管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぁ、いつかそのうち…ね^^
2011年12月21日 (水) | 編集 |
昨日一日、ずっとこんなことを考えてました。

(アルフレードの前脚が反ってさえいなければ…)と。

この年の僕は少し完璧を求め過ぎたのかもしれません。盲目的になっていた所もあるでしょうけど。ってかそもそも人に勧めるなら責任持って自分も買うのが筋だろという話で、過去に戻って自分を数発ぶん殴ってやりたいです。
結構長い間頭抱えて布団の中でうずくまってました笑。

でも、初G1は笑顔ではなく涙を流したいと思っています。
その為にはブレイクやルーチェくらい惚れ込んだ馬か、特定の条件を満たしていることが条件ですよね、やっぱり。マイルCとかハーツ産駒とかね笑。

僕の名前の由来には二つ理由があります。
一つは好きだった馬の名前(ピロマティア)から。
もう一つは競馬で歓喜の涙をながせるように、との願いを込めて…です。

そんな訳でもありますので、また熱くなれる出会いが欲しいですねぇ。
最近は既に来年の事ばかり考えてます。
今朝の通勤中はフォーシンズの牡馬について30分程ずっと妄想してましたよ笑。


ではでは、先週の感想から。

ラロメリア…番組上やむを得ないとはいえ、やはりコースが合っていなかったのでしょう。
なし崩しに脚を使う展開になってはダメ。ましてやタフさを要求されるコースで早仕掛けはいけません。
休み明け以前に、馬の特性を活かし切れなかったレースです。
それでも力で捩伏せるようなら来年の今頃は重賞を意識できたのですけど、一頓挫あったぶん、まだ全体的に力不足なのかもしれません。
一度マイルを走らせて欲しいんですけどね、個人的には。

プレザントライフ…脚質やコースに関係なく掲示板は確保してくれないと…。
なんて風に思っていたのですが、故障していたのなら仕方ありませんね。
コース適性云々も含めて今回は度外視するしかないか。
軽傷で済んだのは幸いですし、強い馬が抜けるまで一休みも悪くないと思います。
あとは馬次第。菊花賞にはまだ全然間に合いますからね。

ジョングルール…レッドシェリフ弟。
出資しなかった世代とはいえ、ストリートハンターをはじめ、なんだかんだで気に入った馬は居たものです。
そしてクラブとオーナーズ、両方合わせて一番欲しいと思ったのがこの馬でした。
そのうち個別に取り上げるつもりですが、この馬とアーカイブ&アダムスピークが活躍してくれれば、僕の中で狙うべきディープ産駒の方向性がはっきりするので、活躍してくれると有り難い。
ジョワドやワールドエース辺りは僕には絶対選べないタイプの馬なので、こういう力感のある子が走ってくれないと、ノーザンご贔屓のディープにずっと手が出せないままですからね。
一口馬主として、それはかなり痛手なので…。


明日か明後日にはまたアロヒラニの事を書かせて頂くつもりです。
まだわかりませんが、動向をチェックした限りですと、カムフィー辺りが出てくるかもしれません。
ま、この時期の芝中距離はどこも手薄にはならんわな…。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
出資馬選びは難しいですね。
ティアさんこんにちわ。ご無沙汰しております。

アルフレードにダローネガ。私も出資検討時、最終候補の8頭に残っていたのですが最後はミーハー魂が炸裂し、血統と厩舎でアリスマインにいきました・・・。

3000万以内の馬で一発と思って毎年馬選びをしているのですが、血統優先だと、良い馬はどうしても価格が高くなるのでもっと、馬体を見る力を養わなければと思う、今日この頃です。

いよいよ今週で今年の中央競馬も終わりですね。
アロヒラニ、そしてヒールにいいレースをしてもらって1年を締めくくってもらいたいですね。
2011/12/21(水) 15:36:43 | URL | いーじー #3xn147P.[ 編集]
馬選びは難しい
ティアさん、こんばんは☆
アルフレードの前足、私はまったく気にならなかったんですけどね。
掲示板とか見たら弓や弓やって書いてあったけど、まったく許容範囲でした(見れてないのかもしれません^^;)
足も短めで安定感があってバランスもよく見えました。
リアルインパクトの胴を詰めたような印象。。。
ただ馬体重も含め重苦しく見えたので、ダートかなって思って。
私好み・・じゃなかったですしね。
血統診断とかするブログを2つ3つ覗いてもダートやって書いてありました(笑)

今年の2歳世代は、社台はシンクリに力を入れてきていたので、キャロットでもどれかは走るだろうとは予想していましたが、
高額馬じゃなくて、お安い方から数えた方がいいこの馬でしたね^^;

自分の場合はほんと他からの情報を一切遮断して、パンフを見て最初の5分ぐらいで○をした馬の勝ち上がりがかなりいいようです。
アルフレードもすぐに○していました。
血統とか見てもわからないし、あまり人の評価を気にしないほうがよさそうです。
調教師のお勧め、クラブのお勧め、相馬眼のある○○さんおお勧め、血統診断のいい馬・・・・・全部どうかなーって思いながら出資して全滅のダメダメでした。
ほんと情けないですね(><;
2011/12/21(水) 21:15:17 | URL | ぼんちゃん #-[ 編集]
こんばんわ、ティアさん。
ティアさんが、言われいる出資馬共に楽しい時間を過ごす、僕もそれが一口の醍醐味だと思います。
それに伴って、運営も上手くいけば言うことないですが・・・。

結局、一口では結果論でしか話せないと思います。
走る馬も上手く走れない馬も結果でわかるものだし。

その馬が気になって、分析して、出資して、調教でテンション上がったり、下がった・・・。そのドキドキが自分では魅力だと思います。

色々な考えの方いるんでしょうけど、一口ライフはティアさんの考え大賛成です。


PS
ティアさんの以前のブレイク発掘の記事でここに行きついたんですが、大相眼馬だと思っています☆
2011/12/21(水) 22:32:24 | URL | reona #-[ 編集]
いーじーさんへ
いーじーさん、こんばんわ。

良いと思いつつも、他馬との比較や予算の問題で結局出資せずじまい。
そして実際に出資馬よりも活躍してしまう。良くあるケースですよね笑。
ダローネガも兄より良い出来なのは予想できましたが、この年は他にもっと惹かれた馬が多くてスルー。
友人に薦められて考えたものの、躊躇しているうちに満口でした^^;

過去のデータ的にもこの価格帯でG1というのは正直考えづらくて、僕もつい良血に目が行ってしまうんですよね。

さて、今週のヒールとアロヒラニ。
相手には恵まれた方だと思うので、今回も好走を期待しています。
最後はお互いに良い形で締めたいですね^^
2011/12/23(金) 01:08:31 | URL | ティア  #-[ 編集]
ぼんちゃんさんへ
本来の意味で言えば、弓脚というのはもっと重度なものを指して使われるのですが、最近のアルフレードの場合だと、少し反ってるといったぐらいでしょうか。
マシになったり酷くなったり馬によって異なるため判断が難しいんですよね。
それでも真っ直ぐの馬と比べて危ない事には変わりないので、僕もリスクを避ける形をとったのですけど、他は間違いなく素晴らしいと断言できる馬でした。
G1を勝つ馬の多くはやはり良い身体を持っているのだと再確認しました。
じゃあ何故、人に薦めておいてまでスルーしたかと言うと、足元以上にシンクリ産駒というのが大きかったかもしれません笑。
今の僕はG1が取りたくて仕方ない状態ですから、シンクリじゃ可能性低いだろう…と。
(一目惚れしたプレザントは例外にさせて下さい^^;)

馬のイメージは僕もだいたい同じでしたよ^^
デビューするまではストロングリターンというよりダノンカモンを重ねて見ていましたね。
でもダートでも面白いと思うので、機会があれば一度試して欲しい気持ちもあります。
シンクリ×サンデーでも、弱点を緩和できるスプリンターやダート型の血を混ぜてやると走るみたいですね。
それがないと切れ負けする典型的なシンクリ産駒に出易いようですが、バクシンオーの近親であるアルフレードは切れ負けすることなく、父の長所である持続力をも備えている様子。
結果的に、それぞれの良いとこ取りをした。という事なのでしょうね。

僕も信頼している牧場スタッフの方に背中を後押ししてもらう事があります。
その結果も様々ですが、やっぱり自分で納得して選ぶのが一番後悔しない道だと思いました。
何だかんだで周りの所為にするより自分のせいにする方が気持ちもラクですし…^^;
その上で、一日も早くまた良い馬を見つけて興奮と感動に浸りたいものです。
2011/12/24(土) 16:12:43 | URL | ティア  #-[ 編集]
reonaさんへ
親馬鹿と言われようがなんだろうが、僕はそういう楽しみ方で満足しておりますからね^^
それに結果が付いてくれば最高なのですが、やっぱりどんな世界にも目には見えない流れと言うか、運気みたいなものもあると思います。
少なくとも去年と今年の自分はそれを『持っていない』事がわかったので、今は逸る気持ちを抑え、焦らず体勢を立て直す事を第一に行動したいと思います。
僕とて『今の現状には』満足していませんからね。

競馬に関しては、寧ろ物事の後からでないと言えない言葉、出てこない感情が多々あると思います。
結果を見て過去を振り返ったり、悔しくて愚痴ったり、喜びの余り暴走したり、絶望して死にそうになったり笑、そういう事の繰り返しではないでしょうか。

reonaさんのように言って下さる方が居るのであれば、僕も一層精進しないといけませんね^^
努力して後悔と喜びの比率を変えていきたいものです。
2011/12/24(土) 16:17:01 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。