管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛り上がる週末
2011年04月29日 (金) | 編集 |
二週続けて出資馬の登場です。
我が厩舎の超大物…という呼び名もしばらくは封印ですかね。
ディオルーチェが日曜東京の3レース(芝1400)に登場します。
ナムラクレセントの前にかなり精神を消耗することになりそうですが、芝での変わり身に期待してます。

調教の時計は相変わらずですが、前向きになってきたのは良いことです。
身体は鍛えれば後からでもモノになりますが、気性だけは自身に成長してもらわないとどうしようもありません。

育成時代、凄まじいパワーを秘めている。とコメントを頂いた事もあり、緒戦はダートを使いました。
しかしこれは仕上がりきっていないから勝ち負けを度外視して脚への負担が小さいレースを選択した。って事だったのでしょう。
一時はもしや…とも思いましたが、やはり本質は『パワー型の芝馬』のようですね。

となると、東京より中山・阪神のが絶対合うはずなんですが、まだ芝を刈り取る前なので出走するなら今のうちですね。
これに少し雨が降って、内枠を引ければ、少なくとも前回よりは期待出来るはずです。

メンバーにも恵まれましたし、このレースは未出走馬が勝つかもしれませんね。


続いて天皇賞。
今回ナムラクレセントが好走するためには、岡田軍団の一頭がペースメーカーを務めるか、自分でレースを作るしかなさそうです。
トゥザグロやキングダムを易々と勝たせるような展開を作っては駄目です。
肉を切らせて骨を断つ戦法に持ち込まないと勝機はないでしょう。

僕の恩馬の一頭であるヤマニンセラフィム。
また僕の弟分もかつてミスキャストの存在に救われていた。
そんな過去があります。
僕らの場合、人生規模で競馬に救われ育ってきたようなものですから、当時の恩馬の息子に特別入れ込んでしまう所までは必然なんですけども、まさか春の天皇賞で人気の一角を形成する事になるとは予想だにしていませんでしたよ。
ホント、OP馬の一頭でも残せれば…位に思ってたので。
セラフィムはただPOGだったから、好きだったから、と言うのとは少し違います。
例えるならブレイクランアウトの子が前哨戦勝って菊花賞に出走する、みたいな感じなんですかね笑。

何かもう、父ヤマニンセラフィム。父ミスキャストって文字を見るだけで笑えてきますね。
これだけで十分奇跡的だと思います。
このレースは悔いのないように楽しめればそれで満足です。


……いや待て、社台のドラフトもあるし、やっぱり馬券には絡んでくれないかなw
枠も絶好だし。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
ディオルーチェの初戦は自分も凄く期待して見ていた分落胆も大きく、ティアさんに何と言葉をかけていいのかうまい言葉が見当たらず今日までスルーしてしまいました…。
そんなディオルーチェも二戦目ですね。
まだ調教では困った事にやる気がないようですが、、、ラヴィアンがダート変わりで一変したように、初芝でルーチェの眠ってる資質が爆発する事を期待しています。
ちょうど府中は9時10時くらいから雨が降りそうな予報なので少しでも恵みの雨になってくれれば?
今後も勝つまで追いかけるつもりですが、できれば人気薄の時に勝って欲しいです(笑)
つまりは、明日??^^
2011/04/30(土) 21:03:07 | URL | YOSHI #-[ 編集]
日曜日
ナムラクレセントは出遅れが本当に痛かったですね。
あれで全体的な流れにも影響が出て、レース自体が変わっちゃった気がします。
それでも3着に踏ん張っているから、スムーズなレースが見てみたかったです。
ディオルーチェは思ったより早い2戦目となりましたが、まだ気持ちが変わるには
ちょっと時間がかかりそうですね。いったんリセットして立て直しでしょうか?
ファステストスターといい、素質がしっかり発揮できない姿がもどかしいです。
2011/05/01(日) 23:14:46 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
YOSHIさんへ
YOSHIさん、こんばんわ。
お久しぶりです^^

馬自身にやる気がないみたいですからね。こればかりは人間がどうこう出来るものではないですし、気長に待つしかなさそうです。
デビュー戦、そして今日の結果も僕が残念と言うより、応援して下さった方々に申し訳ない気持ちになりました。
やるだけの事をやって負けたのであればそれは仕方がないのですけど、彼の場合は怠慢プレーですからね。
今日に関しては『芝は合わない』とのコメントを頂いたのですが、心身共にまともになるにはもう少し時間が必要なのでしょう。
まだ芝がどう、ダートならこう、というレベルにすら至ってないと思うので。

今でも期待している事は変わりません。
僕も最後まで信じて追い続けるだけです。
スローペースですが、徐々に気性は改善されてきたみたいなので、そしたらその後は身体面のパワーアップですね。
次、改めて前進に期待することにしますよ!
あぁ、ただし馬券はまともに調教で走れるようになってからの方が良さそうですね。
総流しかけて痛い目を見たので、しばらくはほどほどにしておこうと思っています笑。

最後にファタモルガーナ、無事勝ちあがれて良かったですね!
本来ならこちらからご挨拶に行くべきだったのですけど、最近少し忙しくてなかなかタイミングが見つかりませんでした。
この場を借りて言わせて下さいm(_ _)m

正直、ダービーより菊一本に絞るべきだと考えておりますが(キャロットの悪い所です^^;)、先のある子だと思うので一先ず勝ち上がれた事にホッとしてます。
これまでに頓挫があった中での勝利ですから、まだまだ良くなってくれるはずです!
2011/05/02(月) 01:16:41 | URL | ティア #-[ 編集]
じゃすさんへ
じゃすさん、こんばんわ。
いや~、久しぶりに絶叫しちゃいましたよ^^;
今も喉が痛くて変な声になってます笑。
出遅れは残念でしたけど、結果的に遅れたからこそあの奇策があったとも見れますし、難しい所ですね。
でも、クレセントの良さを100%引き出した素晴らしい騎乗だったと思います。
負けたとはいえレース後は清々しかったですよ^^
また、あんな風に目まぐるしく順番が入れ替わるのも長距離戦ならではの心理戦。自分に言わせれば最近はみんなお行儀が良すぎると思うんです。意図がどうあれ、あんな風にレースを壊しに行くくらいの事をしてくれた方が見ていてテンションが上がります。やっぱり長距離戦は良いですね。
結果的に道中じっとしていた二頭で決まりましたが、これもまた競馬です。

一方、出資馬たちは散々な結果ですが、ディオルーチェは公式によると「やっぱりダートの方が良い」そうなので、経験を積みながら心身を鍛えて欲しいですね。
状態次第ではあるものの、このまま間隔を詰めて続戦。使いながら競馬を覚えさせるとのことです。
新馬戦が終わった段階で既にある程度割り切って考えているので、僕は気長に待つつもりですよ。

しかし、気性の問題は本当に厄介ですよねぇ…。
パドックでも馬っぷりだけは断然良く見えたんですけど…全く、困ったもんですね。
2011/05/02(月) 01:32:09 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。