管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めたぼりっく
2012年02月23日 (木) | 編集 |
予定外のデビュー戦を迎える事になったクリティカルヒット。
掲示板から一つ遅れての6着入選でした。

「先週は思わぬ形で出走となりましたが、能力の片鱗は見せてくれたような気がします。何となくストーンヘンジと被るようなところもありますね。最後はモサモサしていましたが、まだ仕上がりきれていないのはわかっていたので、次につながると考えて切り替えながら調整を進めていますよ。ダメージもありませんし、放牧を挟むこともないかなと思っているのでさっそく乗っているんです。今朝は私が跨りましたが、特に気になる点はなさそうだったし、体つきを見てもいい意味でスッキリしたような感じ。このまま次へ行きます。今のところ芝をメインに考えていますが、戦前からダートもやれるのではないかと思っています。いちおう早ければ来週か再来週の競馬を思っているのですが、芝は入るかどうかわかりません。芝の状況を見て3場開催が始まってもしばらく入らないような状況であれば、そのときにダートを考えるようにしようかと思っています」(戸田師)

言ってしまえば今回は着順などどうでも良かった。 無事に一周してくることが最優先だったので、とりあえずは一安心です。

パドックの印象はやはり緩く太め残り。
腹周りにはまだ余裕が感じられました。あと15キロ位は絞れそうでしたね。
一つ後ろで立ち上がる等、終始煩くしていたキャノンシュートとは対照的でとても落ち着き払っていました。
しかしアロヒラニの時とは異なり、単に戦闘モードになかっただけ。とも取れますが…。

パドックで良く見えたのはキャノンシュート、エムエムロゼオ、ジルニトラ、タカラモノ、ミッキーの順。そのうち4頭が掲示板に入ったので、レースはほぼ素質通りに決まったと言えるでしょう。
仕上がりの差を考慮すれば、キャノンシュート以外にはもう負けないと思います。

収穫は下級条件なら芝でも走れそうなこと。
レースではまともなフォームで走れていたこと。
あの仕上げでも息切れすることなく、ゴール直前まで伸びていたこと。

総合的に見て切れよりパワー&持久力勝負型で、小回りよりは広々としたコースの方が持ち味を活かせるでしょう。
距離も2000までは大丈夫。
同じスマートストライクでもブレイクとは随分タイプが違うな、と感じました。
どちらかというとフリートストリートダンサーですかね。
中山でも1800ダートなら好勝負に持ち込めると思うので、次はちゃんと仕上た状態で走らせてあげたいてすね。

このまま放牧ではなんの為に使われたのかわからんので、続戦させるのは当然です。
次でいきなり勝てるかは半信半疑ですが、この先順調ならそう遠くないうちに勝ち上がってくれるでしょう。

そして戸田師。
なんだかんだ言って結局自分が乗りたいんですねww



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
体調が万全ではない中、現地での観戦、お疲れさまでした。

クリティカルヒットは、想定外の出走でしたが、反動もなく、続戦できそうで良かったです 

戸田先生は、次も芝をメインに考えてるみたいですね。
ダートは奥の手だと思って、走る時は馬券的にも楽しみにしたいと思います
2012/02/24(金) 07:23:08 | URL | 桜 #-[ 編集]
桜さんへ
桜さん、おはようございます。
本当、あの仕上がりでよく息切れしなかったなと思います。
元々ダートより芝好きの先生ですから、見所があったしもう一度…。という事なんでしょう。
東京と中山。二つの異なる芝コースでどこまでやれるのか、早めにハッキリさせておきたいのだと思います。

砂は砂で経験が必要ですから、僕としては三戦目辺りから使って欲しいんですけどね。

でも危惧していたフォームは改善されてましたから芝に対して拒絶反応を起こしている訳でもなく、馬の為に最良を尽くしてくれてると言うのなら、それがベストです。

ダートは除外になるようなら…とおっしゃってますが、言い換えると『除外続きで十分乗り込めるなら』とも取れますね。
師もすぐ勝たせる自信があるからこそ、再度芝を使う気なのかもしれません。
2012/02/24(金) 08:28:59 | URL | ティア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。