管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンス有り
2011年10月05日 (水) | 編集 |
帰宅して愚痴ってばかりも嫌なので、今週の展望に移ります。
出走を予定している愛馬が二頭。
僕って何故か二頭出しになる事が多い気がします。
しかも今回は7Rと8Rで連続です。

まずは芝2400Mに出走するヴァルガリス。

5日は美浦南Pコースで追い切りました(65秒9-51秒1-38秒0-13秒2)。
「予定どおり先週はポリトラックで動かして、今週の追い切りもポリトラックへ入れて行いました。全体的には66秒を切る時計でまずまずと言ったところですが、終いは少し時計を要しましたね。やはりビュッという脚を使うというよりジリジリと脚を使うタイプというのがこの一連の調教でわかりますし、持久力を求められるような展開が理想的ですね。そのあたりから東京の開幕週だとどうかという見方もありますが、本場開催の競馬でどれだけやれるかも見てみたいので、予定どおり東京の2400mを使いたいと思います。精神面はいい意味で変わらないので、前走と同じようにレース直前までメンコをつけて、レースでは外して臨もうかと考えています」(小野次師)
9日の東京競馬(3歳上500万下・芝2400m)に田辺騎手で出走を予定しています。


ジローさん、良く解ってるじゃないですか。
何故東京?と思われた方も多いでしょうが、その答えがこれ。
要は今後を占う為の力試し。って事でしょう。
相手も強化される見込みで勝ちの目は薄そうなんですが、ヴァルガリス自身も成長してるので、見せ場くらいは作って欲しいところです。
個人的にはこの後はまた休みを入れながら鍛え、12月の中山に備えるのがベストという気がしますね。


もう一頭のアースガルド。

「先週の追い切り後もこれと言った不安点はなく、順調に来ていますね。週末にもじっくり動かして肉体面の良さを確認できましたので、今朝はどれだけ動けるかを見るためにも少し負荷を強めて追い切りました。これまでは単走で行うことが比較的多かったのですが、今朝は単走です。予定では5ハロン68秒くらいだったのが、66秒ほど。ほぼ無理をしていない内容でこの時計を単走で楽に出せるのですから、やはり具合がいいのでしょうね。しかも、乗り役ではなくウチのスタッフが跨ってですからね。時間をかけさせてもらった分、じっくり乗り込んでくることができましたので、満足いく調整ができました。久々を一度使って上積みもあるでしょうし、前走よりいい走りをしてくれるのではないかなと思っています。前走はかなりキツイ状況の中で粘るわけですから、能力の高さは確かでしょう。相手関係もありますし、レースは生き物なので簡単に結果を出せるとは言いませんが、楽しみなのは間違いないですよ」(勢司師)

一叩き後も入念に乗り込まれ、確実に状態は良くなっています。
ここはチャンスではないでしょうか。
既に勝っているクラスですし、メンバーもそれほど強力ではなさそう。
三歳馬とのハンデ差は気になるものの、完調手前とは言え、ここで無様な走りを見せてほしくはありません。

この子はゼロから再スタートを切ったばかり。
ドラクエで例えるならこれからバラモス城乗り込みますよ…って時にデータが全部消えて、また最初からプレイしているみたいな感じ。
これまでに経験した知識や技術は残っているんだけど、肉体面はもう一度時間を掛けて造り直さなきゃならない。
今年中には去年と同じ位までは自分を取り戻して、来年にはそれを超えて欲しい。
もう少し時間は掛かると思いますが、勝ち負けだけの話をすれば、ここはチャンスですよ。
あとは良積ある内枠を引けるかどうかでしょう。

最近スーツ着てないので、せめてどちらかは口取り権を取りたいですね。
あ、いや、やっぱりアースガルドの方でお願いします笑。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
この2頭は期待が持てますね!
同じレースに出れば、僕の馬も勿論ライバルになるのですが、
この趣味をやっている以上、故障・休養・引退・転厩など全てが、
365日付きまとって来ます。

同じ痛みや戸惑いを経験するからこそ、頑張る事を見せてくれれば
希望を持ち折れないで、この痛い趣味も続けられるんですよね。

ヴァルガリスも挫折を経験し、アースガルドもこれからの馬です。
期待をする分、酷な言い方ですが同じ主戦場を辿る僕たちの分まで
是非に乗り越えて頑張って欲しいと思います。

ティアさんも毎回スーツが着れるように・・(笑)
2011/10/06(木) 01:04:23 | URL | よしくん #-[ 編集]
ファステストスターの件は本当に残念です。
2週くらい前に左前をかばうしぐさというコメントが出た時点で地方狙いにすると思ったのですが。
キャロットも募集頭数が年々増えてきて、諦めるのが早くなってしまいましたね。
古馬勢もいつ引退させられるか分からないとなると、出資する気になれません。

とりあえず今週アースガルドに頑張ってもらいましょう。
今週の口取り申し込みは時間が変わってますので、申し込み忘れというオチは無しでお願いしますw
2011/10/06(木) 01:22:06 | URL | ちゃらこ #-[ 編集]
よしくんさんへ
ヴァルガリスはようやく立ち直ってくれたので、少しづつ力を付けていってくれればと思います。
勝ち負けまではともかく、もう一度目処の立つ競馬を見せて欲しい所です。
アースガルドの方はかなりチャンスです。枠順と復調具合がカギですが、500万クラスなら例え完調手前でも勝ち負けしてもらわないと困ります。それぐらいには期待している子です。
僕としても久しぶりの口取りチャンスですからね^^

僕にとって競馬って、結局辛い事の方が多いみたいなんですよ。楽しさが上回っていたのはそれこそ最初の数年だけで。
他のスポーツも同様ですが、それなりに真剣に打ち込んでいればそのうち楽しさ以上に挫折やら障害やら、壁にぶつかったり、本来知らなくても良い部分を見てしまうこともあると思います。
それでも叶えたいものがあって、今はイロイロ全部理解した上で向き合っているつもりですが、やっぱり今回みたいなケースは一生慣れる事はないと痛感しました(苦笑)。

まぁ、終わったことに対して何を言っても今更変えられないのですけど、生き残った愛馬達には自らの幸せを掴むためにも、少しでも高みを目指してこれからも元気に頑張って欲しいですね。
2011/10/07(金) 13:07:57 | URL | ティア  #-[ 編集]
ちゃらこさんへ
全く仰る通り、僅かでも庇う素振りを見せた時点で、完全なパフォーマンスを見せられる訳がありませんからね。どんな弁解をしようと考えが甘過ぎです。
仮に諦めざるを得なかったとしても、大事なのは最後に持っていくまでのやり方ですよ。
言い方は悪いですけどファステストスターに関しては終始投げやり。100%真剣に向き合っていたとは到底思えません。
真摯な態度で接してくれさえすれば、どんな結果になろうと受け入れる事ができるのですけどね。

古馬勢も悠長なことは言ってられないので、アースガルドはここで決めておきたいですね。
また調子を崩すような事があれば適当な理由をつけられて引退か、そうでなくとも山元無限ループ再び、なんて事態になりかねません^^;

口取りは両馬とも獲得できました。
そうそう、時間のことをうっかり忘れてましたよ!
ちゃらこさんのお陰で助かりました笑。
2011/10/07(金) 13:20:02 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。