管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのPOG
2011年05月25日 (水) | 編集 |
セレクトセールの上場馬も発表されましたね。
これでメモしておいた馬の9割近くが出揃ってしまいました。
今年のキャロットは悩まずにすみそうだわー。ってあんまり嬉しくないですが笑。

セレクトの話題はまた今度にして、今日はPOGのことを。
POGはもう長年やってませんし、実際過去にも二~三年しかやってないのですけど、今年限定でまた遊んでみることにしました。
というのも、競馬暦の浅い友人が今年から一口も始めたので、馬を見る作業に慣れさせておきたいと言うのが一つ。
あとは自分が本当の馬主だったら…という仮定で、制限プレイをしてみるのも楽しそうだと思ったので。
POGだとリスクを気にせず選べるので、そういう意味では気が楽です。
とりあえず来年の焼肉でも賭けて、近しい仲間同士でやってみます。

☆ルール☆
牡馬と牝馬で5頭ずつ。
同じ種牡馬・同じ厩舎は牡牝でそれぞれ1個ずつ。東西の制限はなし。
補欠(指名馬が戦線離脱した際に途中からでも補充できる)に牡牝一頭ずつ。これは種牡馬や厩舎が被ってもOK。


◎指名馬候補◎

牡馬
コーダリー(タキオン×キュンティア)
バーニングジール(ハーツ×モスコーバーニング)
ストリートハンター(ストリートセンス×クイックリトルミス)
トーセンシーザー(ディープ×シェンク)
馬名未定(キングスベスト×Glinting Desert)
補ラブラドライト(キンカメ×タンザナイト)

牡馬はほとんど馬体で選びました。
短距離からクラシック、そしてダート路線と、それぞれの代表になってくれる事を期待して選定。
ディープ産駒で一番良く見えるのはデータとエアトゥーレなんですけど、ああいうメジャー所を選ぶのはキャラじゃないですしね。
上の三頭は本当に好馬体の持ち主。今からデビューが楽しみ。
大穴にキングスベスト産駒。フラッシュやメドウとはタイプが異なるでしょうが、POGでは短い所を走れた方が有利。
一人勝ちするためには、人気薄から走る馬を見つけ出さなければなりません。

牝馬
シャンボールフィズ(キンカメ×マンハッタンフィズ)
ジェンティルドンナ(ディープ×ドナブリーニ)
ストレートラブ(タキオン×ラリーズン)
エスキナンサス(スペシャル×エスティメーション)
シナスタジア(ゴーンウエスト×Honest Cause)
補ビキニブロンド(キンカメ×モンローブロンド)

牝馬は写真だけでなく動きも重要なので、本当は動画資料のある馬達だけで固めたい所でした。
しかしそれではツマランので、少し冒険してみます。
エスキナンサスはコストパフォーマンスに優れたタイプだと思う。この馬は本当の馬主になったつもりで入れてみました。
シナスタジアは北海道でデビューして早めに稼いでくれる事を期待。
クラシックは上の三頭にお任せする方針。

この他で面白いのは母ダンスーズデトワール(父ダイワメジャー)やヴァンガード(タキオン×スプリングレイン)、ラグレスロマニー(父ファンタスティックライト)も造りは良い。脚が持てば楽しみな馬達。
母タイムリーマナー(父バゴ)とニシノアイリス(ハーツ×インラヴ)は高い素質を感じさせるも、完成するまでには時間を要するタイプでしょうか。POG向けではないが、これは長く注目していきたい。

西山牧場さんはニシノカチヅクシ(ロブロイ×パラディナ)やニシノプレゼンス(デュランダル×ニシノボナリー)など他にも良駒が揃っているので、POG用にはこれらにニシノオニカゲ(バクシンオー×ニシノムーンライト)を加えた三頭が向きそうですね。

面白いのが母パイタ(父Manduro)。一発ホームランを秘めていそう。
リディルの下クラレント(父ダンスインザダーク)も良い出来。一歳馬カタログと比較するものでもないですが、今まで見たダンス産駒の中でもコンラッドに次ぐ評価。
いつかは大物を出すと信じているスイートオーキッドの産駒オナーコード(父タキオン)。東サラで募集された上よりは脚も保ちそうなので、今度こそに期待。

おなじみスーヴェニアギフト産駒(父アドマイヤムーン)も相変わらず出来が良い。
牝馬のシンクリは懸念材料も、馬体の良さならアドマイヤオウカ(母ロゼダンジュ)も屈指の存在。
ついでに牡馬にはサトノシーザー(クリスエス×ウィルダネスストーム)を入れたかったのですが、二頭もシーザーはいらん(笑)という事で除外しました。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
さっそくティアさんの挙げた全馬の写真を手元の資料漁りまくってチェックさせてもらいました(。・ω・)ノ゙
『ほー』とか『ふむふむ』とかまだ自分には見えてないことがあまりに多いんですが、クイックリトルミス選ぶのだけはなんとなく分かってました^^
どことなくブレイクの成長曲線に似てるような??
嬉しかったのはエスキナンサスをティアさんも目を付けられてたこと!
自分もコストパフォーマンス考えた時の出資目線ならこれかなぁと感じたので的外れじゃなくてほっとしました(^^;

ホームランあると言われた母パイタ(父Manduro)だけが唯一手元の資料の中には写真が一枚も見当たらなかったんですが、どこかに載っていましたかね??
気になったのでセレクトセール当歳時の写真をチェックしてしまいましたよw
2011/05/26(木) 00:53:13 | URL | YOSHI #-[ 編集]
お久しぶりです
ティアさんの独断で構わないのでローズノーブルなんですが現状でトレセンの調教に耐えれるだけの体力はあるか教えて欲しいです
(あと馬体診断もできればお願いしますw)
自分的には耐えれるとは思うんですが少し早い気もするんですよね~
古賀先生は牝馬の扱いは上手いと思うんで任せておいて問題は無いとは思いますが
2011/05/27(金) 20:12:29 | URL | akira #-[ 編集]
YOSHIさんへ
YOSHIさん、こんばんわ。
久しぶりにやってみましたが、POGもこれはこれで楽しめますね。
馬の写真を見ていると幸せを感じます。もはや重症ですw
ハンターは確かにブレイクと通じる所がいくつかありますね。
ハンターの方がダート色がより強そうな事、完成度が高そう、など細かな違いもありますが、とにかく大物感を感じますね。
エスキナンサスは正直言うと、もっと他に強い馬がたくさんいると思うんですよね。でも、値段や人気を考えたらこれは魅力的な存在だと思うのですよ。ただ順調さを欠いているので今回の勝負では変更するかもしれませんけども(^□^;)
でも、今後も注目していきたい馬ですね。

それとパイタですけども、セレクト以外では『POGの達人』という赤い本に載っています。
僕が持っているのはそれと青本、『勝てるPOG』の三冊なんですけど、載っているのは達人だけのようです。
父のマンデュロ次第だと思いますが、馬体は高いレベルにあると思いました。
10年産はオーナーズの方へいってしまいましたが、今後も追いかけてみたい繁殖です。
2011/05/28(土) 01:36:24 | URL | ティア #-[ 編集]
akiraさんへ
akiraさん、お久しぶりです。
ローズノーブルですが、体力自体は問題ないのではないでしょうか?
ただ、まだトモに力が付ききっていない印象があるのが一つと、馬格がないので使い詰める事はできないかな、という懸念はありますね。
一つ目の方は継続してトレーニングを積んでいけば解消できると思いますが、後者の理由から加減しながらの調整になる、つまりモノになるまでには少々時間がかかるかもしれないな、と。
まぁ、まずはゲートから…という事かもしれませんし、早めに入厩した事がマイナスに繋がるとは思っていないですよ。
先生もその辺りは承知でしょうし、信頼して良いのではないでしょうか。

最後に馬体の印象ですが、トモをはじめ少しずつではありますが、メリハリが付いてきたように感じます。
後躯に課題があった馬ですから、良い傾向にあると思います。
あとはやはり体重ですね。
付くべき所に肉を付けて最低でも400キロくらいには成長させて欲しい所です。
2011/05/28(土) 01:53:11 | URL | ティア #-[ 編集]
赤本自分も持ってたので写真見ていったらパイタ確認できました^^
一番後ろの父Manduroの欄に母名がなかったので気付きませんでしたが、これは作者不親切ですねw

あとキンカメ枠にアロヒラニは入れなくても良かったのですか?。('-'。)(。'-')。
本命はあえて触れずということでしょうか(笑)

ヒール、ルーチェと重馬場が合いそうな気がしてるので期待してます^^
2011/05/28(土) 02:03:17 | URL | YOSHI #-[ 編集]
YOSHIさんへ
持込や外国産も一つにまとめておけば良いのに面倒ですよね^^;
Munduroは現役時代からどうも掴みきれない馬だったのですが、少なくともパイタの子は期待が出来そうです。
本当はアーカイブとアロヒラ二は入れても良い出来にあるのですが、自分の出資馬はナシ、という暗黙のルールです。どうやっても贔屓しちゃいますしね笑
まぁアーカイブはともかく、アロヒラニはPOGの期間より後に活躍してくれる子だと思うので、じっくり時間をかけて仕上げて欲しいという個人的な願望もあります。
勿論、早くから活躍してくれるにこしたことはないのですけどね。

今日ぐらいの雨ならヒールには丁度良いかもしれませんね。
芝は刈り取られてしまいましたが、週半ばにも雨が降っていたので単純な切れ味勝負にはならないでしょう。
ヴァーゲンも内枠を引いてしまったので厳しくなりましたが、これも良い経験。
この一戦でさらに成長してくれる事を祈っていますよ。

ではでは、府中まで行ってまいります(^^)/
2011/05/28(土) 11:16:10 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。