管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるどころ
2011年09月03日 (土) | 編集 |
今日は検討中の馬二頭を紹介します。
既に応募確定しているのが他に二頭。
合計50万円以内で抑えたいので、そんなに沢山は出資できません。
しかし、全頭抽選突破できる筈がないので、少し多めに書いて出す事も考えてますが…。

ジンジャー…やっぱり丈夫そうですね。一族のタフネスには馬体の裏付けもあったのでしょう。
しかし僕の本馬への評価は現時点ではなんとも微妙な感じ。『確かに9万円だな…』って思いましたよ。
測尺が発表され、より慎重にならざるを得なくなりました。
ミラクルレジェンド(母父オーサムアゲイン)も芝馬のような造りな上、小柄でも走ってますから、血統的なものとして片付けて良いのかも知れません。
ただし、ミラクルの父フジキセキとオーサムアゲインはおそらくニックスの関係にあったのではないかと見ています。
母父オーサムアゲインの獲得賞金上位はフジキセキ産駒のワンツー。
もっと言えばインリアリティの血と相性が良い(ゴーストザッパーやFピージェイ。ベレノスにはインテントがある)。

それに、少し活躍する程度では母親優先権を使用する機会も無いものと思われます。
最低でもエンシェントヒル位活躍してキャロットの代表格になってもらわないと、産駒もサンデーやセレクトに回されてしまうかもしれません。
本当に会心の出来であれば本馬もキャロットまで回って来なかっただろうし、客寄せパンダ的なポジションである可能性は否定できません。
あとは現場でチェック入れるだけなんですが、走る自信があるかと聞かれると、今はどちらとも言えませんね。
少なくとも悪くはないし、すごく丈夫なのは確かだと思うので。

来年度は個人的に好きじゃないゼンノロブロイ産駒です(僕なら迷わずフジキセキ付けるんですが…)。
つまり、この繁殖に再び手を出す機会があるにしても、それは早くて2年先、下手すればもう二度とないのです。
父バーナーディニってのも個人的にはたまらないのですが、やはりダートでこその造りをしていて欲しかったですね。


ライラック…まがりなりにも血統の勉強してきた今となっては、ヴァルガリスよりフィフスペトルの方が断然魅力的な配合に映ります。
細かな理由は割愛しますが、フィフスの配合は理にかなってますよね。
キンカメの走る馬体と血統。その見本とも言えるのがフィフスペトル。
その全弟となれば当然期待したくなる所。

また今回面白いな、と感じたのが、

01グランプロスペクト(クラフティプロスペクター)…米6勝。G2二着
02不受胎
03アイユボティック(ストラヴィンスキー)…メキシコ二戦。
04ノーフォークパイン
05不受胎
06フィフス
07ヴァルガリス
08タキオン牝馬
09早期流産
10本馬
11早期流産

フィフスを輩出した時と流れが似ている事。
好馬体に出た今回は期待したくなる所です。

ただし、現状フィフスとはタイプが少し異なります。
課題も決して少なくありません。
力強さはフィフスの方が上。遅生まれの兄より完成度が低い点。
そしてこの血統自体、おそらく体質が丈夫ではないことです。

もう一度見て頂きたいのですが、
フィフス→骨折
ヴァルガリス→骨折
08→募集取り下げ
と、キャロットで募集にかけられた産駒は程度に差こそあれど皆アクシデントに見舞われているのです。
お産も得意ではなさそうですしね。

はたしてこれは偶然なのでしょうか?

そもそも何故この馬だけこんな中途半端な価格設定なのでしょう。
僕は本来なら5000万に設定しても良い出来と繁殖実績だと思うのですが、これは「補償も消えた事だし安くしてやるから後で文句言うなよ」っていう、牧場側の遠回しのメッセージであるような気がするんですよね。

いずれにせよ、京王杯の結果次第では最優先枠だけで埋まってしまう可能性すらありますから、よほど運に恵まれない限り出資するのは難しそうなんですけどね。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ライラックレーン10
注目していたライラックレーン10ですが、上の産駒にアクシデントが多いのは、
確かに気になりますね…。
ただ、ヴァルガリスと08産は父がタキオンなので、父からくるものなのか、
母からくるものなのか、どちらとも取れて難しいところです。
値段も兄以上の価格設定と見るべきか、あの兄を出した繁殖の仔にしては安いと
判断するのか…こっちも難しい。兄と同じのほうがスッキリしましたね(笑)

ん~、考えることが多くて、頭から煙が出そうです。
今年はなかなか決まらないなぁ。悩ましいです。
2011/09/03(土) 22:22:05 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
ライラックレーン
てっきり、蹄鉄を履いているから、その分半端に安くなったのかと思ってました。
見間違いであったら申し訳ないのですが。
2011/09/03(土) 22:40:33 | URL | ムー #-[ 編集]
お疲れ様です
合計50万以内まで見てるという事は結構いきますねw
そのうち1頭でもご一緒叶うと嬉しいんですけど(^^;

ジンジャーは買ったはいいけど中途半端な競走成績だと、B級をキャロットにまわしてA級が出た時だけセリやサンデーRにまわしそうなのが怖いですよねw
キャロ出身ではないので例えこそ違えど、ゴレラなんかキャロで6000万募集なら100%一番人気確実だったでしょうから!?

それとライラックレーンですが値段だけ見た時の最初の印象は自分も安いでした
やはり全弟ですからね、出来に自信あるなら今のキャロットの値付け癖を考えても5000万は絶対条件だと思っていたのでアレ?みたいな…
このクラブは安いとむしろ疑う、高いと安心みたいな変な感覚がすっかり付いてしまったので、クラブ運営としてはうまくやってるなぁと感心しますよw(それだけ本来敬遠されそうな高額帯が早く捌けるので)


あと今年はツアー行けなくなりそうなので、正式にそうなったら自分の師匠でもある信頼できるティアさんに何頭か見てきてもらいたい馬(ポイント)がいます(^^;
お願いするのはたぶんティアさんも見る馬だとは思うので、その時(ツアー数日前)になったらまたコメントしますのでよろしくお願い致しますm(._.)m
2011/09/03(土) 23:15:48 | URL | YOSHI #N3rgHghs[ 編集]
この2頭(ジンジャー・ライラック)はホント難しいですね・・
みなさん仰る事がもっともで、本年度に限っては前年度より
明らかに未知数な部分が大半の馬に含まれてると思うんですね。

私はジンジャーに関しては、多少は芝向きに映る個体と、
父方の血統から日本の適正(スピード値)などの足りなさを牝馬で芝向きに出れば、そこそこ行けるのかな?と言う微かな期待感で
残しています。

ライラックレーンは皆さんが思う勘ぐりと同じ事を考えたり、
キンカメの牡馬が少なく関東の募集なので、単純にサービス設定なのか・・とか色々考えます。

あとは、いつもながらですが本家のツアーでもキャロでもですが、
実馬を見て良い意味で裏切られる事に期待したいですね(笑)
間近に迫りましたが、当日はヨロシクお願いします。
2011/09/04(日) 00:51:14 | URL | よしくん #-[ 編集]
いよいよドラフトが近付いてきましたね
ティアさん、お疲れ様です。
補償がなくなって安くなったのかと勘違いしましたが、以前の記事にあったように単に良血牝馬が多いだけかも・・・
私が検討しているスターアイル、ヒカルアモーレ、ムーンライトダンス、シンコウエンジェル、ポイントアシュリー、タドウィガが既に名前が挙がってましたが、さすが絞込みが進んでいるみたいですね。
お互い納得いくドラフトの結果になるといいですね^^ 今年も宜しくお願いします。

2011/09/04(日) 21:13:52 | URL | あほ太郎 #-[ 編集]
じゃすさんへ
じゃすさん、こんにちわ。
皆さんも似たような事をお考えのようで面白いですね。非常に興味深く難解なテーマですが…。
ライラックレーンのように未出走のまま繁殖入りした繁殖というのは、繁殖になって何年か経ってから活躍馬を輩出し、さらに12~15歳位にもう一度大物を出してくるケースも多いのですよね。
現役時代に数を使ったり、引退してすぐ種付けさせられると徐々に尻すぼみになるパターンも多いのですが。
ライラック最後の大物と信じ賭けてみるか、もう暫く悩むことになりそうです。
気になる箇所もいくつかあるので、現地でしっかり確認してこようと思います。

あと話は変わりますが、プレザントライフいよいよですね。
ドラフトの方は既にツアー待ちの段階に来ているので、今はこちらの方が気になっているという(^□^;)
最終追いきりでどんなタイムを出してくるのか、仕上がり次第では馬単軸で厚く張らせて頂く予定です笑。
2011/09/05(月) 13:41:33 | URL | ティア  #-[ 編集]
ムーさんへ
ムーさん、ご指摘ありがとうございます。
その後、DVDを入念にチェックしてみたのですが、僕のPCからでは履いているようには見えませんでした。
エンプレスティアラの時にはハッキリと見て取れたので、それに比べるとどうにも解りづらくて…。
しかしそのように言われると、そう見えなくもない気がしてしまうのですが笑、画面が大きくない上、画質も並なもので少し保留とさせて下さい。

この件につきましては、ツアーでしっかり確認を取ってこようと思います。
後ろなら言い訳が効くのですが、前だと完全にマイナスですからね。
他にも1つ気になる箇所があるので、例え能力が秀でていたとしても、この二点をクリアできるかが大きなポイントですね。
2011/09/05(月) 13:50:47 | URL | ティア  #-[ 編集]
YOSHIさんへ
YOSHIさん、こんにちわ。
合計50万って時点でどの馬が候補に入っているのか、大体読めてしまうと思います笑。

もしジンジャーの今年の相手がフジキセキだったら諦めても良いのですけどね。
やっぱり僕は馬体重視のスタイルを貫きたいですし、昨日のレッドグランザが一層その思いを強くさせてくれやがりましたからw
本当、タイミングが良いやら悪いやら^^;
もし、ジンジャーの子が走ったら『血統の力』で片付ける他にないかもしれません。
この配合で芝の上級クラスを走るイメージがどうしても沸かないので、どうにか現地で『砂っぽさ』を見つけて来たいものですが。

ライラックも良いのは違いないと思うのですが、兄ほどの威圧感は感じませんでしたからねぇ。
単純に出来を価格に反映させただけなのかも知れませんが、自信があるなら5000万の方が買う側としてはスッキリしますよね。
キャロットの思う壺かもしれませんが、結果が出ているのは事実ですからね。
例えばアースガルドなどは当時『絶対盛られてるよな~』なんて思ったものですが、これも結果的には良い買い物でした。
最近の傾向としては一番下のライン、800万~1000万円級の価格が底上げされている印象ですね。
フェリスホイールも今募集されたら1000~1200万だと思いますし。

安馬からの逸材発掘は社台とグリーンでやった方が得策だよなぁ…と最近感じるようになってきました。
2011/09/05(月) 14:22:41 | URL | ティア  #-[ 編集]
よしくんさんへ
確かに、今年は確実性というより未知なんですよね。
血統も馬体も、良くも悪くも未知数という感じ笑。

ジンジャーパンチはこれで走ったらもう血統の力ですよね^^;
中身は詰まっている印象なので、体重も数字的には440位までは成長しそうなんですけど、出来ることなら様子見したいです。
まぁ、九割方一次で満口なのでしょうけどね。

去年良い意味で裏切られたのがアロヒラニでしたから、今年も良い出会いを期待しています。
こちらこそ当日は宜しくおねがいします~。
2011/09/05(月) 14:46:44 | URL | ティア  #-[ 編集]
あほ太郎さんへ
あほ太郎さん、こんにちは。
中には補償の関係で安く設定された馬も居ると思いますよ。
逆に、低価格帯には水増しされている馬もいるようですし、牝馬の8~9万は牡馬にすると12~15万円相当ですからね。
僕の方はそろそろ手詰まり状態なので、後はツアーで最終確認です。
この時期の一ヶ月は非常におおきいですからね。中には全く印象が違う馬も居て、毎年驚かされます。

お互いに悔いが残らぬよう、ベストを尽くしましょう!
2011/09/05(月) 14:52:25 | URL | ティア  #-[ 編集]
reonaさんへ
reonaさん、いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

いやー、そんな立派なものじゃないですよ笑。
依然として修行中の身、まだまだ未熟者です^^

今回の件、了解致しました。
ただし、時期も時期ですし非常にデリケートな話題なので、もし宜しければ、reonaさんの連絡先を教えて下さると有り難いです。
同じように秘密欄にチェックして書き込んで貰えれば、そちらの方で対応致します。

別件につきましては、後日見学ツアーに参加するので、その時に確認して参りますね。
僕自身、気になる点でもありますので。
2011/09/05(月) 15:02:26 | URL | ティア  #-[ 編集]
大変失礼しました
軽はずみな発言で、楽しくティアさんの日記を読まれているみなさん、そして、ティアさんにお詫び申し上げますm(__)m
私のコメントは間違いだと思います。

すみませんでした。
2011/09/05(月) 20:33:22 | URL | ムー #-[ 編集]
ティアさんどうもです。

お仲間さんのコメントの中でレッドグランザの名前あったんでついついコメントしてまいました。

東京の二歳馬からは唯一POG馬に選びデビュー言うので三歳未勝利キャロ出資のレース観戦重ねWINSにて見てました。

募集写真や途中の写真見て僕的に走るキンカメ産やと思ったんでPOG馬に選びましたが印象としては小回りより中央でマイルくらいの距離を伸び伸び走らせたいなぁとは感じました。

しかし好きな馬体でしたよ。

キンカメ繋がりで以前コメントした馬に早くも応募しました。おわかりのディアデラですけどね。

優先とは言え母優先の高い壁ありますがどうしても欲しい馬でしたので応募せなチャンスはないため行くだけいきました。

あとはグッドゲームですが2頭取れたらこの世代は終了でもいいくらいなんですけどねぇ

とは言えディアは外れをかなり高く想定せねばならないのでやはり今回出てたジンジャーパンチも1、5次要員で考えてます。ライラックはやはり兄の印象が強く悪くないのですがイマイチ行きたい気はおきませんねぇ…

ハットトリック産も一次候補でしたが間違いなく優先でないと無理でしょうしグッドゲームにはいきましたがディアだめならハギーですがもう一頭ダメジャー狙おうかなど僕の頭はすでに抽選外れ想定でいっぱいです…

牧場見学会にて新たに良く見せる馬もおられるでしょうしティアさんの心揺さぶる馬が出るのを楽しみにしてます。

1、5次要員考察のためにも参考させてもらいます。
2011/09/05(月) 20:52:24 | URL | はまる #-[ 編集]
ティアさんこんばんわ。

ツアー前の事前チェックは終了されたみたいですね。私の方は血統面から注目していたフレンチバレリーナが予想以上に小さjかったので再考中です。
ティアさんの出資候補2頭が気になるところですが、今のところ私の出資候補はティアさんが名前を挙げていたフィックルフレンズとブロードアピールです。血統>馬体で選考が進んでいるのが若干の懸念なのですが、ティアさんが名前を挙げていたので少し心強いです。

ジンジャーパンチについてですが、未知数の部分が大きいですね。Boldnesianの5×5のインブリードは面白そうな気がするのですが、全体的にはスタミナ面が気になりますね。

私はツアーに参加できないので、DVDでの再チェックとツアー参加者のコメントを参考に最終決定をする予定です。
一度はツアーに参加してみたいのですが、なかなか時間の都合がつかなくて・・・

ご多忙と思いますが、ティアさんのツアーリポート楽しみにしています。
2011/09/06(火) 00:47:07 | URL | いーじー #-[ 編集]
ムーさんへ
いえいえ、どうかお気になさらず。
蹄はどのみち確認必須の箇所ですし、キャロットは慎重過ぎるくらいで良いと思いますしね。

貴重な情報交換の場にできるなら僕としても大歓迎ですから、また気になった事があればお気軽にお尋ね下さい。
2011/09/06(火) 12:21:58 | URL | ティア  #-[ 編集]
はまるさんへ
はまるさん、こんにちわ。
レッドグランザは良い身体してますよね~。
ライラックもあんな感じなら何も迷うことなく突撃できるんですけどね^^;
しかしグランザ、陣営はクラシック路線を意識しているようです。
思わず口が開いてしまいましたが、プロが大丈夫と判断したなら、今は信じるほかありません。
ま、僕は取り返しが付かなくなるケースを直に体験しましたから、危険な道は極力事前に避けてやって欲しくもあるのですけどね。

さて、ディアについてはもう説明不要な馬ですから、グッドゲームについて少し。
ダメジャーですと、僕はブロアピ狙いとなりそうですが、グッドゲームも全く引けを取らないどころか、考えようによってはこちらが上かもしれません。
ブロアピはダート短距離がベストでしょうが、一方のグッドはマイル前後で、芝ダート兼用のつぶしが利くタイプに映ります。生まれ月を考慮しても、伸びシロもかなりありそう。
問題はやはり人気面でしょうかね。

スターミーはアマランサスが最高傑作だと思ってますし、カレンミロティックを募集してくれなかったので僕は意地でもいきません笑。
上のノエルも含め、産駒の出来は安定してハイレベルなんですけどね。

実際に間近で見るのとカタログで大きく違う馬も居ますから、そういう馬は逃さずチェックしてきたいですね。
一泊の方は周回展示もあるので、そのメリットを存分に活かして、収穫あるツアーにしたいものです。
2011/09/06(火) 12:35:39 | URL | ティア  #-[ 編集]
いーじーさんへ
フレンチバレリーナは残念でしたね。というか惜しいです。
本日夜の更新で軽く触れますが、この配合は実に興味深く、血統だけで言えばディープ産駒の中で最も惹かれた馬でした。
いーじーさんは今のところ血統>馬体との事ですので、逆に馬体を重視してブロアピを候補に残している僕にとっても心強いですよ^^
二次候補として検討していたのですが、姉貴がこのタイミングで勝った事で少し人気しちゃうかもしれませんね。考え直す必要があるかもしれません。

ジンジャーは牝馬ですし、芝で距離が持たない分には構わないのですが、この造りでダートの短距離では限界がありそうですよね。
フィックルも芝の中距離戦でそこそこやれると思うので、地味に人気するタイプかもしれません。
どちらも様子見したい馬なんですが、ジンジャーは一次ですら危ういでしょうから、欲しいなら腹を括るしかありませんね。

毎年感じさせられるのですが、やはり直に馬を見れることは大きなメリットですね。
中にはカタログと大きく印象の異なる馬も居て、そういう子は特にチェックが必要なんですよね。
そういった馬についてはしっかり報告していきたいと思います。
今年はある程度頭数を絞って入念に見てくる予定ですが、なるべく早めにUPできると思いますので、参考程度に目を通して頂けると幸いです。
2011/09/06(火) 12:53:34 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。