管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初勝利
2011年12月28日 (水) | 編集 |
それでは、見事初勝利を飾ったアロヒラニのレース回顧です。

今回は負けて欲しくない一戦でした。
完成度が低いのは百も承知。フルゲートや距離延長も今は関係ない。
このメンバー相手に良馬場なら、素質だけで捩伏せるくらいでないと、僕が期待するレベルには到底及ばない。そう考えて見ていました。
見事クリアしてくれましたね。
一先ずこれで夢を見る事ができます。

前回の反省をしっかり踏まえ結果を出したジョッキーも流石です。
勝負所で外へ出し、前を射程圏内に入れる。そこから脚を持続させたまま、1馬身以上の差をつけてゴールする。
前回が格下の戦法なら、今回は人気を背負った馬に相応しい横綱相撲でしたね。
つまり、あそこまで来たら単純にアロが強い馬かどうか?
そこだけでした。

兄貴が同じ競馬をしたら多分最後止まってます。
瞬発力はまだ解りませんが、メンタルと脚の持続力は断然弟の方が優れていますね。
良馬場ならもっと切れるかなとも思ったのですが、それが距離なのか骨折なのか、いずれにせよ何かしら理由があったのは間違いなさそうですから、アロの本領は復帰後、じっくり見極めるとしましょう。

あと、口取りが取れたら確認したかったのですが、一族特有の強心臓を備えているかどうか?
レースを目一杯走った馬は口取りの時も目が血走っていたり、フーフー言ってたりします。
これが真面目に走ってなかったり、余力十分だったりすると息の入りも早く、ケロッとしているものです。強心臓の馬もまたしかり。
今回で色々見極めたかったんですけどねー。
口取りに参加された方で何か気付いた事があれば是非教えて下さいませ^^

しかしこの馬、センスの良さは間違いないですね。
賢いあまり、この怪我で走りをセーブするようにならなきゃ良いのですが…。

その点はスタッフの腕次第。馬に『走りたい』と思わせる接し方をすれば良いんです。
あとはしばらく中山を使わない事。
もしレース中に故障を発生していて馬も自身の怪我に気が付いていたら、それが痛みを伴うものであったとしたら、アロヒラニの賢さは仇になるかもしれないので。
アフターケアは入念過ぎる位で良いと思います。

前回と比べりゃ身体への負担は小さかった筈なんですよ。
それでも骨折したって事は、距離が長くてor長く脚を使わされて苦しさからフォームを乱したか(元が安定した綺麗なフォーム)、脚元がまだ固まりきってない程幼いか。
それが負荷の掛かりやすい冬に頑張ってくれた事と合わさって、故障に繋がってしまったのではないか?
僕は、そんな風に推測しています。

なんにせよ荒れ馬場や距離延長がプラスになるとは思えませんから、無理にクラシックを目指す必要なんてありません。
目指すなら本気でブリランテやグランデッツァを倒す自信と覚悟を持って取り組まないと。
でなければ意味がないんです。

現実的な話、適鞍と思われるマイルCですら今の身体には酷だったでしょう。
なまじ強い勝ち方でしたから僕もいらぬ妄想をしてしまったのですが、骨折の知らせを聞いて我に返りました。
下手をすれば、今後もっと取り返しがつかない事態に繋がった恐れもありました。
去年、今年と不振続きで内心焦っていたのかもしれません。一番大切な事を忘れる所でした。
愚かな自分が恥ずかしいです…。

しかしどうあれ、今回勝つことが出来て本当に良かった。
負けてたらほぼゲームオーバーでしたからね。
一見運が無いように映るかもしれませんが、しっかり勝ち上がった上にリスクを伴うクラシック路線を回避できたのですから、これはこれで『持ってる』馬なのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
能力の高さを確認することができて、嬉しくもあり、骨折で悲しくもあるレースでしたね(汗)

今を良い充電期間に当てて、成長した姿を見せてほしいですね 


それにしても、有馬記念当日は恐ろしいことになってたんですね

自分がその立場だったら、どうなっていたかは、想像がつきませんが、やはり口取りを最優先したと思います
2011/12/29(木) 17:15:49 | URL | プリニー #-[ 編集]
アロヒラニ
骨折は残念ですが、ファステストスターの例もあるだけに、
本当にレースで勝てて良かったと思います。
これで未勝利戦に間に合わせるために無理する必要もありませんし。
じっくり治してもらって、今後大きな夢を見せてもらいましょう。
うちのプレザントライフも怪我で休養に入ってしまいましたが、
少し休んで復帰後に、今度こそ勝ち上がってもらいたいです。
早いもので、東京大賞典も終わり(馬券も当然負けました(笑))、
1年も終わりという感じですね。
今年1年、いろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします!
2011/12/30(金) 08:54:14 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
プリニーさんへ
僕に言わせれば、この血統が二歳のうちに勝ち上がれる事自体驚きなんですよね^^;
ファインセラっ子の成長曲線は南半球産みたいなもんですから笑。
馬にとっては不幸でしかないので、喜ぶ事なんて無論できるはずもなしですが、三歳春に無理強いさせられずに済んだのは、アロの生涯トータルで見たときには絶対プラスとなるような気がします。
今思えば、兄貴は勝ち上がりまでの連戦が、成長の妨げになってしまったようにも見えますからね。

多分有馬記念や皐月賞くらいだと思うのですけど、人口密度がヤバイです^^;
トイレやパドックに行くのも一苦労でした(もちろんその間逆戻りはできません)。
自分が権利を得た事で代わりに抽選に漏れた方がいる訳ですからね。何があろうと参加するのが義務だと思いますし、そもそも僕にとってウイナーズサークルというのは何より神聖な場所なんですよ。
コートや鞄は最悪また買えば良いですしね笑。
ま、良い教訓になりましたので、G1開催と被った日は気を付けようと思います。
2011/12/31(土) 12:09:28 | URL | ティア  #-[ 編集]
じゃすさんへ
ここで勝てたのは本当に大きいですね。
未勝利戦に無理矢理間に合わせると、仮に勝てたとしても、どこかしらに反動が来るんですよね。
ましてや晩成型の血統にそれをやられると確実に成長の阻害に繋がるので…。
強い勝ち方が出来たのも自信になりましたし、勝手な話ですが、これでファインセラの11も人気沸騰することはないでしょう笑。
できれば最優先を使わずに取りたいので、アロ&ラロ兄弟は成長を促してから大活躍してくれれば良いかと。
実際、馬にとってもその方が良いでしょうしね。

プレザントも軽症で良かったです。なんだかんだで連戦の疲れがあったのかもしれませんし、元が遅生まれですしね。彼もまた成長を促してもらって、春にあっさり勝ちあがって貰いましょう!
新馬戦が終わってからの未勝利は消耗戦になってくるので、今は充電期間に当てて、クラシックを狙えるような強い連中が抜けてから…というのも作戦としてアリだと思います笑。

こちらこそ、今年一年有難うございましたm(_ _)m
2012年もまた宜しくお願い致します。
お互い良い年になりますよう!
2011/12/31(土) 12:48:49 | URL | ティア  #-[ 編集]
残念です
ティアさん
アロの骨折は残念でなりません。
レース後の談話では、調教師はクラシックを目指したかったようですが、そもそもクラシックについては、ティアさんと同じで、グランデッツァやディープブリランテに勝つつもりで出さないと意味がないと思っています。その為には、厳しいレースで戦うし、厳しい調教を必要とします。しかし、いまのアロにはそれがプラスに作用するとは思えません。
そういうことを考えると、結果的には絶対に勝たなければならない戦いに勝てたこと、未完成なあの馬体でクラシック戦線へ乗り込まずに済んだことの2点から、将来的にこの馬にプラスに働くのではと前向きに考えています。この時期にキッチリと、堂々とした競馬で勝てたことも嬉しい誤算です。
クビを長くして復帰を楽しみに待とうと思っています。

ちなみにウイナーズサークルでのアロですが、私が見たわけではないですが、知人(かなり競馬初心者ですが)に聞いた話によれば、息は戻っていたようです。強心臓かもしれません♪

それではティアさん、良いお年をお迎えください^^
2011/12/31(土) 14:17:27 | URL | ぽぽぽーん #-[ 編集]
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします。
アロヒラニに続いて、僕も足いっちゃいました。
左足首に小さなヒビが。そこそこ痛いです。札幌出張中雪道でコケました。

さて。エネアドもフランベルジェも気性的な成長が必要でしょうし。リバイブエンブレムもまだまだかかりそうですし。
僕の愛馬の活躍は、秋以降かなと思います。じっくり待ちますよ。

今年は是非とも、ティアさんと競馬場に行きたいと願っています。ご一緒の愛馬が出走するときで、タイミングがあったら宜しくお願いします。
2012/01/01(日) 12:30:53 | URL | 偽者 #t50BOgd.[ 編集]
ぽぽぽーんさんへ
冷静になるにつれて、エース候補の戦線離脱がズキリと胸に響いてくる今日この頃です^^;
クラシックというのは『出れたら良いな』で勝てるレースではありませんからね。
馬によっては多くの代償を払って、未来を犠牲にして、それでようやくスタートラインなのですから…。
だからこそ関係者や我々にとっても憧れであり、神聖な舞台なんですよね。
十人十色の考えがあると思いますが、僕にとっては頂上決戦は勝利してナンボです。
単なるオリンピック精神なら初めから出なくて良い、それならより確実に重賞の常連を目指して欲しいと思います。
クラシックの経験を未来に活かせるならまだ良いのですが、アロにはどう見てもマイナスに作用する可能性のほうが高かった気がしたもので…。
とまぁ、そんな事を悶々と考えたりしているうちに新年を迎えました笑。

起きてしまった事は仕方ないし、回避できた事をいつまでも考え続けても仕方ないので、これからの未来を楽しく妄想しようと思います。
どうしても期待の大きい子なので、アレコレ余計なことを考え過ぎてしまうんですよね^^;

ウィナーズサークルでの貴重なお話も妄想時の良いスパイスになります^^
レース後の消耗であったり、心肺機能・持続力の面で問題がなければ相当活躍できると信じてますので、その生のお話を聞けたことで、より前向きになれそうです!
今年は良い年にしたいですね♪
2012/01/02(月) 16:24:56 | URL | ティア  #-[ 編集]
偽者さんへ
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年も何卒宜しくお願い致します。

なんと、偽者さんまで負傷されてしまうとは!大丈夫でしょうか^^;
僕も昔、北海道で生活していた事があるんですが、雪国仕様の靴を履かないと深くて脚をとられるし、そうでなくても滑りやすく、天気も変わりやすいので慣れていないと本当に危険なんですよね。
あまり無理をなさらずに早くお怪我を治され、ご自愛下さい。

エネアドもフランも確かに根本的な部分の改善が必要かもしれません。が、どちらも資質の高さは既に見せてくれているので、一日も早く能力を発揮できる日が来るよう、頑張って成長して欲しいですね。
特にエネアドに関しては僕も思うところが多々ありますので、なんとしても活躍して欲しいと願ってますし、最低でも兄以上の成績を残して欲しく思っております。
ぜひとも大きな舞台で、共に彼の応援をしたいものです。

復帰後のアロヒラニや見学ツアーなど、機会がありましたら、こちらこそ宜しくお願い致しますね^^
2012/01/02(月) 16:26:13 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。