管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち込み牝馬
2011年05月18日 (水) | 編集 |
前回12頭にまで絞れた候補のうち、人気と値段を考慮して4頭が脱落しました。
その代わりと言ってはなんですが、血統などを調べていくうちにプロミネントとミュージカルウェイを候補に加える事にしました。
とその前に、持ち込み系牝馬に対する見解を少し。

『海外GⅠ馬』

これだけ聞けば強い馬に思えてきますが、僕は持ち込み牝馬の重賞実績をそのまま鵜呑みにするのは極めて危険であると考えています。
何故ならひとくちに重賞といっても、欧米のそれは日本と比べて出走馬のレベルに差があり過ぎるんですよ。
だから英オークス4着とかGⅡで2着とか紹介されたとて、字面通りの強さの証明にはなりません。

僕が重視しているのは、何着だったかではなくて「誰と対戦してきたのか?」です。
対戦相手の実績、血統、まずそれらを徹底的に解剖します。
一例を挙げると、馬体と値段が同じなら、僕は100%シンハリーズよりゴレラの子を上に取りますね。

候補に挙げた馬を見て貰えば一目瞭然でしょうが、僕は日本の重賞馬より持ち込み馬からお宝を捜すスタイルを優先的に取っています(キャロットでもそうですよね?)。
それは自分に実績が足りない事情もありますが、その方が比較的競争率が低く、コストだって抑えられるのです。
恐らく、このやり方が自分がGⅠ級を引き当てる為の最善策なのではないかと…。
キャロットや社台で『誰が見ても良い馬』に出資するのは想像以上にハードルが高い。って事を三年間で学びましたしね。
そういう意味では、超のつく良血というより『なかなかの良血』が多く揃った今年のラインナップは僕にとって都合が良いと言えます。


ではでは、まずミュージカルウェイの10から。
母は6歳の4月まで走り、5歳時に重賞を2勝し、その時ループブレトン(ダルジナやセージバーグと好戦していた)を破っています。暮れの香港Cではシャドウゲイトに先着。
前年(06年末の時点で21戦4勝、2着2回と3着6回)はプライドやアドマイヤムーンから10馬身近く離されてるので、本格化は5歳になってからでしょうか。
4歳時にも一応G3を一つ獲ってますが、それより上記のG1で3着の方が内容としてはずっと濃いものです。
30戦以上の数を使っているので、10産が初子というのは当然の選択ですね。
それでもやはり使い過ぎてる感じが好ましくありませんが、こういう子は狙うなら今のうちです。
晩成傾向にあるので理想は牡馬でしたけど、関東ですしオークスを狙うなら一考の余地ありですね。


もう一頭のプロミネントの10は祖母プロモーション。こちらは日本製ですね。
近親にアドマイヤメインなど活躍馬も揃っています。
しかし実際はプロモーションが凄いのであって、娘たちはみなポテンシャルが劣る。
その考えから候補からは外していましたが、この配合は実に興味深いですよ。
まず母父タイキシャトル。この時点でニジンスキーのクロスが形成されますね。
そしてヘクターでネヴァーベンド。アサーションでボールドルーラー。
その他細かくスピードを補強する血が散りばめられており、キンカメの成功パターンに見事なまでにマッチングしてます。
ホリデイオンアイスがオーナーズに行ってしまったので、その穴埋めって事で候補入りです。

ちなみに去年、トップセラー×キンカメの牝馬が50万で募集されていましたね。
牝馬の50万って牡馬換算で80~90万が妥当な所でしょう。
しかも、トップセラーの方がプロミネントより断然上の競争実績を持っている。
にも関わらず、プロミネントの10はなんと100万円を付けてきた。
これは出来の良さ+厩舎(牧場の期待値)以外に説明がつかないでしょう。
悪ければ文句言わせて貰いますね笑。

姉妹で競争実績と繁殖実績が逆転する事って良くありますけど、その場合特に『レース数を使ってない』ってパターンが目立つんですよ。
今回がまさにそれ。
僕はこれを勝手に『アスペンとラシルの法則』って呼んでるんですけどw
なんにせよ、カタログで見るのが楽しみです。


このコーナーも今日でひとまず終了です。
めぼしい馬は全部見れたと思います。
日帰りツアーでは何頭も調べていられないし、キャロットより一頭に充てる時間も多めに取りたいので、事前にある程度絞り混んでおく必要がありましたからね。

これからは過去数年分のDVDを研究するつもりです。
特に牝馬は写真より映像の方が重要だとわかったので、徹底的に調べなくては。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
最近頻繁に顔出してます。一年で仕事が一番暇なのが春のG1シリーズと重なるのはラッキーな事です。私は第2段の1泊2日ツアー参加。ティアさんの日帰りツアーのレポート参考にさせていただきますwキャロットのツアーや社台の秋ツアーは夏を越しているので
馬が成長していますが、この時期の馬は正直難しいです
サンデーや社台はもちろんあのクラブの募集馬がみれるので
ティアさんには一石二鳥だと思います。募集時期を見ても社台が終わってあのクラブの締め切りに間に合うでしょうから是非良い馬を選んで欲しいです。ティアさんの馬を見る分析力は素晴らしいですが
一つ言うなら疑いのフィルターがやや分厚い気がしますw
先入観を捨てるのも一流の競走馬に巡り合える秘訣だと思います
あくまで個人的にですが・・・
ヴァーミリアンは2400万円でリーズナブルでしたが
当時はとにかくサンデーサイレンスを取れと言うのが合言葉でしたが
ツアーで見た馬体に惚れてから血統など見直しましたが
何か気になったので取りに行ったことを覚えてます
あれは博打でした。競馬が博打ですからw
2011/05/19(木) 00:05:36 | URL | サンデーサイレンス #-[ 編集]
ティアさんこんばんは。

遅くなりましたが、ヒールの初勝利おめでとうございます。出張等でお祝いのコメントが遅れました。前走内容から、展開が向けばすぐに順番が回ってくるのは明らかだったので狙っていたんですが、馬券を買う暇もなかったのは少し残念です。
レースはyoutubeで確認しましたが、狭いところをひるまず突けたのはよかったですね。坂を味方につけそうなこの馬が、中山、阪神で今回のような内を回る競馬をできれば、もっと上の方でも一発かませそうです。これからも少しずつ着実に力をつけていって上を目指していってほしいですね。

本家はやはり実績制で難しいですね。ちなみに自分もG1入会を検討しています。とりあえず、去年の経験から、やはりいい馬は高いことがわかったので、高めを恐れずに行きたいと思います。また今年も、レポート楽しみにしていますよ。
2011/05/19(木) 02:28:00 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
サンデーサイレンスさんへ
サンデーサイレンスさん、こんばんわ。
僕も今年は思いの外時間を取ることができそうです。お互いツイてますねw

本当なら僕も一泊を…と考えていましたが、出張の関係で1~2日分のビハインド。確実に参加出来る方に申し込みました。
見学時間が少ないので、一頭一頭十分な時間はとりつつも、上手に振り分けていきたい所です。
現時点である程度絞りたいというのはそういった側面もあっての事ですね。
せっかくツアーに参加するのですから、やはり直接見た子の中から選びたい。という気持ちはありますね。
もう一つのクラブも非常に気になる所ですけども^^;

他の方にもご指摘されましたが、確かに最近は疑い深くなりすぎていたかもしれません。純粋さを失いつつあるようです笑。
しかし、今欲しくてどうしようもないデータやヒールの下は三年前の純粋さがあれば出資出来たであろう馬達ですしね。
なので今年はとにかく長所に目を向けて考えてみるつもりですよ^^
どれだけ良く見えても走らない時は走ってくれないですし、逆もしかり。

今では牧場がディープインパクトに力を入れているのは明らかですが、敢えてそれ以外から良血ディープ産駒を超える逸材を発掘するのが目標です。
それと、厩舎には気をつけなきゃ(笑)と思ってます。
2011/05/20(金) 17:32:30 | URL | ティア #-[ 編集]
尼尾さんへ
尼尾さん、こんばんわ。
御祝いのお言葉どうもありがとうございます。
僕も昨日ようやくレースを見ることが出来たのですが、終始上手に立ち回っていましたね。
あれだけ走れるならクラスが上がっても通用するでしょう。
切れ味勝負になるとどうかと思いますが、今の東京は例年よりパワーを求められる馬場なので、それもヒールには追い風となりそうです。

社台は確かに貢いだ者勝ちですからね(^▽^;)
しかし、関東の高額馬は新規でも獲れる可能性が十分にあります。
ルーチェ、ラヴィアン、ヴァーゲンザイル。この辺りは第一で書けば獲得できた馬と記憶してます。
関西でもマイナー所なら狙えますし、やはり最初は思い切って欲しい馬に行くのがベストではないかと思います。

高い馬が必ずしも走るとは限りませんが、血統や繁殖実績の割に強気な値段を付けられた馬というのはやはり走る傾向にあるようです。
あとベルシャザールのように上が期待ほど走らなくて値段を下げてきた、配合相手を変えてきた、馬体が一変した…等のパターンも要チェックでしょうか。

今年は数を絞って見て来る予定ですので、ここで取り上げる馬は全部僕の候補だとお考え下さい笑。
2011/05/20(金) 17:44:29 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。