管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう何も怖くない
2011年04月11日 (月) | 編集 |
皆さんも既にご存知だと思うので、ファステストスターの事は敢えて書きません。
どんな結果であれ、僕はそれを受け入れたいと思っています。

ここ最近の惨状は流石にダメージが大きかった。
(問題なのは結果よりも寧ろその後なんですけどね!)
それでも割と早く立ち直れたのはブレイクランアウトで味わってきた苦痛の日々のお陰ですかね。
もう大抵のことには耐えられる様な気がしますよ。
単純に免疫がついたってのもありますが、タキオン産駒に関しては出資の段階からある程度覚悟してましたからね。

もう一頭のディオルーチェはもう好きにしてくれ、ってな展開になってますが、無事なだけマシですかね。
三場開催中には出走できるでしょうから、そこまでに何か変化があれば良いです。
瀬口さん、どうか頼んます。スパルタで結構。性根から叩き直してやって下さい。
新開調教師、勝たせてくれたら貴方に一生付いて行きます。

他の子も当分は変化なしだと思うので、現役出資馬のことは敢えて何も考えないようにします。
今のままでは身がもちません。まずは純粋に競馬を楽しむこと。
次に、今月中には発表されるであろう社台10年産のこと。
そちらに頭を切り替えたいと思います。

次回からはまた注目の10産について触れていくつもりです。
これもそろそろ終盤ですね。

そしてキャロットの更新も。
今月の画像を見て09産はやはり逸材揃いだな…と、改めて強く感じました。
これは重賞馬が五頭くらい出てもおかしくありません。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさんどうもです。

ファステストスターは募集時にタキオンにしては胴短くていかにも母系が強く出た馬やとは思ってましたがそれ以外は走る馬の要素満天やと思ってましたので僕的にはスプリンターなタキオン言う位置づけにしてたのでデビュー戦ならびにその後の結果には僕的にもガックリしました…

タキオンはやはり難しいですねぇ…特に体質は

ディオルーチェも会員でないので詳しくわかりませんが気性面が問題のようですがずっとダメなままもありますし何かをきっかけに良くなる場合もありますしまだまだわかりませんよね。

キャロですが現二歳馬依然から言われてた記憶ありますが逸材多いですか?

ティアさんの元祖本命馬は僕なりにずっと更新写真は良く見せてくれます。
シンボリにしては上手く説明できませんがトモなんかはシンボリらしくなく後ろから見ても横にボリュームある感じがするトモに後脚も相変わらず力強いので非常に楽しみにしてます。

さらに無事なら松国スパイスで柔らかみある筋肉質になるのではと考えてます。
かえすがえすも御一緒したかったですよ…

他にも良く見える馬できれば教えていただけたらと思ってしまいます。

ティアさんのお持ち馬も入ってるかと思います。

ラロメリアの下なんかはやはり血統言うか兄とよく似た感じの成長姿見せてる気はします。
2011/04/13(水) 20:39:01 | URL | はまる #-[ 編集]
ティアさんこんばんは。

ディオルーチェ美浦に戻るようですね。転厩したばかりなので、実情の把握を兼ねての入厩なのでしょうが、管理頭数が少ないのを生かして、目覚めるまで粘り強く調整してあげて欲しいですね。実戦も何度か経験すれば変化をもたらせるかもしれないので、時間の許す限り、諦めず何度でも挑戦して欲しいですね。
2011/04/14(木) 01:23:01 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
はまるさんへ
はまるさん、こんにちわ。
ファステストスターは出資の段階から体質面を懸念していましたから納得はしています。
まだ現役を続けるというのなら僕は信じるだけです。
問題はレースでの骨折がたまたまなのか、それさえも体質の弱さにによるものなのかで事態は変わってきます。
もし後者なら流石に厳しいといわざるを得ません。掛けた負荷自体は他馬と比べても軽いものでしたからね。
ま、覚悟は決めております。

ディオルーチェはなんと転厩となりました。後で追記するつもりですが、これは一長一短ではないかと見ています。
まぁ、なんにせよタキオンはクイックリトルミス、タンタスエルテを除いてもう良いかな、と思ってます^^;
09にマルセリーナの下がサンデーに居るのですけど、それは走りそうなんですけどね。
高いだけあって弟も良い馬でした。

さて、キャロットの09産ですが、個人的な見立てでは少なくとも重賞級が5頭は居るな、と。
ブレイクやマーチ、トゥザ…。そういった面々を超えるとは言いませんが、それに近いレベルの馬が複数頭出てくると思います。
中でもセラヴィとデータが素晴らしいですね。
セラヴィの画像を見るたびに心が痛むのですが、今回のは特に酷かったですねw
本当に素晴らしいです。
少し長い所が合うのかなと見てますが、どうでしょう。やはりモンテクリスエスのイメージが近いかもしれません。

それ以外でもキュー、ディアデラ、ファンセラの15万円組。
牝馬ではドゥルセ、フォーシンズ。
一発がありそうなクルソラ、フィックルベリー。親バカかもですがクリティカルヒット。
ミスティーミスとムガメールは堅実ですが、あわよくばそれ以上も…というタイプ。
この辺は今空きがあるなら絶対欲しい馬達ですね。
他にも良いのが揃ってますが、挙げるとキリがないです。
しかし、自分が良いと思う馬はやはり他の方が見ても同様、ほとんどが満口になってますね。

それでもやっぱり、現時点ではセラヴィとデータが抜けてるように感じますね~。
ウチのは三番目、という事にしておきます笑。
2011/04/14(木) 12:24:05 | URL | ティア #-[ 編集]
尼尾さんへ
ディオルーチェ、思っていたより早い帰厩となりました。
今回の一件で多くの方がさじを投げられたと思いますが、自分は一長一短あると考えています。
上位厩舎からの離脱は正直痛いです。それは間違いありません。
ですが、調教師にとって成功を収める為の一番の近道は『社台Gの信頼を得る事』に他ならないと思います。

自分なりに色々と調べさせて貰いましたが、新規開業とは言えど、新開トレーナーの腕は確かのようです。
課題が見えているにも関わらず、レース後、厩舎に置かず即放牧に出されたことに対して少なからず憤りを感じておりましたが、気性の改善。その点においてだけはプラスに働くのではないか?
そう考えています。
まずは一勝しないとお話になりませんからね。その為にできることは何でも試してみるべきだと思います。
2011/04/14(木) 12:33:52 | URL | ティア #-[ 編集]
ディオルーチェは別の話しでわかりましたが僕も転厩は+になる気がします。

どうしても上位厩舎やとハナから上に行くような馬やないと扱いが後手後手になる気がしますし。
僕なら古馬ですが今年藤原から美浦の栗田厩舎に代わった馬いますが転厩してから今まで知らなかったような細かなコメント見れましたし例え結果出せなくともこの厩舎なら納得できるなと思えました。

ディオに感してもきっとじっくりと馬に接していろいろ工夫して走らせてくれるのではないでしょうか…


良く見えたキャロ馬はティアさんが当初より評価高かった馬ですね。

関係ありませんがキャロの募集時期は馬を見るには一番ええ時期やないかと思ってます。

馬は当然成長しますが本質的に変わらない面もありますしそこがわかりやすい時期な気はしてます。

とは言えなかなか当たり馬をひけませんがね…

僕が好きやった伊藤雄二元調教師は産まれて数日で判断されたりしてましたがそこはやはりティアさんも行われてる血統に実際に見た馬体からいろいろ予測できる事あるんでしょうね。


セラヴィはティアさんの評価もあり僕的にも自信はあります。ラロメリアの下も兄は頓挫続きで未デビューですが能力あるはずですし弟もかなりの物あると思いますよ。育成も兄見てからできる点はプラスですよね。

一番手に評価されても充分ちゃいますかね。

本家も募集近いでしょうしティアさんの新たな馬選びを僕も気持ちだけはご一緒のつもりで楽しませていただきたいと思ってます。

2011/04/14(木) 19:18:29 | URL | はまる #-[ 編集]
はまるさんへ
将来的な話をすれば、上位厩舎に在籍していた方が有利に決まっているんですよね。競馬に限らず、練習はどれだけ質の高い環境の中で行えるか。それに尽きると言っても過言ではないでしょう。
下級条件馬の扱いといってもまちまちですからね。
加藤先生の場合は大手馬主やOP馬との兼ね合い上やむを得ず…という事だと思いますし、飼い殺しのような真似をされるよりはずっとマシです。
ナイトフッド辺りにも頑張って貰って、将来的に質の高い調教を積めるようになれば馬にとってもプラスに働きます。
厩舎全体に頑張ってもらわなければなりませんね。

キャロット09産の期待所はやはりこの時期に見ても変わらず良く見えますね。まぁ、悪くなられると困りますが(^∀^;)
良かった馬は更に良化し、課題があった馬はそれを徐々に克服してきました。
この時期まで残口があれば簡単なんですが、逆にそういう馬はやはり課題を残します。

募集時に挙げなかった所ではサードシアターとカツラドライバーの子が良くなりましたね。
やはりどちらも満口ですが笑。
あと足元不安もプリンセスカメリア。残ってるのではこれでしょう。今年一口始める友人にも薦めたのですが、無事なら良いとこ行けると思います。

僕は雄二先生のようにはいきませんが、血統構成を参考にした上で、主にセレクト~キャロットの時期の馬体で予想します。社台の事を考えたらもう少し先読みできるようになりたいのですけどね。
でも、長所は早い時期からでも見て取れると言いますか、しっかりしてる子はやはり昔からしっかりしてるケースが多いとは思います。

その辺りについて自分なりに考えたので、今年度のドラフトに活かしていきたいです。
自分もブレイク以来、オープン級が引けていませんが、一頭一頭全てが良い経験になっていると思っています。
2011/04/15(金) 13:48:41 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。