管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロット見学ツアー2011…その4
2011年09月15日 (木) | 編集 |
いよいよラスト。
トリを勤めるのはノーザンファーム空港。
一時間弱と少し多めに見学時間を取ることが出来ましたが、僕はそれでも足りません。

まずはブレイクの弟、キューの10。
人に囲まれながら寝ていました。馬体は兄達よりも一回り以上大きく、全くタイプが異なります。
中距離までのダート馬でしょうか。
背と腹のバランスが良く、トモも大きくて発達しており、そういった所は兄とも共通しているのですが、動かしたとき前足が安定していませんでしたし、少し反り気味に見えるのもマイナスです。
無事なら走ってくるでしょうが、ブレイク程の衝撃はありませんでした。

お次はクラシックローズ。
DVDよりは動きが機敏。少し落ち着きがないが、飛節がしっかりと伸びていて、可動域が広く肉質も柔らかい。ただトモがまだ弱いのか、後ろ足をそのままただ置いて来るような歩様にも感じられた。
上背があるので体重は増えてくると思います。

グレイスルーマーも柔らか味のある動きと力強さが目に付きました。
ただし左前が少しだけ不安。
内向している訳ではないのだが、どうやら左半身に重心をかける癖があるようです。
そうした時に少し内向気味に見えたり、反り脚のように見えたりする。
それほど重度なものではないのですが、ちょっと気になりますね。

二人引きのスターミーは一目でわかる好馬体の持ち主。
シャープで引き締まった感じのボディ。いかにもなダメジャー体型ではない。
耳を度々動かしてましたから、少し繊細な所があるのかもしれません。
あと、現状では前の方が発達してます。
特に問題も見当たらないですし、本当ならオススメの一頭に取り上げたい馬ですね。
ただ僕はベストの配合はアマランサスであり、一番欲しかったのがハーツのカレンミロティックなんです。
よりによってその2頭を募集にかけてくれなかったので、この繁殖の子にはもう意地でもいきません。
僕が毛嫌いしてるのは、その程度の理由です。
そして厩舎がハギーです。

ある意味一番の注目馬アビラ。
いけませんねぇ。一歳馬のツアーに現役競走馬を混ぜたらいかんでしょ笑。
見ての通りパワー型なんでしょうが、歩かせると重苦しさは感じなかったですし、セレクト出身なだけあって造りは流石に良いですよ。
人に囲まれながらも担当者の指示や合図にしっかり応えていました。
この子は頭が良いのでしょうね。賢さも大きな武器の一つです。
とにかく身体が保つかどうかだけでしょう。
個人的には繋ぎが立ち過ぎてるとか、足が反ってる馬に比べたら全然信頼できると思ってますが…。
まぁ、これ一頭とかは流石に止めた方が良いと思いますが、心とお金に余裕のある方は入れてみても良いんじゃないでしょうか。

牡馬のラストは、とあるスタッフのお勧めササファイヤー。
反り脚でなければ出資していたんですがね。とても惜しい馬です。
ケツも踏み込みも素晴らしく、それでいてまだ成長の余地を大きく残している状態でもあります。関節も滑らかで、思わず『良い…』と呟いてしまった。
威圧感もある。
去年のユーワジョイナーとか06産のオーロツェッキーノ、ドナシュラークのような、不安もあるが低コストで一発を期待できるタイプ。
この馬もマイル~中距離前後で期待できそうですが、馬場適性まではわかりません。
まぁ、博打要素の強い馬であることは確かですが、好きな人は好きでしょうし、見ている人は見ている馬体だと思います。

牝馬のトップバッターはベビーグランド。
血統的にはベストと言えるでしょう。
せっかく血統の勉強も始めた事だし買っても良いんじゃないかって?
『だがフトシだ!』
ちなみに、不受胎明けの今年はまたクロフネ付けたそうです。
うん、もう二年待とうw

ショアーの10も注目の血統でした。
足が軽く、一目で父の産駒と解る歩様と造りの馬でした。
とてもドイツ血統とは思えない。バランセラとは違うタイプ。
ただ、なんでこの厩舎なんですかね?
久保田さんが悪いとは思いませんが、あまり接点が無いですよね。
確かにショウナンバースとはタイプが異なるでしょうが、関東(オークス)にこだわるにしても預けるのは国枝さんで良かったと思います。

期待のスルーレートは思った程ムッチリでもマッチョでもありませんでした。
付くところに肉は付いてるのですが、良く言えば窮屈さがないですね。
柔らかいというよりは、しっかりしている。
担当者によるとマイル前後~2000Mで、ダートもいけるが、本質は芝馬だろうとの事でした。
キレ易い性格らしいですが、カイ食いが良く、そういう子は牝馬でも体が減りにくいのだそう。
おそらく440キロ位で競馬をすることになりそう。そんな話で締めました。

最後に紹介するのがダンスザクラシック。
これ、ちょっと面白いかもしれませんよ。
脚がスラリと長く、歩く速度も早い為、周回展示ではすぐ前の馬に追いつきそうになるんですよ。
前に馬が居なくなると、今度は後ろとの差が開く。
気性も少しピリッとしているそうで、馬体は長距離向きも、レースでは中距離にも対応できるのではないでしょうか?
繋ぎも思ったよりはクッションが効いていたような…。
休憩中に売店で『フューチュリティー』という雑誌を読んだのですが、計算通り、そこには父ダラカニの写真が載っていました。
この馬のケツの形はダラカニ譲りですね。
まずは馬を見て、次に馬を見ている会員さん達をチラリと見ました。
皆、真剣にこの馬を見てるんですよ。それだけ惹きつける何かがあったのではないでしょうか?
僕もちょっと考えを改めてます。
あくまでも繁殖用でしょうし、この厩舎ですから活躍は半ば諦めてるんですけど、ピュアブリーゼのように予想以上に強かったら…、自ら未来を変えてしまうかもしれません。

以下2頭は簡単に。

ピノシェット…トモの造りは良いが、若干脚が反っている。
成る程、確かにスピの全妹ですね。
母のポテンシャルが落ちていなければ、楽しめると思いますよ。

ファーストチェア…まだ芯が入っていない。
見た感じマイルでは短いですね。
良いとか悪いとかではなく、判断するにはもう少し時間が必要だと感じました。
一次でいきなり買うべき馬ではないですね。


以上、レポートは終了です!
今年は例年以上に、一頭一頭に割く時間を増やす必要がありました。
だから紹介頭数も若干少なめ。

皆さんも知っての通り、どちらかと言うと予習の段階では血統の方に力を入れてきましたよね。それによって、どれほど精度を高められるのか、信頼できるのか。
付け焼刃なのは自覚してますが、大レースを制する為に色々な事を試してみたい。
今はその実験段階。

その反動として、ツアー当日まで馬体や動きを深い部分まで見ていなかった馬も多く、と言うか『どうせイメージとは違うんだしツアーで確認すれば良いや!』なんて考えていた訳ですけれど、今回のやり方ではハッキリ言って時間が足りない^^;
今までは、ほぼ答え合わせのようなものだったのに、自身の体調不良も重なり、脳内でまとめるのにもえらく時間が掛かりました。
今年はたまたまDVDの印象と近い馬が多く、一泊の方に参加したから良かったものの、毎年同じ条件で参加できる訳ではありません。
もう一度、上手く調整する必要がありそうですね。
これが課題。

かれこれ4年連続で見学ツアーに参戦してますが、毎年現場でしか得られない情報が少なからずあるものです。
今年も応募する馬こそ初志を貫徹する形になりましたが、1.5~2次にかけては優先順位に大きく変動がありました。
それがどの馬かは、レポートの温度差を見れば敢えて名を挙げずともお解かり頂けるのではないでしょうか?

次回、アロヒラニの事など簡単に番外編を書いてツアー記は終了とさせて頂きます。
それでは皆様、ご武運を。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
有難うございます
ティアさん、こんばんは☆
ツアー情報ありがとうございます。
こうやって見ているとどの馬もよく思えてきますね。
若干自分が気になっている馬は評価がないのが気になりますが・・

エンプレスティアラを追加でいこうか迷っているのですが、この馬はどうでしたでしょうか?
自分的には欠点がなくってよく見えるのですが。
フジキセキとの相性が悪いのだけがひっかかってます^^;
2011/09/15(木) 18:07:02 | URL | ぼんちゃん #-[ 編集]
お疲れ様でした!
ティアさんお疲れ様でした!
ボクなんか遊んでばかりで、真剣に動かれている方に申し訳ないな
という感じでした・・

ご挨拶も出来て、お会い出来て嬉しかったです!
応募は本日済ませました。
内容はまたメールさせて頂きます。

今後ともヨロシクお願い致します~
2011/09/15(木) 23:58:00 | URL | よしくん #-[ 編集]
ティアさんこんばんは。
いつもながらの素晴らしいツアーレポート、ありがとうございました。大変役に立ちました。

初志貫徹となったティアさんと違い、自分は候補が二転三転してました。それはもう日替わり状態でしたよ。そして悩んだ挙句、ディアデラ、ルミナスP、シーザリオ、タドウィガで申し込みました。シーザリオは一般で申し込んだので、そもそも抽選対象になるかも不明ですが、通れば縁という感じで考えてます。博打要素の強い馬なので、出資段階からの運だめしというか、縁だめしですね。落ちたら落ちたで、それでよしと考えてます。

レポート内容から大体の目星はついてますが、それらの中からティアさんがどの馬を申し込んだのか、すごく気になってます。申し込み馬の発表、楽しみにしています。

お互い、無事抽選を突破できることを願ってます。
2011/09/17(土) 02:44:52 | URL | 尼尾 #-[ 編集]
ぼんちゃんさんへ
ぼんちゃんさん、こんにちわ。
エンプレスティアラ行かれたのですね!
時間がなくて現地では見て来れませんでしたが、造りと血統は良いと思いますね。
距離には限界がありそうですが、能力は高いと思います。
ただ一つ気になっているのはDVDの撮影時に蹄鉄を履いていたことです。
ツアー周回時には外していたと記憶してますが、この時期に前に蹄鉄を履かせるのは、少なくとも良い話ではありません。
その一点をないものとして考えれば、非常に評価できる馬だと思っています。
相性については、デピュティとフジキセキの相性が最高ですから大丈夫なのではないでしょうか笑。
2011/09/17(土) 16:01:12 | URL | ティア  #-[ 編集]
よしくんさんへ
よしくんさん、お疲れ様でした。
お会いできて嬉しかったです。

ツアーの楽しみ方も十人十色。楽しんだもの勝ちですよ^^
後はお互いに良い結果を祈るだけですね!
後日友達の家でDVDを見せてもらって、それで二次以降に備えようかと。
それで今年のドラフトも全て終了です。
早く楽になりたいですよ笑。

こちらこそ今後とも宜しくです。
よしくんさんの方にも、また顔を出させて頂きますね~。
2011/09/17(土) 16:15:54 | URL | ティア  #-[ 編集]
尼尾さんへ
尼尾さん、こんにちは。
今年は大分偏ってしまいましたが、気になった馬、少しでも良いと感じた馬は極力見るようにしてきました。

ルミナスだけはちゃんと見て来れませんでしたが、評判は良かったですね。
クロフネにこの値段を出せるか?やはりそこでしょうか。
ファインセラと票が分かれる筈なので、抽選にならず獲得できるかもしれません。

自分ももう隠すつもりはないのですけどね~。もう少しだけ引っ張ろうかと笑。
どれも人気を集めると思うので、半分取れたら十分です。
お互い満足のいく結果になると良いですね!
2011/09/17(土) 16:23:10 | URL | ティア  #-[ 編集]
ティアさん、ありがとうございました。
私は最優先のみでブロードアピール2口いきました☆
もし縁あってティアさんとご一緒できるようなら、幸いです。

ヴァレラやグレイトフィーヴァーと最後まで悩みましたが、仕上がりが一番早そうなのが決め手になりました。それぞれ個性的な馬で見切るに忍びなかったのですが、「骨瘤がありましたけど、マツクニと獣医さんが診て問題ないと言ってくれたそう」というレポートで、気持ちが固まりました!

ブロードアピールは、これが走らなければもうお終いですか、そうかも^^乾燥度は心配ですが、今後の成長で解決されると信じて・・・
揃ってのダートの短距離馬とのコメントですと、マツクニさんとダートってのも微妙ですが、3歳前半ぐらいまでは芝でも走ってくれると夢見てます。。
2011/09/17(土) 22:24:10 | URL | あほ太郎 #-[ 編集]
ツアーお疲れ様でした!
ツアーお疲れ様でした&今年もツアーレポート作成お疲れ様でした。
ティアさんは本当に馬が好きでよく観察されているのが伝わりますし、関係者からの情報もたくさんあるのでとても読み応えがありました。
今年はイヤリングと空港牧場の見学時間が異様に短く感じました。
いい馬が被るときついですね・・・来年はDVDの段階でもっと絞らないと大変ですね^^;

ティアさんのことですから現段階のいい馬は目星がついていると思うので、あとは成長力という運だけですね。
お互いにいい運に恵まれますように(_人_)
2011/09/18(日) 00:53:24 | URL | AITO #-[ 編集]
お疲れさまでした
一泊二日のツアーレポートありがとうございました。
読んでいて勉強になり、読んでいるだけで楽しくなってきちゃいました。

来年こそは参加したいと思っているので、予定が合えば、是非あいさつさせていただきたく思います。

話しは変わりますが、拙いブログを始めましたので、暇な時にでも、お越しくださいm(__)m

内容は薄っぺらですが(;^_^A
2011/09/19(月) 21:27:58 | URL | ムー改めてプリニー #-[ 編集]
あほ太郎さんへ
あほ太郎さん、こんにちは。
なんとかご一緒したいものですねー。どれだけ人気を集めたのやら…。
非常に困るタイミングで姉が勝ち上がりましたし、厳しい予感がしますが、なんとか一般まで回ってきて欲しいですね。
骨りゅうも『大丈夫』とは言え、どのレベルで大丈夫なのかが問題です。
競争能力には差し支えない。そういう意味だと僕は受け止めてますが、調教に移行するタイミングや与える負荷に関してはどうなのか?やってみないとわからない部分もあると思いますので。
出資する気持ちで観察したので、どうしても心配がちになっちゃいますね^^;
でもホント、これがダメならもうブロアピの子供は二度といらないですよ。

もし早期デビューで勝ち上がった場合、番組上嫌でも芝を使うことになるでしょうから、こなしてくれると確かに有り難いですね。
からっきしダメとも思わないので、僕も一応その期待はしているんですよ。
2011/09/20(火) 16:06:51 | URL | ティア  #-[ 編集]
AITOさんへ
AITOさん、こんにちは。
お返事遅くなって申し訳ありません。

やっぱり時間足りないですよねー^^;
余る所はホント余るんですけど、こればかりは僕らが決めることも出来ないし『運』ですよね。
本命が決まっているとか、良い馬が多すぎて困っちゃう…って分には一向に構わないんですけどw

そして今後の成長力。これが一番難しいんですよ。毎年そう思います。
ガヴィオラなんかはまさにこれから良くなるタイプと見てます。
残念なのは意外にも人気しているようで、出資できる可能性がかなり低そうという事です。
最優先とこの馬は出来れば抑えておきたいのですが…。

なんとかご一緒して、今度はウィナーズサークルでお会いしたいですよ^^
その前にクリティカルヒットでも良いんですけどねー笑。
2011/09/20(火) 16:19:25 | URL | ティア  #-[ 編集]
ムーさんへ
ムーさん、こんにちは。
それでは次回からはプリニーさんと呼ばせて頂きますね^^

ツアーの楽しみ方は人それぞれですが、現場でしか得られない情報は確実にあるものです。
早起きは苦手ですし、現地でも強行スケジュールなんですけど、なんだかんだ言って毎年参加しちゃうんですよね。
だからドMなんですよ笑。

サイトの方にもご挨拶に伺いますので、今後とも宜しくお願いします!
2011/09/20(火) 16:50:17 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。