管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直スマンカッタ
2011年10月24日 (月) | 編集 |
参りました。
オルフェ強すぎますね。ぐうの音も出てこない。
どうやっても敵わないと思い知らされるようなレースでした。

オルフェには来年世界へ行って欲しいです。
馬場も不問で三千メートルをこなすスタミナもある。
ドバイや凱旋門でも良い勝負ができるでしょう。
三冠おめでとう!

バリアシオンも僕はあの乗り方で正解だと思います。ペースも比較的速かったし、前走でオルフェを追いかけて負けたのです。勝つ為には違う乗り方をする必要がありました。
もう少し前のポジションで云々というのは結果論でしょう。
どのみち最後抑えて二馬身半付けられては惜しいとは言えないですよ。
生まれた時代が悪かったな…。

とりあえずオルフェと走るのは止めてくれ。
海外遠征ならぬ海外逃亡でも構わんw
JCか有馬か、奴の出ない方に行きましょう。
多分それが一番可能性高いよ笑。

そして驚いたのはトーセンラー。
強いですわこの馬。
本質的に距離が長い…ってのは間違ってないはずです。
上手く乗ったにせよ、この時計で四着以下を抑えたのは力がある証拠。
京都の中距離G1がないのが残念ですが、来年の秋天やマイルCSで面白そうですね。
いやーしかし3、4着逆なら200円買ってたんですけどねぇ(・▽・:)

ルイーザシアターは現状まだまだ力不足の感が否めませんね。この条件で見所が無いとなると、残念ながらそういうこと。
一先ず成長待ちですね。

僕もいつかオルフェのような馬を持ちたいものです。
やっぱり社台とサンデーに全力投球した方が良いのだろうか笑。
もし本当にオルフェのオーナーだったら、もういつ死んでも良いよ。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
オルフェ
ティアさん、こんばんは。

強いとは思っていましたが、あそこまで強いというのは予想外でした(汗)

今の馬場で外枠でしたし、ずっと外を回されると思い、穴馬を探していた私がバカみたいです(さらには、見つからなかったですし)

結局、私は馬券は買わずに観戦していたのですが、強すぎましたね(汗)
三冠達成の直線は、バリアシオンの走りを見るのに集中しちゃいました(;^_^A

本当に、来年は海外で見てみたい、そして、あんな馬のオーナーっていうのは、どんな気分なんでしょうね?

…私には早すぎると思っていましたが、やっぱり本家の検討をしそうです。。。
2011/10/24(月) 20:57:37 | URL | プリニー #-[ 編集]
ご無沙汰してます

昨日は京都競馬場でライブ観戦して来ました。

前日まではオルフェ危うし!の予想もしてましたが…

競馬場着くと直ぐに、三冠達成間違いなし!の結論になりました。

入場口入ると置いてあるレーシングプログラムの脇には同じサイズでカラー版で『三冠馬の蹄跡』と名前の菊花賞パンフレット。
中をひらくと過去の三冠馬の戦績だけでなく、オルフェーブルの足跡まで掲載されており、
ターフィショップでは『3clown』と画かれた限定グッズまで売られてました。

はっきり言って4番の1着以外はあり得ないやんムードびんびんです!

同行した友人はディープの三冠も現地観戦したようで、当時の様子を聞いたところ、
布で巻いて見えにくくしてたものの、ディープ三冠馬みたいな看板が既に用意されていたよとの事でした

因みにメイショウサムソンの時の確認した所、パンフレットや看板みたいなのがあった記憶が無いとの事でした。

世の中不思議なことも、あるんでしねえ(笑)
2011/10/24(月) 22:59:22 | URL | びりおん #-[ 編集]
プリニーさんへ
僕も相手が強いと解っていても、どうすれば倒せるのだろう?相手より優位に立てるのだろう、といつも考えてしまいます。
悪役になるのも醍醐味なので。
しかし、この一戦でハッキリしたのは勝とうと思って相手を調べれば調べる程、逆に勝てる気がしなくなるということです笑。
ナリタブライアンのようなタイプの三冠馬ですね。自在性がある分、ある意味ディープインパクトよりタチが悪いです。
僕ももう逆らいません(正→逆らえません)。

これから数年間はクラブ馬の時代だと思います。特に社台(今もですけどw)。
G1も再来年から募集馬が増えますし、キャロットをはじめ400口クラブは多少なりとも影響を受ける羽目になりそうですからね。
今のうちに本家でそれなりの実績を積んでおくのも良いでしょうね。

僕も少しずつ本家の方にシフトするつもりですから大歓迎ですよ!
40口なら口取り権も大低は取ることができますからね(・∀・)v
2011/10/27(木) 09:38:31 | URL | ティア #-[ 編集]
びりおんさんへ
びりおんさん、お久しぶりです。
あまりにあからさまな演出もどうかと思いますけどね
いらぬ誤解を招きかねませんし、何より負けた時が困りものです。
タイキシャトルの引退レース&引退式を現地観戦していたのですけど、式の最中ターフビジョンには『優勝おめでとう』の文字が映っていて、静まり返った場内の雰囲気も合わさって思わず笑ってしまいました。

実際レースも社台系の何頭かがアシストしてくれたようにも見えましたが、あのラップを自分から動いて捩伏せるのだから文句なしに強いです。
無敗でない分、ディープよりはかかるプレッシャーもまだ少ないでしょう。
更に上のステージを目指してどんどん攻めて欲しいですね。
2011/10/27(木) 13:25:26 | URL | ティア #-[ 編集]
ティアさん、こんばんは!
オルフェーブル強かったですね~

デビューから地味だったと言うか、
ディープの若駒Sのような衝撃がない分
現在の強さは、過去の馬を紐解いても見つからない位に
際立ってますよね。

同じ社台の会員として、オルフェーブルが当時は人気などが
あまりなく、新規で無抽選だったと聞くと何か複雑な気分です。
(イイ馬だな~と思いながらもステゴで6000とか・・)
当時はスルーしてましたもん・・涙
(勝手に2匹目のドジョウは居ないとか・・涙)
日々、勉強ですね。

少しでも夢を実現出来るように頑張りましょうね!
2011/10/28(金) 00:41:23 | URL | よしくん #-[ 編集]
お久しぶりです
今日ローズノーブルが無事にデビューしました
結果は2着と少し残念ですが初戦でこれなら次はもっと良くなりそうな感じは見られます
上がりもメンバー中最速ですし中々味のありそうな馬ですw
後は馬体が小さいので使い減りが心配ですがこのまま順調に行って欲しいですね^^
2011/10/29(土) 13:55:51 | URL | akira #-[ 編集]
よしくんさんへ
デビュー当初から年明けまでの印象が残っていて、二冠を獲る様な器にはとても感じられなかったんですよね^^;
そのせいもあって逆らい続けてきましたが、もう止めにします笑。本当に強くなりましたよ彼は。使いながら強くなっていった辺りはまるでナリタブライアンのよう。
BT産駒のナリブーに対してサンデー系のオルフェがそれをやると少し違和感がありますけど笑。
これもステゴやマックイーンの力なんですかねぇ…。だとすると、これからも更に強くなっていくのでしょうから、末恐ろしいですねi-230

僕も二匹目のドジョウは無いと見ておりました。基本G1馬の下には出資しない方針なのです。
自分のポリシーに『母の代表産駒に出資する』というものがあります。
常識で考えて、同じ母から二頭もG1ホースが誕生するなど、そうある事ではないと思います。
また社台は募集時期が早いので、途中でグンと変わってくる馬も多いですからね。その先読みが非常に難しいです。
ちなみに、それを補うために始めた事の一つが血統の勉強でした。
オルフェ&ドリジャの黄金配合。フェイトフルウォーやゴールドシップと立て続けに活躍馬を出した今となっては既にサークル中に知れ渡ってしまいましたが、これに代わる配合をいち早く発見したいと思っています^^

夢の実現、G1を狙う為には、やはり血統の裏付けも必要なのだと改めて考えさせられる一戦でした。
2011/10/29(土) 14:21:20 | URL | ティア  #-[ 編集]
akiraさんへ
akiraさん、お久しぶりです。
ローズノーブルのデビュー戦、惜しかったですね。
出来る事なら、おめでとうございますを言わせて頂きたかったですが、あの走りなら、すぐに順番が回ってくるでしょう。
募集時は後ろ足のぐらつきが目立っていたので少し不安でしたが、アーデント然り、ディープ産駒はそれでも走れるのかもしれませんね。

馬格がないので、なんとか東京か新潟が開催しているうちに続戦して欲しい所ですね。
確かマイルCSの週に牝馬限定戦と同条件のレースがあった筈なので、そこを使えるようならチャンス大だと思いますよ!
2011/10/29(土) 14:28:23 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。