管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ禁断症状が…
2012年01月03日 (火) | 編集 |
最近、時間や曜日の感覚がありません。割と困ってます。
競馬がないと自分がどんどんダメ人間になっていくのが分かる笑。
それに、やる事がなにもねぇ…?!
いやいや、探せばいくらでも出てくる筈なんですが、生活のリズムが狂いすぎて思考力がだいぶ低下してますね。
どうやら僕は適度に馬の事考えてないと逆にダメみたいですw

ってな訳で、普段時間がなくて積みゲー状態になっていた他クラブのDVDや資料に目を通してみることにしました。
11年産の注目馬と同時進行で、何頭か取り上げていこうと思いまーす。

今日はロードとセゾンを調べてみました。

ジャックカガヤキの10…地味な血統ゆえにこの値段なんでしょうけど、造りの良さという点では募集馬の中でもトップクラスだと思います。
はち切れそうな肉質に加えて、可動域も広い。
この両親ですから体質を懸念された方も多い筈ですが、造りで言えばかなり丈夫な部類に入ると思います。
自分が出資するなら多分この馬になると思います。

ダイワデリカシーの10…こちらはバネがありそうです。力強さのそれとはまた違うのですが、スパッと切れそうな後躯をしています。
トモは良い感じに発達しており、形も良い。
動きからはディープ産駒のような軽いキレを武器としそうなイメージ。
しかし、アドマイヤムーン(エンドスウィープ)ですから、軽いだけとは考えづらいですね。意外と洋芝とか合うかもしれません。
ムーン産駒はサンプルが少ないのですが、キャロットのスターアイルの10よりは、僕はこちらが好みです。

レディアーティストの10…ダートで堅実に狙えるのはこれ。
飛節にもう少し力強さが欲しいが、他の部分はまずまず高得点を付けられます。
筋肉は発達してますが、ダート馬にありがちなガチガチの筋肉ではないし、血統の相性も良いので狙う価値アリ。

シンコウエトワールの10…これも堅実なダート型。まだ余裕残しなのでしばらく様子見を推奨しますが、脚がまともなら元は取ってくれると思います。
できれば真正面からの立ち姿を確認したいんですけどね。
ま、この価格ですし完璧は求めづらいんですけど、どの道ダートでしょうから比較的安心して見れる方でしょう。
母は短距離型ですが、この馬はマイル前後の方が良さそうです。ダートなら、番組上それもプラスではないでしょうか。


満口の馬も流石に良い出来なのですが、今回は残口がある所で紹介してみました。
それにしてもアルティマの子は持ってみたいですね。
出来の良さも勿論ですが、アルティマもジャックカガヤキも大好きな馬だったんですよ。
好きというか、どちらも凄く素質を見込んでいた。
アルティマはまともなら重賞の二つ三つ楽に獲れていたと思うし、カガヤキは秋華賞出ていたら本命打つことを考えていました。
殆どの競馬ファンの目には地味に映るのでしょうけど、僕にとっては非常に思い出深く、なんとも胸が熱くなってしまう組み合わせなんですよ。

ロードは毎年なにかしら良い子が募集されますね。


パインアヤカの10…左前の外向など気になる箇所もいくつか見受けられるんですが、体のパーツはいずれも見所があります。
骨格もしっかりしてますし、外向も内向やら弓脚やらに比べれば全然マシですからね。
繋ぎのクッション性も非サンデー系ですから及第点でしょう。
あとは旋回しながら脚を出す点ですが、キャロのフェイルノートはもっと酷かったのに大きな怪我もすることなくデビューから連戦してましたから、それ程問題視する必要もないんだと思います。
オペラ×アンバーはヤマトマリオンにマストビートゥルーと異なるフィールドで活躍馬を出しており、血統的にも相性が良さそうなんですよね。

トーホウハヤカゼの10…セゾンの馬らしく、短いところで期待できそうな子を挙げておきます。
この父の産駒ですから、もっとトモを鍛えてスピードと馬力を磨いて欲しいですね。
それが出来ればという条件付きですが、走る馬のシルエットを持ってますし、そこそこ期待できるのではないでしょうか。

エスユーエフシーの10…無難に良い馬です。強い上級条件馬になりそうな感じ。
この馬に出資される方はそんな低い次元の期待は初めから持ち合わせていないかもしれませんが、この血統は手堅く一勝を挙げた後、着実に力を付けていく印象が強いです。
丈夫そうで数をこなせそうなのも、クラブの特色と合っているのではないでしょうか?
インプレザリオとは違うタイプに見えるのですが、この父の産駒にしては距離も保ちそうな造りですね。中山2200辺りで個性を発揮しそうかな。

後は満口ですがリヴァリーガーデンの10
この年のセゾンは全体的に牡馬のレベルが高そうですね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さっそく新年から募集馬検討とは、さすがですね。
私は年末にいろいろあって、キャロットのアビラ10への出資意欲が減退してから、
10年産については全く検討が進んでおりません。
このままだと本当にこの世代出資馬ゼロになりそうな雰囲気です。
アルフレードみたいな馬が、今残っている馬にいればいいんですけどねー。
それか、キャンセル募集がうまく当たってくれるといいんですが。
確率を考えると、無理っぽいですけど(^^;
2012/01/04(水) 00:43:54 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
明けましておめでとうございます。
今年もヨロシクお願い致します!

お気持ちは察します(笑)
馬生活をしていると、空白期間があるとボーっとしちゃいます。
基本は本家とキャロなのですが、禁断症状がでると、
つい、レッドに眼を通しちゃいます・・
これ以上、この世代は増やさないつもりなんですけどね・・
何処まで我慢出来るかが・・・です。

今年の社台の名簿を見ても、春が楽しみでウハウハな自分がいます。
この禁断症状もマズイですね(笑)
2012/01/04(水) 03:03:32 | URL | よしくん #px8P9nDc[ 編集]
じゃすさんへ
こちらこそ、今年度も宜しくお願いします^^

なんて言うか、もう我慢できん!といった感じでした。
この時期はどうも引っ掛かり癖が付いてしまうようです笑。

僕もキャロット10年産はキャンセルで落としたら後はスルーの予定です。
勿論、既に出資済みの僕とじゃすさんとでは立場が違うのでしょうが、ましてや今の僕がいうのも可笑しいのですけど(笑)、そんな時は我慢するのも一つの手かもしれません。
僕も中途半端な気持ちで出資はしたくないので、昨年の社台は悩んだ末に不参加でした。
その分、今年の選択肢が増えたので、あれはあれで良かったと思っています。

確かにアルフレードみたいな大物が潜んでいると良いのですけどね~。
個人的には、今年は満口馬の方に惹かれるものがあります。
とりあえず、南半球産で何か凄いのを連れてきてくれることを期待してましょうかね^^;
2012/01/04(水) 21:56:38 | URL | ティア  #-[ 編集]
よしくんさんへ
よしくんさん、こんばんは。
改めて、今年も宜しくお願いします^^

ですよねー!
よしくんさんなら、きっとこの気持ちをご理解して頂けると思ってましたよ笑。
こんな時、一番の良薬は愛馬達が定期的に頑張ってくれることなんですけどね。
調子が良過ぎたら良過ぎたで『んじゃ、もう一頭!』となりかねないので、バランスが大事なんですけども^^;

そして今年の社台、お互いこちらの症状の方が重たいのではないでしょうか。
去年も決して悪いものではなかったですが、以前お話したように100%燃え上がれたかと聞かれると、正直言葉が詰まります。
ウマドンナではありませんが、今年こそ私の『運命のウマ』と出会いたいものです。
2012/01/04(水) 22:06:53 | URL | ティア  #-[ 編集]
今年もよろしくお願いします。
明けましておめでとうございます。
以前セゾンに入っていましたが、ここは本当に競馬をしりませんし、経営感覚が全くないクラブでした。
新たにGⅠができたところに後発で白老産を主力に据えたのもそうですが、目玉になるべくエスユーエフシーの10が美浦の田島ですよ・・・ありえませんw
お互いに運命の馬に出会う素敵な1年になるよう願っています。
2012/01/05(木) 10:25:40 | URL | AITO #-[ 編集]
ティアさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します^^

セゾン、早速見てくれたんですね。
私もセゾンは現役馬のみで退会予定なんですが、もしも気が変わり
出資するならトーホウハヤカゼかなと思ってました。
後はミスカスウェルも気にはなるのですが、どうも左後肢を引きずってる感じに見えて・・・。

にしても退会予定でもついついそんな目で見てしまう自分にちょっと自己嫌悪を感じます(苦笑)

ということで、今年もいろいろ勉強させていただきますね♪
2012/01/05(木) 12:15:20 | URL | ベル #qRmxrnGo[ 編集]
AITOさんへ
改めまして、今年も宜しくお願い致します^^
経営については他の会員の方からも様々な声が届いています笑。
何処とは敢えて言いませんが、とあるクラブは厩舎に対しても常に一方的な態度をとっているらしく、関係者(特に上位の厩舎と騎手)からも嫌われているのだとか。
セゾンも社台と統合したとは言え、いきなり関係を修復できる筈もなく…といった所でしょうかね。

エスユーエフシーのように中には好素材も含まれているのですから勿体無いと言いますか、馬と出資者が一番気の毒ですよね。
2012/01/07(土) 17:11:51 | URL | ティア  #-[ 編集]
ベルさんへ
お返事遅くなってすみませんでした。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!

セゾンも毎年一、ニ頭良さそうなのが募集されるので、何だかんだで今年も資料だけ貰っちゃいました。
繁殖の名前を見ても社台色が強まってきた印象を受けましたね。
ミスカスウェルは僕も同じ印象を受けました。体調的なものかもしれないので、それだけで切る事は基本考えないのですが、出資するとなると結局横との比較になりますからね。
リスクは徹底的に排除していく方針なので、結局エスユーエフシーみたいな馬に辿り着く事が多いのですよね。
そしてそんな事を言ってて見逃したのが朝日杯のアルフレードでもありますから、その辺りの匙加減をどうするか、自分でも悩ましく思っています。

社台のドラフト時は僕も相談させて頂きますね!
自分もグリーンの馬が募集取り下げとなったので、進退について検討している最中です。予算を考えたら掛け持ちするクラブは少ないにこした事はないですからね。
社台で他に浮気する必要がなくなる位の出会いが欲しいものです。
2012/01/07(土) 17:38:22 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。