管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞
2011年10月22日 (土) | 編集 |
この秋、僕が一番楽しみにしているレースが今週の菊花賞。
見届けてやろうではないか。


華麗なる三冠阻止を笑!!


いやもうね、半分は諦めてますよ。
だって強いもんオルフェ。
全レース見直したんですけど、どこであんなに強くなったんだろうって…^^;
きさらぎ賞~スプリングS。そこから皐月、ダービー。
二回に分けて急激に成長してる感じ。

まともに走られたら勝てない。
距離も折り合いさえ付けば多分大丈夫。去年のキングダムよりは適正もある。
今年のダービーで後続を七馬身以上千切ってるのだから、スタミナは既に証明済み。
京王杯やシンザン記念で負けて、二千以上に距離伸びてからは無敗ってのも他馬より信頼が置ける。
強いて言うなら、平坦京都よりは阪神や少し時計の掛かる馬場の方が得意そう、って事だけど付け込める程大きな不安材料ではないですね。
負けるとすれば折り合い欠いて自滅か、アンカツが神騎乗見せるかしか思い浮かばない…。

そこまで理解しながらも、僕は真っ向からニ冠馬に喧嘩を売りたいと思います。
ハーツには悪役が似合うと思うんだ笑。
頑張れ、バリアシオン!!

以下、レース展望。

トーセンラー…京都代わりはプラスも、それ以上に距離延長がマイナス。
あらゆる面で恵まれれば能力で好走するかもしれないが、この人気なら切ります。
経済コースぴったり回って、スローのよーいドンなら少し怖いけど、このような条件が付く時点でニ冠馬を倒せるとは思えない。
馬体から雨もマイナス。

サダムパテック…本質的にマイル~二千まででしょう。
ダイタクリーヴァに3000M走らせるようなものではなかろうか?

ベルシャザール…長距離走るには少々大型過ぎるか?
京都よりも中山・阪神が向くタイプ。
これも恵まれて三着まで。馬券も保険程度で。

ユニバーサルバンク…馬体はこの距離でもこなせそうだが、前走がだらしな過ぎ。
状態もそこまで悪くなかったはず。一変までは難しいと見る。
かつてのフローテーションなどは巻き返す為の余地が整っていた。
人気を落とした実力馬を狙うのは常套手段だが、今回は強調材料に欠ける。

ショウナンマイティ…2400なら狙えるが、3000となると微妙に長いか?
終いに賭けるにしても、今の京都でそれは厳しい。

とまぁ、人気どころは大体こんな感じで切ります。

それと別件でフレールジャック。
僕が出資者なら多分ブチ切れてますよ。
クラブと陣営に問い詰めてやりたいんですが、この馬を将来どういう馬に育てるつもりなんでしょう?
ちゃんと未来のビジョンが見えてますか?
見えてないなら大問題。見えてるのにやってんなら、もう救いようがないです。
今ここで多くを語ることはしませんが、ブレイクランアウトよりは多少マシってだけで、これが馬にとってプラスになるとは全く思いません。
勝ち負けは問題じゃないです。むしろ使ったその後ですよ。
これ程の馬、犠牲になって欲しくありませんし、絶対そうさせちゃいけないと思います。
あとはトーセンラーと同文。


本格的な予想は明日の馬場状態などを見てから行う予定ですが、贔屓目無しにハーツ産駒が面白い。
ハーツ産駒は意外と距離が伸びて良さが出ています。
馬体も大きく分けて2パターンあり、ルイーザシアターやアルマフローラ、ギュスターヴクライは東京や京都で持続型の脚を武器にするタイプ。
そしてヒールやタウレプトン、ステラロッサのように中山や阪神、或いは洋芝などある程度力を要する馬場でパワーを活かすタイプ。
共通して言えるのは、どちらも極限の切れ脚勝負になると分が悪いって事なんですけど、その分、脚は持続できます。
京都の平坦でも、少し雨が降ってより持久力を問われる展開になれば、さらに面白いと思います。

馬体からも一頭狙っている穴馬がいるんですけど、その馬とダノンマックインはかなり厚めに買うことになるでしょう。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
菊花賞
ティアさんこんばんは。
私も三冠はないと思っています。
オルフェーブルは中距離タイプだと思います。
京都の三千はメリハリのあるタイプより長く足を使えるタイプの方がいい気がします。
オルフェーブルが中山の二千を圧勝していたら本命ですが、ここはティアさんと同じくバリアシオンです。
前走内容も距離延びて逆転はあると思えました。
三着に穴でマンハッタンカフェ産とジャングル産が臭いと思っています。
2011/10/22(土) 23:43:52 | URL | 赤児 #-[ 編集]
赤児さんへ
何度も見直しましたが、オルフェは切れ過ぎるんですよね。
付け込む隙があるとすれば、もうそこだけでしょう。強い逃げ馬の一頭でもいれば話は違ってくるのでしょうが、今年のメンバーではおそらくスロー濃厚。

それでも京都の三千という距離はやはり特質だと思います。
オルフェにとっても大きなマイナスとはなりませんが、バリアシオンの方が遥かに適正があると、前走で確信しました。
阪神とは言え、神戸新聞杯は超スローからの切れ味勝負でしたからね。あの着差は『切れ』の差です。
本来の実力差はあそこまで大きくないと信じてます。

僕も菊花賞はベタベタな予想で良いのだと思います。
ジャンポケのダノンミル、リアルシャダイのマックイン、そして完全なステイヤー体型のルイーザシアター。
三着はなんか変なのが突っ込んで来そうな予感がしますね。
穴を空けるなら、血統+内で脚を溜められる馬or折り合いに全く不安がない馬。ではないかと。
2011/10/23(日) 12:17:10 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。