管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは意外とイイ感じ!
2012年04月17日 (火) | 編集 |
昨日キャロット二歳馬の近況が更新されましたが、これがどれも嬉しくなるような状態にきていました(一頭を除く)。
これは案外、デビューも早いかもしれませんね。

ジンジャーミスト順調に調整が進んでいることから美浦トレセンへ移動することとなりました。今後の体調と検疫の都合次第になりますが、今のところ19日にNF早来を出発し、NF天栄を経由して21日に美浦トレセンへ入厩する予定です。

毎週、ミストの更新見ながらジンジャーエール飲むのが日課となりつつあるのですが、なんと早くも美浦に入厩ですか!!
これはデビュー戦勝ったら我が家でしょうが祭りを開催せざるを得ないではないかw

まぁ真面目な話『芝でどうなんですか』って当然の疑問が沸きますわな。
今年から新馬戦が前倒しとなり、早ければ東京開催にも間に合いそうな状況なんですが、いくら軽さやバネを感じさせるからと言っても、本質はダート馬だと思います。
って言うか、一見芝向きに見えてしまうのが、バーナーディニ産駒特有の罠でもある。
(例・ゲンテン、アメリカンウィナー等など)

それでも、素質の高さで押し切れなイカ?とか、能力的にサトノジョリーくらいは…とか、最終週の東京なら…みたいに考えてしまうのが出資者の常。
早期デビューできれば、その分だけ勝ちあがり率も高まりますし、早いうちの軌道修正も可能となります。
今は素直にその事を喜びたいと、そう思っています。


カドリーユ…(中略)半兄コールトゥバトルは先日行われたバリサックスステークス(愛GⅢ・芝2000m)で2着に入線しました。

馬自身の状態は平行線なので、今回はこの部分に触れてみたいと思います。
コールトゥバトルの動向は僕も常時チェックしておりましたが、これはクラシックに乗ってくるかもしれませんよ。
レースに勝ったのはテオフィロ産駒ライトへヴィー。前走で2000ギニートライアルSの覇者ファーナーズグリーンを破っている馬。これで三戦ニ勝。
バトルはニ馬身半差の二着でしたが、人気ではこちらが上でした。既に準重賞を勝ってますから、前走が初勝利のへヴィーより人気になるのは当然と言えば当然。戦績は4戦2勝。二着が一回。
デビュー戦の6着はマイル戦で、やはり距離が伸びてから頭角を現してきたようです。

バトルの父はキングスベストですから、同列には扱えません。
が、やはりこの血は重厚なステイヤーっぽい印象を受けますね。
オークスが先週の皐月賞のような馬場になれば、カドリーユも相当期待できると思うんですけどね笑。


クロムレック現在は週4日1000m周回ダートコースをスローキャンターで1周半しています。また残り2日は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっており、そのうち1本はハロン15秒まで進めています。ハロン15秒の調教ペースでも手ごたえが鈍ることはなく、最後までしっかりとした脚取りで坂路を駆けることができています。今後は早期入厩に向けて、しっかりと乗り込んでいきたいと思います。

こちらも「早期入厩」の文字が出てきました。
たぶん、いつもの新潟マイルでデビューさせる事になるかと思われます。
そして早くも厩舎に軟禁宣言が飛び出して、いつの間にか先生が調教に跨っているんですね笑。

ただし、この馬も7:3でダート馬な気がするので、新潟の芝はどうなのだろうかと半信半疑ではありますが、能力は相当だと思っています。
とにかく期待の大きな馬なので、夢を見せて欲しいですね。


ブロードソード現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で駆け上がっており、そのうち1日は2本のメニューをこなしています。残り3日は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周半しています。坂路コースの登坂回数を増やしていますが、脚元や体調面に不安を見せることはありません。登坂時に見せる動きは変わらず抜群で、非常に安定した走りで調教をこなしています。

今日のデイリー馬三郎と報知のPOGブログに記事が載っていました。
情報によると、現在は512キロ。今までの子は小柄で出世できなかったが、この子は違う。
しっかりした骨格だけれど繋ぎが柔らかく、身のこなしも軽い。ノーザンの秋田場長も今までの産駒で一番良いと仰っていた。等など。

こういう記事は経験上あまり鵜呑みにしない方が良いと思うのですが、やっぱり悪い気はしないもんです。
今までの子とは出来が違う…の辺りは、僕もそう強く感じたからこそ出資した訳で。
ファンの多い母ですから、ここらで一発、大物出現といきたいですよね。


現役馬にも頑張って貰わなくてはなりませんが、今年の二歳世代、当初の期待よりだいぶ上積みが見込めると思っています。
これにホアピリとエピファネイア。そのどちらかでも居れば、最高の布陣で臨む事が出来たんですけどねぇ…。
全く、惜しい事をしましたね^^;


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大変遅くなりましたが(そして、いろいろあったようですが)、アースガルドおめでとうございます♪


ティアさんのキャロット2歳チームは凄いですね  
たしかに、このメンバーにエピかホアピリがいたら、最強でしたね

ウチは唯一クラシックの樫を目指せると思っていたご一緒のカドリーユが不安ですが、なんとか馬体の成長が上手くいって安心させて欲しいですね
2012/04/18(水) 20:43:36 | URL | プリニー #-[ 編集]
遅くなりましたが、アースガルドの勝利、そして口取り、おめでとうございます 

2歳馬も順調な馬が多くて何よりですね。これからの時期はますます楽しみになりますよね
2012/04/19(木) 19:11:44 | URL | 桜 #-[ 編集]
さて、ご一緒のジンジャーミスト(AMEX)ちゃんが楽しみになって来ましたね。
競走馬に多々見受けられる段々と見た目が悪くなる・・でなく成長曲線が非常に良くまとまってきた1頭で楽しみになって来ました。牝馬らしく素軽さが伴ってくれれば芝でも最低限の仕事はしてくれると期待してます。

カドリーユは器用さに欠けそうな感じにも見受けられるので、
ある程度の成長を見守ってデビューして欲しいです。
血統的にもキレで勝負出来るタイプではないと思うので、
ピュアブリーゼのような道のりだと面白いかも知れません。
ご一緒に口取りも意識させてくれるような走りに期待したいですね(笑)
2012/04/21(土) 02:21:31 | URL | よしくん #-[ 編集]
ティアさんちの二歳勢は順調のようで何よりです。
ご一緒しているブロードソードともどもどの馬たちもがんばってもらいたいですね!

さてがぜる厩舎は二歳勢がそのブロードソードしかいなかったのですが、グリーンのマル外に突撃してこの世代の二頭目に行ってしまいました。

本当はティアさんに見解をお伺いしてからと思っていたのですが、ちょっとまだドタバタしているのもあり会員優先期間にも出し忘れてしまい、一旦は止めようと思ったんです。

でも3回くらいこれがこうなったら申込んでみようかなというミッション(?)をクリアし、20日の電話もスムーズにつながり縁があるんだというふうに思い込み出資しました。w

キャロのマル外の話もあったので悩んだのですがねえ。
とりあえずカルドに来週がんばってもらって財布を助けてもらえればと思ってますw

それではまたご連絡させて頂きますね!
2012/04/21(土) 16:17:12 | URL | がぜる #bxvF113M[ 編集]
プリニーさんへ
プリニーさん、ありがとうございます。
そして、そうこうしているうちに今週も出走を予定しておりますので、応援の程よろしくお願い致しますm(_ _)m

二歳勢の現時点の満足度はほぼ満点です。どの子も良い感じで来てますし、ジンジャーに至っては東京デビューさえも有り得るかもしれませんね。
カドリーユは最初から覚悟してたので、ショックはそれ程大きなものではないのですが、この成長の仕方によって将来が決定する。それくらいに考えています。
なんとか良い方向へと、ただただ祈るばかりですね。
2012/04/22(日) 19:47:53 | URL | ティア  #-[ 編集]
桜さんへ
こちらこそお返事が遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

アースガルドは休みを挟んで復調してくれたようです^^
今の所、こうなってくれると良いな…と自分が思い描いていた通りに事が進んでいるので、あとは完全復活を待つだけですね。先生方の対応も今ならもう大丈夫だと思っています。
宜しければ今週も応援してやって下さい。

順調な二歳も楽しみには違いありませんが、今は社台のドラフトの事ばかり考えています^^;
24日頃にラインナップ表が届く予定なのですが、既に気が気じゃありませんよ笑。
2012/04/22(日) 20:00:53 | URL | ティア  #-[ 編集]
よしくんさんへ
AMEXちゃんは素晴らしい流れで来てますよね^^
仰る通り、頓挫したり馬体バランスが崩れたり、何かしらの形でペースダウンする馬が多いこの時期において、身も心も充実する一方ですからね!
カタログで初めて見た時は、まさかここまで期待できる馬になるなんて想像もできませんでしたよ笑。

油断は禁物ですが、この時期の新馬なら素質だけでも勝ち負けできると思っています。
それよりも、いかに今後に繋がるレースに出来るか、でしょうね。
サトノジョリー同様に、僕も芝がからっきしだとは思いません。むしろ芝向きに見え過ぎる事が現状の心配点です^^;
後々を考えるとどっちつかずになると非常に困るんですが、適度な軽さはあった方が良いですしね。このあたり非常に難しいのですが…。

カドリーユは全くその通りだと思います。
競走成績もピュアブリーゼ級であれば言う事ないのですけどねー^^
手足も長いのでベストはやはり東京か、中山を走るのなら、皐月賞ぐらい荒れていた方が良いと思います。
でも、ピュアブリはひとまず置いておくとしても、まともなら能力は相当なものだと信じていますよ!
2012/04/22(日) 20:17:43 | URL | ティア  #-[ 編集]
がぜるさんへ
がぜるさん、こんばんわ。
タイプは異なりますが、ご一緒のブロードとグリーンのマル外は適性が近いと思われます。
僕の見解は前にブログで書いた以上の内容はありません。
非常に解りやすいキャラクターだと思いますよ。
グリーンのマル外は成績も良いですし、今年のもポテンシャルは感じるものがあります。
当たり前の事ですが、とにかく順調であることが何より重要だと思いますね。

キャロットの方はまだ馬体も知らないし、どうこう言うべきではないかもしれませんが、日本でブルーグラスキャットのイメージは正直沸いてきません。それならばオフィサーの方かな…という感じです。

来週は僕も現地観戦予定なので、カルド君の馬体をしっかり目に焼き付けてこようと思っています。
牧場でもしっかり見てきた馬なので、再会を結構楽しみにしているんですよ^^
2012/04/22(日) 20:43:42 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。