気にした方がいいと思います。一つ確かなのは、開業後十分な年数が経過したにもかかわらず、下位でくすぶっているような厩舎に預けられる馬は、牧場の期待も低く、調教師の技術も低いので、よほど馬が化けない限り、重賞を勝つことはおよそ考えられないということですね。

長々と失礼しました。
2010/08/21(土) 02:05:16 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
現時点の候補の中では、クリームオンリーが同じですね!
特にブレイクランアウトに出資されている会員の方にとっては注目の馬だと思います。
シュガークラフトの最安値は驚きです。
売る側としては今が旬と言っても良いハーツ産駒ですから、この価格は警戒してしまいます^^;
牝馬は総じて割安感を感じる馬が多いですね。
活躍を期待するなら牡馬なのかなと漠然と思っています。
早ければ今週末にも到着のカタログ・DVDが楽しみです!
2010/08/22(日) 05:27:01 | URL | Yakuta #-[ 編集]
尼尾さんへ
尼尾さん、こんばんわ。
なるほど、放牧時の傷み具合ですか。言われてみれば確かに納得のいくお話です。
タメになりました^^

仕上げ下手と言いますと、休養がちで馬体重の増減が激しい某有名馬がそれで苦戦を強いられていますね。
はじめは馬自身の問題と思っていましたが、その馬のトレーナーが管理するお気に入りのキャロット馬や他の馬にもほぼ同じような傾向が見られたんですね。なので、これは馬だけの問題ではないな…と。
他にも、帰厩後10日で出走が基本ローテとなっている厩舎や、物事を線で考える事が出来ない人、我々素人よりも馬の適性を見極めるのが下手なんじゃないかって思うほどのトレーナーも少なからず居るみたいですからね。
結構シビアな事を言わせて頂きましたが、その辺の事が最近身に染みてわかってしまいましたからね^^;
彼らはプロフェッショナルなのですから、当然それ相応の手腕を期待したい所です。

ちなみに、個人的に好きな調教師は藤沢さん、矢作さん、加藤さん、堀さん、勢司さん、小島茂さん、橋口さん。この辺の方々でしょうか。
藤沢先生や橋口先生はそれだけで人気になってしまいそうなので、なかなか出資する機会がなさそうですけどね。

良いお話を聞かせてもらったついでですが、僕が現時点で第一候補として目を付けている馬も、上とは違う厩舎に入る予定です。
上は僕の出資馬がお世話になっている厩舎なのですが、値段から察するにその馬は西の名門厩舎に入る事になるのでしょう。
僕にとって肝心なのはやはり馬体なのですが、ここまでの情報からして確実に出来が良いのだろうと見てます。
一日も早く資料に目を通したいですね。
2010/08/22(日) 23:47:59 | URL | ティア  #-[ 編集]
Yakutaさんへ
Yakutaさん、こんばんわ。
セレクト組の中でもクリームオンリーとデータだけはかなり上乗せされていますからね。
こういう馬は出来も良いのではないか?と期待してしまいます。
馬体派のブレイクファンはキューよりもむしろこっちを狙っているかもしれません。
これで厩舎が戸田先生のトコならカンペキですね(その可能性も結構あると思ってます)。

シュガークラフトだけに限った話ではありませんが、さすがに安すぎて怪しいですよね^^;
一口も四世代目となると、少し割高に感じてしまう位の方が安心してしまうものです。ちょっと困りものですが笑

ちなみに僕も牡馬を中心としたメンバーとなりそうです。牝馬で気になるのは二次以降でしょうか。。。
今年は結構高い所にいくかもです^^
2010/08/23(月) 00:06:12 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。