管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三冠馬はやっぱりオカシイ。
2012年03月22日 (木) | 編集 |
先週は中山競馬場まで行ってきました。
アルフレード出資者である友人の付き添いだったのですが、それより阪神大賞典があらゆる意味で印象に残ってしまいました。

つーか、どこのベアナックルだよ!
それともマキバオーの新馬戦か。
G1同着やら白毛馬やら近年リアル競馬でマキバオー現象発生しすぎだろw

最初は故障かと思った位なので、とりあえず無事で本当に良かった。
でも昨日で完全に逆らう気が失せました。いくらクレセントやバリアシオンを応援してようと、あれにはどうやっても勝てんわ。
あんなの馬じゃない…。


そしてアルフレードですね。
あれから敗因を色々考えてみましたが、大きく分けて3つでしょう。

・距離
・体調
・馬場

元々叩き良化型のシンクリ産駒でもありますが、それ以前に状態が良くなかった。あのマイナス6キロは仕上げたマイナス6キロではありませんでしたよ。
前向きなコメントを残してきたものの、朝日杯の出来には到底ありませんでした。

加えて以前も触れたように、この馬の本質はマイラーです。母型の気性が表面化してくるようならそれ以下でも良い位。
そんな馬に不調とスタミナを要求される馬場という要素が加われば、あの結果もやむ無し。
実質2000メートル超の持久力を求められたレースです。

本当に道悪下手だとしたらそれは意外なんですが、師はマイルCなら例え道悪でも…みたいなニュアンスでおっしゃってますから、問題の大きさとして距離>馬場なのは間違いないでしょう。

ここですぐマイルCに照準を切り替える事の出来る手塚師は良い調教師だと思います。
マイルCの為に皐月を叩き台(フツーは考えられない行為だけど二歳王者なら許されても良い気がする)とするのも一つの策ですが、体調の良化を促すのに今の中山を使い、そこから中二週でG1というのは決して容易な道ではありません。
あとはアルフレード自身の潜在的な回復力。シンクリの長所に掛かっていると言って良いですね。

P.S.ファルコンSは五万突っ込んで6万戻って来ました。
本命が最低人気のヴェアデイロスで、対抗格がレオンビスティーとキズマ。
最後ノースヒルズの勝負服が突っ込んで来た時はミリオン達成を確信して両手上げて絶叫したけど、良くみたらブライトラインの方でした笑。

今でもリニューアル不要という考えに変わりはありませんが、本当に底力のある馬が勝つ新・中京は素晴らしい競馬場ですね。
新潟と東京にはガッカリしましたが、初めてまともな改修を見た気がします。


※更に追記:キャンセル募集に臨む過程でシンクリ産駒の事を徹底的に調べていたのですが、アルフレードはやはり道悪自体もダメかもしれません。
蹄の形は近親リビアーモ辺りと比べると全然こなせそうに見えますが、それ以上に問題なのはメンタル。
どんな理由であれ『気持ちよく走れる』事に拘る一族ですからね。
走りづらい馬場に嫌気が差した。という可能性もあるかもしれません。

とまぁそんな風に色々と言い訳も出来ますから、今回の敗戦はそこまで悲観的にならなくても良いんじゃないでしょうか^^?

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
オルフェーブル
ティアさん今晩は。
オルフェーブルのレースは鳥肌がたちました。
調教が速すぎたので掛かると思い、ナムラから勝負したのですが、次元が違いましたね。
あんなレースは新馬戦ぐらいでしか見られないと思っていましたが、いやいや、恐ろしい馬ですね。

アルフレードは残念でした。
ティアさんの言う通り彼はマイルまででしょうね。
ただ、私は東京のマイルだと長いのでは?と感じています。
しかし、関東の星ですから頑張って欲しいですね。

2012/03/22(木) 01:34:38 | URL | 赤児 #-[ 編集]
赤児さんへ
オルフェーヴルはちょっと有り得ないレベルですね。
新馬ならまだしもG1馬を相手にあの競馬をするなんてバケモノにも程があります。
ブライアン、ディープインパクト然り、三冠馬というのはやはり特別な存在なんだな、と再認識させられましたよ。

アルフレードは将来的にはともかく、マイルCまでは東京でも好戦できると見ています。
今現在マイルCに出て来そうなメンバーで距離に不安がないのは、おそらくアーリントン組とブライトラインだけです。他は皆似たようなもの。
出資者の方は残念かもしれませんが、あれだけ負けた事で逆に攻めやすくなったと思います。

このクラブはクラシック大好きなので、そこだけが少し怖いのですけどね(^^;)
2012/03/22(木) 08:36:09 | URL | ティア #-[ 編集]
まさしくマキバオーの住人
オルフェは化物ですね

一瞬ヒヤリとしましたが、4角から直線は爆笑しちゃってました(苦笑)

もう、彼には手がつけられませんね。



アルフレードに関しては、NHKマイルは私ももつと思います。
人気が落ちれば本命予定です♪
2012/03/22(木) 21:08:57 | URL | プリニー #-[ 編集]
あのオルフェは凄かったですね。
まるでゲームとか別世界ような出来事でした。
一旦、スイッチを切ってしまった状態+あの位置から想像付かない巻き返しを見せる辺りなど普通の3冠馬でないと思います。

アルフレードは距離・体調・馬場なんでしょうね。
芝馬での代表産駒のベースもないですし、掴みかねる面もあるんだとは思います。

でも、馬自身も可哀想なのは実質3戦しかしてない訳ですから・・
こんな簡単に何でもかんでも期待通りなら、それこそオルフェ越えですね(笑)
改めて頑張って欲しい1頭ですね~
2012/03/23(金) 17:18:49 | URL | よしくん #Ikw2gbBE[ 編集]
ティアさん、こんばんは  
勝手ながらリンクを貼らさせていただきました
不都合等ありましたら、お手数ですがご連絡くださいm(__)m
2012/03/25(日) 23:16:48 | URL | プリニー #-[ 編集]
プリニーさんへ
新馬や未勝利ならまだしも、GI馬が相手ですからねー^^;
クレセントにせよジャガメにせよ3000超のレースなら現役でもトップクラスでしょう?
三冠馬というのは凄いんだなぁ…と、痛感した次第であります。

ディープと比べて地味な印象がある三冠馬でしたが、あのレースでファンは増えたかもしれませんね(笑)

マイルカップは今の所ジャスタウェイ本命予定ですが、三連複の相手にはアルフレかなと思っとります。
この先はともかく三歳の春までならマイルでも結果は出せるでしょうし、距離と言う点では他の馬の方が不安ですよね。
サンカルロより柔らかい走りが出来るのは強みだと思います。
2012/03/26(月) 16:45:00 | URL | ティア  #-[ 編集]
よしくんさんへ
本当、ぶったまげましたねあのレースには。
(故障でなくて本当に良かった)
ギャロップレーサーとかで同じ乗り方しても、もっと惨敗すると思います^^;
事実は小説より奇なり。まさにそんなシチュエーションを最近良く見かけるのですが…笑。
あんまりヒヤヒヤさせるのは勘弁願いたいものです。
三冠馬ってやっぱり普通じゃない。いや、普通でないから三冠馬なのか…。スプリングSそっちのけでそんな事を悶々と考えておりました。

アルフレードの根本的な敗因が馬場や距離にあったにせよ、確かにこれまでとは立場やプロセスが異なりますね。これまでの三戦は全て馬の体調や適正に合わせて使われたもの。
よくよく考えてみればレースの方に馬を合わせて調整されたのは今回が初めてなんですよね。
絶対に巻き返さねばならなかった1、2着とは立場も違いましたし、戦前から厳しい条件が揃っていたと思います。
負けを経験した事で、ここからは責めることもできるでしょうし、本番での巻き返しに期待したいところです。
負け知らずだった友人にも良い薬になったかもしれません笑。
2012/03/26(月) 17:28:10 | URL | ティア  #-[ 編集]
プリニーさんへ
いえいえ、不都合など1クリティカルもありません笑。
ばんばん貼っちゃって下さいませi-88

それでは僕の方にも登録させて頂きますので、相互リンクという形に致しましょう。
今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m
2012/03/26(月) 19:35:50 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。