管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またお前か!
2011年01月29日 (土) | 編集 |
それでは今日も10年産。
まずは追分Fのタキオン産駒。

ベユーズラッシーの10


えっとですね、取り上げておいて言うのもなんですが、そこまで食指が動く馬ではありません。
現時点では。

血統構成の魅力度と言う点ではタンタスエルテの方が断然上ですし、400口のキャロットでないと第一で書く気にはなれませんね。
じゃあ、なんでこの馬を取り上げたかと言うと、母親の馬体が僕のど真ん中だからです。
ああ、写真は追分ファームのオフィシャルサイトで見れるので確認して下さいませ。

母はアメリカの重賞をいくつか勝ってますが、この造りなら納得です。
タキオン産駒は父親同様、右前の繋ぎが立ち気味に出がちなので、母似なら…と期待したくなります。

ただし、ベユーズラッシーも11年産(ディープ)の方に期待している繁殖。
追分の柱になりうる逸材であれば、G1の方に回ってくる可能性が高いかもですね。
強いて言えば配合的に近いのはリアルインパクトで、身体が薄めのディープにパワーとスピード満点の米国血統を掛け合わせる事で弱点を相殺してしまおう。ってな感じですかね。

10のタキオンは単純に両親の長所と強度に目を向けてあげれば良いと思います。


お次はこちら。

ラシルフィードの10


毎年出てくる繁殖ですから今更説明は不要ですよね。
近親にレジネッタ。
アエローザ然り、フレンチとの相性が良いのは一目瞭然だというのに、懲りずにまたもやジャンポケですか。
ここまで来ると何か執念のようなものを感じますね。
それともジャンポケとの配合で何らかの手応えを掴んでいるのでしょうか?
あ、でも牡馬は初めてなんですね。

そろそろリストラされてキャロットに回って来ないかなー…なんて思ってるんですが笑。
もとより期待している繁殖ですし、字面上は全くケチが付けられない配合ですから、当然今年もカタログを見るまでは楽しみにしています。
ここらでシーザリオのパターンが来ても良い頃ですよね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、こんばんは~。
ティアさんの今年の募集にかける執念が早くも感じられますね~。
今年から補償がなくなり、募集価格も見えませんし、買う側の意識も
どう変わってくるか見えませんが、社台系は安泰なんでしょうね(苦笑)。

私も穴を狙うならやはり白老は追分かなとは思っています。
ラシルフィードは、募集時あまりよく見えなかった(しかも厩舎も?)キャラクテールが
先日新馬戦で二着しましたね~。その妹も徐々に良く見えてきた印象も有り、
やはり一発ありそうな血統だなとは感じています。
キャロじゃなくG1に来たりして(笑)。

また今後も勉強させていただきます。



2011/01/29(土) 18:02:53 | URL | ベル #qRmxrnGo[ 編集]
ベルさんへ
ベルさん、こんばんわ。
去年は色々ありましたし、今年から補償もなくなるので思い切って勝負するならココかなぁ…なんて思っております^^;
まぁ、社台の多くの方々は金欠とは無縁なんでしょうけど笑、これで高額馬への出資を躊躇する方が少しでも増えるのであれば、低実績の僕にとってはチャンスですからね。

白老は僕が好きな外国産の繁殖の質が極めて高く、牧場見学で事前に見せてもらえるのでネットでも情報を集めやすいのがノーザンや社台にはない利点ですね。
追分は今年もG1サラブレッドクラブに良駒を送り込んでくる筈ですから、当たりを見落とさないよう気をつけたい所です。

キャラクテールは背垂れも酷かったですしね^^;
でもトールポピーと少しイメージが被る所もあったので、これに全体の造りが更に良くなれば、大きな一発が期待できると思っています。
10がもしGⅠの方に回ってきたら牧場側も手応えアリって事で、それはそれで候補に急浮上してしまいそうで悩ましいのですが笑。

なんだかんだでもう二、三ヶ月もすればラインナップ表が送られてきますから、それまでに他の子もどんどん紹介していきますね!
今年と来年は勝負の年になりそうです^^
2011/01/31(月) 01:09:52 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。