管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今はこんなものでしょう
2010年11月08日 (月) | 編集 |
7日の東京競馬では行き脚がもうひとつ付かず後方を追走。直線では大外から脚を伸ばそうとするも差をつめることができずに14着。「脚は溜まっているんですけれどね。グンッときそうな感じはあるのですが、いざ追い出すと走りがバラバラになってしまいます。稽古のときも同様で、腰を中心に体の緩さが目立つのでモタモタしてしまうのかもしれません。しっかりとしてくれば、終いもいい脚を使えるようになるはずです。以前のような気難しさはそれほど感じませんでした」(吉田豊騎手)

「感触は悪くないのですが、どうもガツンと来るところがありませんね。持っているものはいいと思うし、少なくともこのクラスを勝てる力はあると思っているのですが、それを出せていません。ジョッキーに言わせるとトップスピードを求められるときにトモを中心にフットワークがバラバラになるとのことです。使っていくことも考えていたのですが、それだとただ使うだけになってしまいますし、いい走りをさせてあげられるようにするには根本から良化を促してあげることが必要でしょう。数日様子を見てから最終的に決めますが、針治療を施すなどして立て直しを図ったほうがいいと思います」(加藤征師)

前走は参考外のレースでしたし、改めてどれだけやれるかを見た一戦でしたが、トモを中心に競馬のトップスピードを求められたときに対応し切れていない状態のようで、いい走りを見ることはできませんでした。このままでは大きな変わり身を望むのは厳しいことが予想されますし、少しでも良化を促せるようにオーバーホールを図ることを検討しています。



加藤先生が僕の言いたい事、考えている事を全部語ってくれています。

昨日は現地でパドックから眺めていましたが、やはり馬体がまだ緩かったですね。
休み明け云々っていうより、中身が全然出来上がっていないのでしょう。
それに加えて、今思えば富士Sのブレイクランアウトもそうだったのですが、どうも飛節が安定していない感じでしたね。
ブレイクとは原因は別なんでしょうが、不安があるのは一緒。
今回は無事に回ってきてくれただけでも良しとしておきましょう。
今の状態のままでは、何処でどんな条件を走らせたとて、そう大差はないように思いますし。

パドックを見るたびに思うのですが、馬っぷりの良さなら500万クラスに居るような馬じゃないんですけどね。
馬体から感じるスケールの大きさは、出走馬の中でもピカイチだったと思います。ええ、本当に抜けてましたよ。
しかし、容量がいくら大きくても今は中身がカラッカラなのでしょう。
本来自分の出資馬に言うべき事じゃありませんが、今のままじゃ勝負になりません。
おそらく使うだけ無駄でしょうね。

なので、時間をかけて根本から馬を鍛え直す。
これが唯一にして最良の方法でしょう。
クラブ馬ですから、ずっと鍛えっぱなしというのは難しいかもしれませんが、この馬とは長いお付き合いを前提にして考えないとダメです。
とりあえず、今は来年中に二勝目を挙げる事が出来ればラッキー。それ位に考えておいた方が良いのではないでしょうかね。
調教で一つ上の時計を出せるようになってきたら、改めて期待することにしましょう。

ただ、レース自体はそれほど悲観する内容ではありませんでした。
14着という着順は残念ですが、スローの中、自身は行き足付かず、道中は最後方を追走。
しかも直線、ただでさえ伸びない大外に回してる時点で、勝機は全くありませんでした。
それでも一応34秒台の脚を使っていますし、条件が噛み合えば掲示板くらいには来れるかもしれません。

結果から予想通り東京では切れ負けする事がわかりましたし(今の実力では)、陣営もしばらくは東京の芝を走らせようとはしないでしょう。仮に内を付いたところでスローの展開なら用ナシでしょうからね。
全体的にパンとすればワンランク上の脚を使えるようになる筈ですから、気長に成長を待つとしましょう。
先生もフィフスの下を見放すような真似は絶対しないでしょうし、これからも長い目でしっかり見てくれるはずです。


ナニハトモアレ今回もお疲れ様でした。
前走の影響も特になかったようなので、とりあえずは一安心ですね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ^^
自分もあの日府中にいたんですが、パドックで馬っぷりの良さが目立ってました!
確かに500万クラスにいる馬ではないですね(^^;
結果は残念でしたけどあの馬体ですし気長に見ていきたいです
できれば今回のような超人気薄の時に突っ込んできてくれる事を期待してますよw

ちなみにCにいると書かれてたので午後に5Cのフロアに一度だけ入ってみました(自分はB指定でしたがCも入れるので)
ティアさんを発見できればご挨拶だけでもと思いましたけど、あの人数ですからこりゃ見つけるのは不可能だとすぐに諦めました(^^;

ですが代わりに160億脱税で騒がした3連単外人集団の残党を速攻で発見しましたよw
Bでも稀に見るんですがネットなどの目撃情報からすると基本はC専門のようですね
試しにしばらく見ていたら、締め切り間際にパソコンとプリンタを使って大量のマークカードを4~5人で何度もバケツリレーして、機械三台占拠しながら慌しく買っている相変わらずの異様な光景に思わず苦笑いしてしまいました(^^;
2010/11/09(火) 01:23:48 | URL | YOSHI #-[ 編集]
日曜はお疲れさまでした。
ティアさんとの競馬談義が非常に楽しかったです。
年は十ほど違いますが、昔のG誌のPOG企画でヤマニンセラフィムを持っていたり、
行き付けの喫茶店が同じだったりと共通点が多かったですね。(笑)

帰宅後にグリーンチャンネルを録画していたのでVTRを見ましたが、
グリーンチャンネルのパドック解説の方にも「腰が緩いですねぇ。」
と言われてしまいました。(汗)
やはり誰の目から見ても中身が伴ってなかったようです。

あとゲートの出遅れについてですが、トモが緩いとゲートから出る時に踏ん張りが効かないため、
出遅れに繋がったのかもしれませんね。
切れる脚が無いのでいずれはスタートを決めて先行する競馬も見てみたいものです。

まずはゆっくりと休養してトレセンで鍛え直してもらいたいですね。
2010/11/09(火) 14:22:00 | URL | わこう #-[ 編集]
ティアさん、こんばんは。

掲示板で見かけたのですが、ブレイクはオリオンファームで繋養されるらしいですね。聞いたことない牧場だと思って調べたら、まだ出来て間もない牧場なんですね。オーナーがシンガポール在住のJRA国内非居住馬主の大谷正嗣氏で、繁殖牝馬や種付け種牡馬のレベルが社台グループ並み。投資会社の経営者のようなので、ブレイクの売り込み戦略にも期待できそうですし、これはひょっとすると、ひょっとするかもしれませんね。
2010/11/11(木) 01:18:51 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
YOSHIさんへ
YOSHIさん、こんばんわ。
ヴァルガリスの応援、ありがとうございました^^;
500万クラスであれ程見栄えのする馬はなかなか居ませんよね。それだけに歯がゆくもあるのですが汗。
馬券的には、調教で時計が楽に出せるようになった時が狙い目だと思います。
トモがパンとして末脚を活かせる様になれば、ポンポンと上にいける筈ですから。
ただ、それまでに相当時間が掛かりそうなんですけどね(苦笑)。
まぁ、長い目で見てやって下さい(^▽^;)

今まではなるべく近くで見たかったのと、指定席は皆ガラス張りなのでは?と思い込んでいたので常に一般席を陣取っていたのですが、指定席も良い所ですね笑。
落ち着いて見られそうですし、今後は僕もお世話になるかもしれません。
まあ、ファステストスターがデビューしてくれれば嫌でもお会いできると思いますので、その時はまたお話しましょう!
お互いにキャロットの経験も積んだ事ですし、その話題でイロイロと盛り上がれそうな気がします笑。
2010/11/11(木) 21:08:52 | URL | ティア #-[ 編集]
わこうさんへ
わこうさん、こんばんわ。
先日はどうもお世話になりました。こちらこそおかげ様で楽しいひと時を過ごす事ができました。
やはり、競馬好き同士による馬トークは盛り上がりますね。
指定席観戦も初めてでしたが、想像していた以上に良い所でした^^
これからは僕も使わせて頂く機会が増えそうです。
そうそう、あの後家に戻って探してみたのですがちゃんと出てきましたよ、例の写真(笑)。

パドックの時点で緩さは見て取れたので、あとは素質の高さでどこまでやれるか…と思ってましたが、展開の不利もあって好走は流石に厳しかったですね。
誰が見ても解る位の緩さだからこそ、ここからのノビシロは相当なものだと思うのですが、現実的には、お話にも出たように七歳くらいまで気長に待ったほうが良さそうですね^^;

僕も募集時の段階からずっと先行馬のイメージを持っていたんですよ。
スタートの悪さは仰るとおり、気性やセンス云々ではなく、トモの緩さによる可能性が高そうですね。
加藤先生なら、その辺りの事もよーく見えていると思うので、例の如く細かな指示を出しているはずです。

次会う時には見違えた姿を見せてほしいと思います。
2010/11/11(木) 21:37:22 | URL | ティア #-[ 編集]
尼尾さんへ
尼尾さん、こんばんわ。
僕の手元にも出資者宛の手紙が届き、繋養先が決定した旨の報告を受けました。
日高のオリオンファーム。頭数こそ少ないですが、繁殖牝馬の質はなかなかのものだと思います。
血統の割には目立った産駒を残せていないのが少し心配ですが、これから良い馬がたくさん出てくるでしょう。
将来性を感じさせる牧場ですね。

大谷氏というと、ステゴ産駒のエルドラドでいくつかG1を獲っていましたね。
素晴らしい相馬眼の持ち主のようですし、良い馬を見つけて、キャロットに回してくれないでしょうか^^;
ブレイクは無償で譲渡されたみたいなので、本当に期待されてるのかな?と初めは心配しましたが、このオーナーの所ならこれは満更でもないような気がしてきましたよ^^
あとは尼尾さんも言っていたフェリーク。
白老やノーザンでもこのレベルの繁殖を何頭か用意してくれれば、お膳立てとしては充分ですね。

いやぁ、なんだか既にワクワクしちゃってますよ笑。
2010/11/11(木) 21:55:12 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。