管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
舞台は再び中山へ
2012年02月21日 (火) | 編集 |
東京開催が終了し、来週からはまた中山へ。
個人的には嬉しくありませんが、今開催中は愛馬の出走機会も増えそうなんで、それなりには楽しみにしています。
先週までは馬券買う位しかなかったですけど、今週からは元のスタイルに戻りそうですね。

では先週の回顧。

ヤングアットハート…僕はこの馬に3000超えのレースって長いと思うんですよ。持久力勝負に強いのは確かだけど、根っからのステイヤーではないはずです。多分ベストは時計の掛かる2200~2600辺り。
今回好走出来たのはとても調子が良かったから、今の馬場が合っているから、超スローで完全なスタミナ勝負にならなかった事、の3つではないかと。
募集時からほぼ僕のイメージ通りのキャラクターで、ここまで来たらなんとか重賞を獲って欲しいですね。
出資馬のプライムナンバーもほぼ同程度の手応えを掴んでいますから、自信にもなりますし。
一度ダートも見てみたいのですがどうでしょう?

キズマ…ディスクリートの子達は強さと弱さが同居している印象。きっと桁外れのポテンシャルが逆に仇となるんでしょう。
最初は素質の違いで楽勝してしまうから、いざ接戦になると脆い。
クラスが上がってから、ようやく競走馬としてのコツやら本当の『勝負』というものを学んでいくんでしょうね。
こういう馬は角居厩舎みたいにスパーリングから重賞級と走らせて経験を積めると良いと思うのですが…。
もし猫産駒がクラブで募集にかけられることがあれば、そういった面も考慮したいですね。
或いはキズマもインスパイアも本質はスプリンターで、フォレストリーの血が濃く出ているのかもしれません。

ゲンテン&サトノジョリー…バーナーディニはやはりこういうダートが合うのかも。
父の産駒って何故か芝でデビューすることが多いですよね?
んで惨敗したり頭打ちになった後、ダートで一変する。
それはつまり芝向きの軽さやバネを感じさせる馬が多く、本質はダート馬であるにもかかわらず、プロの目を錯覚させてしまう程に判断が難しいということ。
ですから、前躯やパワーに頼って走りがちの一般的なダート馬とは適正もまた異なり、比較的パワーを必要としない東京ダートや脚抜きの良い馬場で好走しているのではないでしょうか?
また走りにバネや軽さがあるにしても、産駒の多くは血統的な側面からくるものなのか『スピード持続力』に優れた馬が多い気がします。
これらの例から推測するに、出資馬ジンジャーミストもまた同タイプの馬なのではないかと。

ヴァーゲンザイル…五着に来ているのだから特別悪い内容ではない。が、極端に早い上がり勝負はこの馬には合っていません。ヒール出資者には切れるイメージが植えついてるかもしれませんが、準OPまで行くと話は別です。
早いとこ勝ちあがってくれないとまた戦う恐れもあるので、彼にせよノーステアにせよ強い馬はさっさとOPに行って下さいw

トランスワープ…僕がもう1年早く生まれていれば今頃盛大に祝勝会を開いていた事でしょう。
彼のことはポピーやリーガル共々ずっと応援してきましたし、出資者の方にも負けないくらい好きだという自負があります。
良くここまで成長しましたね。長い頓挫もありましたが、大野騎手との良い出会いもありました。
彼はトランスを完全に手の内に入れてくれています。今後もずっと彼で良い。
なんでもかんでもリーディング上位騎手を乗せれば良い訳ではありません。
一番大事なのは相性なのですから。
これで彼もOP馬です。本当はそれで満足だったのだけど…。
ここまで来たら、あのような走りが出来るなら、重賞を勝って歴史に名を残してあげたい。
僕には応援する事しか出来ないけど、これからの一戦一戦頑張って欲しいですね。

120221_215647.jpg


回顧は以上。

さてさて、春のドラフトに向けて資金稼ぎといきたい所でしたが、2月の収支はほぼプラマイゼロでした。
やはり1月が出来過ぎだったようで…。
フェブラリーと土曜日のアグネスウィッシュがなかったらと思うとゾッとしますね。

今開催中は久しぶりに全レース予想なんて事もやってみましたが、これは意外にも勉強になりました。
お金を賭けてる事もあり、いつも以上に意識をレースに向けられたと思います。一頭一頭の個性とか、血統的特徴とか、より理解を深められた気がします。
ま、その分疲れましたけど笑。
それでも、これはこれで結構楽しめるものですね。

ただ馬券の面で言えば、やはり当日の気配、馬体を確認して変更するパターンも多く、実際にパドックで実物を見てから加えたり削ったりした時は成績も良かったです。
(昨日のセントポーリアとか)
なので、じっくり時間を掛けられるよう数は絞った方が良い。
二場開催だと尚良しですね。

そのように当日になってかなり変更もありましたが、最後だしPCに載せたやつは責任持って全部買おう!と思い実行して見事に惨敗しましたw
フェブラリーで◎テスタマッタからの馬単流し200円分と3連複買ってたので負け分は取り戻せたんですが、ヴァーゲンの敗北があまりにも痛すぎて10レースだけで数万円負けました。

120221_211311.jpg


これだけ見たらカッコイイ当て方ですよねw
ってかこの予想なら三連単買えよなオレ…OTL
(当日負けすぎて金がなかったのです(´・ω・`))

でもまぁ、東京開催はやっぱり楽しかったですね。


クリティカルヒットについては木曜日の更新を見てから改めて記事にしたいと思います。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する