管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロットの価格が決まる
2011年08月18日 (木) | 編集 |
昨日、公式HPに募集馬一覧の確定版(価格つき)がUPされました。
仕事から帰った後はずっと脳内シミュレーションをしていました。
結局はカタログで馬体を見てからということになりますが、何頭かは既に牧場で見ている馬もいたりします。
セレクトの二頭は動画も確認済みなので、DVDとツアーを合わせて三パターン見ることができます。なのでアビラに関してはあれこれ心配する必要がありませんね。

個人的な印象としては『なんか随分と安くね…?』だったのですが、これは僕の感覚がマヒってきただけなんでしょうか^^;
まぁなんにせよ、安過ぎるよりは高い馬の方が良いのは確か。
ここの値付けはとにかく正確。自信のある馬には容赦なく高い値段を付けてきますし、血統・実績のわりに安いぞ?…って馬はやっぱり目に見えるリスクを抱えているケースが多い。
それは事実です。

なので、予想よりちょっと高いなー…って馬。
例えばヴァレラやヒカルアモーレ、ガヴィオラ、ポイントアシュリーなどは注目度が少しUPです。
逆に狙っていたメガミやジンジャーパンチはどこかに不安があるのかどうか、しっかり確認しなければなりません。

とは言ったものの、ジンジャーパンチ×バーナーディニの3600万ってのは判断が難しいんですけどね。
コレって日本で言えばシーキングザパール×アグネスタキオン。
このレベルと同等かそれ以上の組み合わせですよね?
本家(サンデー)でアゼリが125万だった事を考えると、キャロット補正入れて4000万以上が妥当だと思うのですが、明らかな欠陥があるとも言えない。
そんな微妙なラインを攻めてきましたね。
世界的名牝とバーナーディニの子供に出資できるチャンスなんて今年を逃せばもう二度とないでしょう。
ミーハー気分というか、それだけでも一口持ってみたい馬ですから、抜群とまでは言わなくても目に見えるリスクさえなければ多分いくと思います。

どのみちキャロットは地雷平原。
インパスの呪文使ったら真っ赤に光る馬の方が多い位ですから、時には自爆覚悟で踏み込んでいく勇気も必要でしょう。
でなければ、アロンダイトやレックスパレードのような馬は引けないですからね。

そして、とりあえずルシルクが戸田師という所まではわかった。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
10年産募集
>インパスの呪文使ったら
ラーの鏡なんかも、手元に欲しいところです(笑)
私は今年はツアーに参加できないので、写真とDVD検討が勝負になりそうです。
確かにリスクを承知で突っ込む勇気も必要ですね。
リスクが明らかでも強気の価格の馬は、能力的には本家募集されてもおかしくないのに、
それがネックでキャロットに回ってきた馬ということも考えられるので、賭けに勝てれば
大きな一発がありそう。キャロットの立ち位置を考えると、こういう馬こそ狙うべきなの
かもしれません。
な~んて、クラブや牧場の人じゃないので真意はわからないし、私の勝手な想像ですけど。
最近はこういうことばっかり勘繰ってしまいます。
厩舎も牧場・クラブの期待値が反映されるので、こっちの発表も待ち遠しいです。
2011/08/19(金) 22:28:47 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
じゃすさんへ
そしてファステストスターには毎日『まもりの種&いのちのきのみ』を与える必要がありそうですね。
ノーザンFのどこかに落っこちてないかな笑。
お役に立てるかは解りませんが、今年も現地で情報収集して参りますので、参考程度に目を通して頂ければと。
最初は観光がてらのつもりでしたが、募集馬一覧を見て一変ガチムードになってしまいました。
とりあえず、ここまでは過去最高の盛り上がりを見せてますね。

今年こそ、まさにリスクを承知でぶつかって行くべき年だと思うのです。
ただ、キャロに来る見るからに危ない馬は、やはり9割方成功できないのですよね。
なので、リアルインパクトやデータのように自身の出来とは関係ない事情で回ってきたであろう馬を探してみようと思っています。
例えばジンジャーは本家にキャラの被るアゼリがいた事、自身が牝馬であることが少なからず関係しているのでは?…みたいな感じでしょうか。
他の良血も同様で、牝馬だからキャロットまで回ってきた馬が数頭紛れているように感じます。
実際、当たり年に種付けしたネオの有力牡馬の多くは本家やセレクトに行きましたからね。
なので、牡馬は比較的馴染みの薄い父を持つ馬。
牝馬は日本でのメジャーどころ。
あくまでも現時点での話ですが、大体そんな感じでイメージを膨らませています^^
2011/08/20(土) 23:44:11 | URL | ティア  #-[ 編集]
ティアさん、お久しぶりです。
今年ももうキャロットの馬選びの時期になって来ましたね^^
昨年は色々と参考にさせていただいて、ありがとうございました。
厩舎やDVDで悩ましい日々が続きますが、宜しくお願いします。
私から見てもヴァレラとポイントアシュリー、ガヴィオラ、バランセラは高い気が・・・いい厩舎に行くってことなんでしょうかね?
2011/08/25(木) 23:26:43 | URL | あほ太郎 #-[ 編集]
あほ太郎さんへ
あほ太郎さん、お久しぶりです!
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。
お互い後悔のないドラフトにしましょう。

関西馬の場合は厩舎も多少考慮されるのでしょうが、関東の高馬は単純に出来が良いケースが多い気がしますね。根拠のない個人的な印象ですが。
フィフスやリアル、アーカイブなどがそうでしょうか。
安いにこしたことはありませんが、自信のある馬には容赦なく高値を付けてくるクラブですから、その点だけはしっかり踏まえておきたい所です。
2011/08/26(金) 17:36:06 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。