管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

候補X アドマイヤセラヴィ09
2010年09月15日 (水) | 編集 |
ここまで引っ張ってきましたが、ついにあの候補Xがベールを脱ぎます!
なーんて言っても、ほとんどの方にはバラしたも同然だったわけですが笑。
僕も本当は早く言いたくて言いたくて仕方がありませんでした^^;
これでようやくスッキリしますね。

では見てきましょう!

アドマイヤセラヴィの09

10-1054b.jpg


いやーもうね、すんばらしい。ぶっちゃけ最初はこの子しか見えなかったw
ケツ良し、骨良し、脚元良し。
馬体の造りなんてヴァーミリアンに似てますね。あの馬も当然良い身体をしていましたが、本馬も名馬に劣らぬ好馬体の持ち主ですね。
普段から馬体の研究をしているような方なら10人中10人が良いって答えるはずです。
上のアマファソンも募集時のカタログを見れたんですが、飛節が凄くしっかりしてるんですよね。全体的に良いトモをしている産駒が多い。
これはもう母セラヴィのポテンシャルが高いという事なんでしょうね。

初めのうちこそ、既にカザブエ出してるのに今更10万も出して買えるか!なんて風に思ってた訳ですが、今は買わせてもらえるなら15万でも出しますから、どうか買わせて下さい。ってな感じです。
おそらくはこの価格、母父サンデーのクリ産駒が活躍していないことと、脚が若干外向している事。この二点を考慮してのものなんでしょうけど、それを補って余りある長所を随所に感じます。

少なくとも僕は、この二点を気にしてません。
全く気にならないと言えば嘘になりますが、この馬はリスクよりも長所に賭けたい。
そもそも外向してる、なんていうのはロベルト系全般によく見られがちな傾向なんですよ。
逆にクリ産駒らしい特徴が多く見られましたから、診断するにもそれほど苦労はしませんでした。

カタログの印象と比べてDVDでは少々もっさりした動きをしますが、父の代表産駒の一頭アプレザンレーヴも同様でしたし、アプレザンやサンカルロも繋ぎは決して柔らかくなかった。過去の傾向からして、走るシンボリクリスエスというのは大概サンデー系のようなしなやかな歩様をしていないものなのです。
故に本馬も、父方のらしさを引き継いだクリ産駒になると判断し、使いつつ能力を発揮できるロベルト系に見合った馬体をしているか、才能とマッチする環境が整っているかどうかを重点的にチェックしました。

パーツ的には強度は十分足りていると見ています。アプレザンレーヴと比べれば、そりゃあもう全然安心して見ていられますよ。
しかし外向しているのは確かで、その上遅生まれですから、馬体が完成していない若駒のうちはあまり負荷を掛け過ぎない方が良いでしょうね。
マツクニがどんな調整法をとってくるかまだわかりませんが、最近何かの雑誌で「これからはとにかく馬を壊さないようにしたい」と言ってましたから、クラシックに出したいが為に強行ローテを駆使して~(以下略)という事にはならないと思います。

そもそも、セラヴィ09はクラシックで大活躍するようなタイプには見えません。
仮に能力の違いでクラシック戦線に乗ってしまったとしても、一瞬のキレではサンデー系にはおそらくかなわない。
あらゆる面で皐月よりダービーに適性があると思いますが、ダービーも重馬場にでもならない限りは相当苦戦するでしょうね。
上で説明したように、要はまんまアプレザンレーヴのような馬、或いは同配合で言うならモンテクリスエスのイメージではないかと、僕は思っているのです。
ダービーよりも目黒記念が合いそうですね。いっその事、最初はダートでも良いかもしれません。案外ダートで化ける可能性もありそうですからね。

牽制でもなんでもなく、ダービーや皐月賞が欲しいのなら、この馬はお薦めしません。それならディアデラやキューに行った方が可能性は高いと思います。
でも、強い馬になる可能性が最も高いのは、この馬が一番だと信じています。

何故か一番人気の一角を占めているので、とにかくまずは抽選を突破しないとお話にならないんですけどね~。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、こんばんは☆
あはは、とうに丸ばれでしたがやはりこの馬でしたね♪
ツアーでも見栄えがよくて大人気なそうですね。

ワタシも血統音痴で馬体もフィーリングで見ているだけですが、ティアさんが言われる事納得です。
募集馬のシンクリ産のなかでも、よりシンクリ産らしい感じですよね。
モンテクリスエルほど重くなるかは分かりませんが、同じようなイメージを抱きました。
デビュー時は500㌔ぐらいにはなりそうな雰囲気。

あまりシンクリらしさを感じないディアデラノビアの09とこのアドマイヤセラヴィの09、どういう風に育ってどんな場で活躍するか見ていきたいと思います。
ワタシはもう、抽選に落ちるのだけは勘弁なので、どちらも選びませんでしたが、ティアさんが出資されたなら、応援していきたいと思います!
お仲間さんで申し込む方多いですからね。

ワタシの方は最優先でフィクルフレンズの09をすでに申し込みました。
ティアさん好みじゃなく、筋肉量の少ない馬ですが、徐々にしっかりしてくれればいいかと思いました。
ウチの厩舎はなぜか、筋肉量で選ぶと全馬ダート走ってますので、ダートはもうこりごりなので、がりがり路線に変更中です(笑)
(選び方・・が間違っているんだと思いますが・・・)

ではツアー楽しんできてくださいませ!
2010/09/15(水) 21:26:22 | URL | ぼんちゃん #-[ 編集]
ティアさんどうもです

もうツアーに向かわれてる最中でしょうかね

いよいよ本命馬登場ですね僕も今週一頭入魂でアドマイヤセラヴィいきました

実馬見て気が変わらないといいんですが(苦笑い)

以前から本馬には僕もコメントいくつかさしてもらいましたがほぼ同意見です

過去のキャロットシンボリ産はトモや後脚の造りがどうも気にいらなかったのですがシンボリ産で初めていきたいと感じさせてくれましたしね

シンボリ産今まで興味なかったのですが過去に走った馬でそういった繋ぎなどの共通点があるとは心強いかぎりです

将来はダートがいいかなぁと考えますが器用さがなくある程度大飛びでしょうし阪神や京都の外回りや中京も直線長くなるようですし関西に入るのはいいかもですね
中山はピンときませんし…
できればご一緒さしてもらってブレイクに続く大きな喜びを分かち合えれば最高ですね

見学されての印象楽しみにしてます
2010/09/15(水) 23:37:03 | URL | はまる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。