管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー②
2012年05月29日 (火) | 編集 |
あんな素晴らしいレースを見た後に今回のような話題は本来避けたいのですが、不満もいくつか残りました。敢えて書かせて頂きます。
これは自分の出資馬でも度々苦言を呈してきましたし、最早毎年の事なのですが…。
クラシックは特別だから…なんて安易な理由でエゴを押し付ける陣営には吐き気がします。

そうです、ダービーは特別なんですよ。
だからこそ生半可な覚悟では決して通用しないレースなんです。
勝利した岩田騎手が、あと一歩で敗れた蛯名騎手が、揃って人目も憚らず号泣する程に。
誰もが欲しいから、目指しているから、全力だから…清々しくもあり、あの重みが生まれるのです。

もしあの時、自分もアルフレードに出資していたら…。
やっぱり怒っていると思います。
よくもまぁ、大いなる夢を…なんて台詞が吐けたものですね。
夢なんて言葉、軽々しく使うな。幻想の間違いだろ。
それを口にして良いのは、その『夢』に向けた努力を終始徹底できた者だけですよ。

僕は「○○なんてやってみなければわからない」という言葉を、恥じる事も無く平気で口にするプロが大嫌いです。
(承知の上で使う陣営も問題ですが)
安易に馬の尊厳と誇りを傷つける行為は決して許されません。
これが例えば新馬戦であったり、芝で頭打ちになった馬がダートに活路を見出してフェブラリーSを使うとか、エアジハードのようにマイルで頂点に立った馬が自身の価値を更に高める為に中距離G1を使う、と言う事であれば、それは挑戦として認められる行為なのかもしれません。

しかし、自分の得意舞台でこの先頂点を狙える可能性を秘めた若駒を扱う場合には話が別です。
安田記念は来年でも挑戦できる。なんてコメントを毎年見かけますが、そもそも来年以降も五体満足に走れるという保障が一体どこにあるんでしょうか?
たった一つの失敗が競走馬生活の歯車を大きく狂わせる事がある。それも決して小さくない可能性で。
そのリスクについて、あまりに軽視し過ぎではありませんか?

何も過去に一口馬主で辛い思いをしたからだとか、それだけを理由に自分を重ねて感情的になっている訳ではありません。
(勿論、自分の友人やお仲間さんに同じ思いをさせたくないと言う気持ちはありますけど)
僕が競馬をしていて最も不快感を覚えるのは、素質ある馬達が人為的に潰されていく場面に直面した時なのです。

普段色々言ってますが、僕だってクラシックには憧れがあります。
いつか自分も歓喜の涙を流したいと。
だけど、その幻想に巻き込まれて散っていった馬達もまた何十、何百と目にしてきました。
それは本当に避けることの出来ない、どうしようもない事だったのでしょうか?
少なくとも自分にはそうは思えません。

人の価値観は十人十色。色んな意見があるのは当然です。それは解っている。
ダービーも、クラシックのあの雰囲気も、僕は大好きです。
だけど、クラシック至上主義は大嫌いです。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
仰るとおりですね。
それだけ特別なレースだからこそ、やたら滅多、拘ってもらいたくないです。「やってみないと分からない」なんて言葉も聞きたくないです。
アロヒラニは北海道シリーズへ向かうということですが、まさかの出資馬の苦戦を祈るなんてことはしたくないので、菊については、どうか馬にベストな選択をしてもらいたいですね。しかし、洋芝はアロに合うのでしょうかね…。

なお、あれだけ楽しみにしていた来週10日の新馬ですが、まさかの出資馬被りになりそうです…微妙ですね。1次で悉く外れ、勢いで出資してしまったアステリックスがこんなところに出てくるとは思いませんでした。必然的に本命出資のクロムレックに贔屓目で応援することになってしまうでしょうから、これはそんな動機で出資した自分への罰だと思っています(x_x;)キャロットは依然として会員が増えているようですし、今年はより熟慮を重ねて、欲しい馬に出資するよう努めます(笑)。
2012/05/30(水) 21:22:01 | URL | ぽぽぽーん #-[ 編集]
ダービー
凄いレースでした。
今年は岩田が勝つと思ったので、本命はブリランテでした。
馬券的にはフェーノーメノを切ってしまったので、単のみでしたが、岩田騎手の初ダービーを応援できて最高でした。アドマイヤムーンの時のようなレースを期待していたので、期待どうりのレースでした。
ウィリアム騎手も凄かったですね。
ダービーはやはり騎手で買うのがいいのかもしれません。
フェーノーメノは新馬から蛯名騎手が乗っていれば勝っていたような気がします。

アルフレードは使うとは思いませんでした。?ですね。ヒストリカルは別かもしれませんが、適性はNHKの方だったような気がします。

2012/05/31(木) 00:10:30 | URL | 赤児 #-[ 編集]
ぽぽぽーんさんへ
実際、ダービーはデビューから一貫してダービーを目標に取り組んできた陣営と、東京2400に強い適性を持った馬達で掲示板を占めましたからね。
頭をフル稼働して馬にとって最善の道を選び、高みを目指すのがプロの役割というものです。
ましてや誰もが目指す大舞台で付け焼刃では…結果は見るまでもありません。
馬にもレースにも、もう少し敬意を払うべきだと思いますね。

アロの洋芝適性は僕も測りかねています。ベストではないでしょうが、今の馬格があれば対応はできるのでないかとも考えています。
勝ち負けより、暑い時期を北海道で過ごせるのが良いですね。おそらくその点を重視したのでしょう。
適度に頑張って貰うか、距離に不安を残す内容で勝ち上がってくれるのがベストですかね笑。
馬体は本当に良くなっていると思うので、休みを挟んだのはやはり結果としてプラスに働いたと思います。
絞ってない状態とはいえ、全兄と60キロも体重差がある事に驚いておりますよ。

新馬で被るのは辛いですよね^^;
しかしこの時期でまだ良かったとも言えます。できればご一緒のクロムレックが上に来て欲しい所ですが、アステリックスも現状ベストの条件だと思います。
最初ですし、とにかく無事に気持ちよく回ってきてくれる事が第一ですね。
2012/06/02(土) 22:29:21 | URL | ティア  #-[ 編集]
赤児さんへ
アルフレードは残念でしたね。勝ち負け云々よりこの後が心配です。
彼にとって当面の目標はカレンブラックヒルのはずです。相手が理想的なタイミングで充電に入ったのにこちらはいらぬダメージを蓄積させてしまった。これでは差が縮まるどころか広がる一方です。
なんとか種牡馬にさせてあげたいので、ここからは本当の意味での馬優先主義を徹底して欲しいと思います。

一方で完璧だったのがブリランテ陣営とホマレボシのウィリアムズですね。
ホマレボシの持ち味を100%理解しているが故の騎乗だったと思います。あの馬はあれで良いですからねー。
それ以外でも、彼は基本脚を余す負け方はしないですよね。そこが本当に良い。
少なくとも僕は脚を余して負けるより、出し切ったあとに後ろから差される方が100倍マシです。
今の日本人騎手は逆のケースの方が目立つだけに余計に輝いて見えますね。

フェノーは全くその通りだと思います。
あのハナ差は騎手と馬が共に積み重ねてきた時間の差ですよね。あれこそ必然だったんじゃないかなと、今では思います。
ダービーは気持ちの良いレースになる事が多くて、あの清清しさが自分は好きです。
来年もまた素晴らしいレースが見たいですね。
そして再来年には、あの場所に自分が立てるよう、精一杯努力するつもりです^^
2012/06/02(土) 22:59:56 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。