管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリティカルと注目新馬
2012年07月28日 (土) | 編集 |
急遽出走の運びとなりました、クリティカルヒットのコメントです。
ぶっちゃけダートが良かった…。

「先週の動きが上々でしたし、これならばいい形で競馬へ向かえるなと思っていました。帰厩当初はいちおうの目標として燕特別をメインに考えていたのですが、追い切り後の感触もよくこれならば前倒ししても大丈夫かなと思えました。それで水曜日にストーンヘンジを目標にして動かす追い切りを行ったのですが、良かった。この気候ですし、最終的には追い切り翌日の今日までしっかり確認したうえで判断したいと思っていましたが、今日の調教でも気になるところはなかったし、元気いっぱいなので今週の競馬へ向かうことにしました。大きな馬でまたさらにパワーアップしていると思いますがバランスはいいし、見た目は悪くないですよ。未勝利時に中山のダート1800mで勝ちましたが、メンバーを考えて2戦目、3戦目はダートを使っただけで、芝はもちろん大丈夫。勝ち上がったあとソエが出てしまったから叶わなかったですが、大丈夫ならば東京の芝を使うことも考えていたくらいですし、今回改めて芝を考えたいと思います。勝ったときのような走りができるのであれば内回りでも問題ないでしょうし、2400mを2戦目で乗っている岩田で向かいます」(戸田師)

これは先生が菊花賞を見据えているからこその選択でしょう。
確かに菊へ挑戦するのであれば経験しておいて損のない舞台です。

今年の三歳上位陣、ステイヤーの存在はほぼ皆無。
更にダービー馬不在。
ワールドエースが頓挫。
フェノーメノが古馬路線へ。
そうなるとせいぜいゴールドシップしか居ませんから…。
ついつい行きたくなる気持ちは解らないでもありません。

長い所が向いている、という騎手の言葉にはどうしても引っ掛かりを覚えますが(僕も2400までは対応出来そうな気がしますが)、ここを勝ち切るようであれば、少なくとも文句は言えなくなりますね。
しかもこのレース、パッションダンスが来るのですよね。
あの馬に勝てるようなら、世間的にも注目の上がり馬ということになるでしょう。
まぁ、文字通り会心の一撃を決めなければ倒せない相手です。強いですよ、彼は。
現実的にはクリティカルヒットって言うより『まじんぎり』ですかねぇ。

個人的意見を言わせて貰えば、今後の方針がどうあれ今回この条件を走らせる事には断固反対なのです。
骨折経験のある馬が、ソエ明け一戦目から新潟のコンクリ馬場、それも初体験の距離を走る必要がありますか?
ましてやあのフォームで岩田騎手ですから、僕は結果よりも脚の方が心配ですよ。
負けるにしても『休み明け』という言い訳ができる為、これで今後一切芝を諦めるという話にもならないでしょうし。

出る以上は応援しますし、能力も確かなので一応勝利まで期待してみますが、トータル的に見て不安の方が大きいのは確かですね。
新潟を二回使えそうなのは嬉しいのですけど、今回はとにかく無事を祈るばかりです。


それと、今週は注目の新馬が続々デビューするみたいですね。
まずはシルクのラトーナとエヴリシーズン。

ラトーナは初めて見た時から良いと感じていた馬ですし、ハービンジャーの手がかりになるかもしれないので注目です。
エヴリは先月この馬で入会しようかと考えていました。締め切っちゃったので結局見送りましたが、ノーザンF生産馬以外の募集馬がどれだけ走れるのか、気になる所でもあります。

グリーンのハーツ産駒ウイニングスターは切れがありそう。
小柄な点など気になる箇所はありますが、これもなかなか楽しみ。

マイネルからはエテルネル。タマユズ産駒ですね。
タマユズは強い馬でしたが日本での適性は未知数。
それでも、本馬はなかなか見所のある造りをしていましたからね。
これで駄目ならタマユズはもうお手上げ。僕にはよう解らんです。

でもまぁ、こうして色んなことを考えつつ観戦できるのは新馬戦ならではの楽しさですねー。


※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさんの御意見、付け足すことは一切ないです。デカい上に、脚元が固まっていおらず、ソエ明けのクリティカルを、下が固い新潟で走らせる意味が解りません。菊を見据えてだとしたら、他の選択肢もあったでしょう(-"-)
クリティカルの現状を考えると、正直、菊花賞なんてどうでもいい話です。今年の菊花賞の出走想定メンバーを考えると色気を持つ気持ちも分からないではないですけどね…。
そんなで、将来が楽しみだからこそ、とにかく慎重にいってもらいたいところですが、そこは戸田氏。クリティカルの脚元については新潟の芝に十分耐えられると考えてのことだと思います…思いこむようにします。
とにかく無事に、レースを終えてもらいたいですね。
2012/07/28(土) 02:01:24 | URL | ぽぽぽーん #-[ 編集]
ぽぽぽーんさんへ
今日はお疲れ様でした。まぁ、ほぼ予想通りの内容と結果でしたね。
確かに実はソエの回復が早かった、足元が固まってきた。などの理由はあるのかもしれませんが、消耗品には違いませんからね。
本当に芝馬なら今日のような負け方はしませんし、新馬戦にせよ上位に割って入るくらいの事はできたと思うのです。先生がsmart産駒を美化するのは今に始まったことではありませんが、ステイヤーはまず居ないって事も良い加減認めて欲しいですよ…。
今回の収穫は芝での底が見えたって事と、一叩きできた事くらいですかねぇ。
とにかく無事を祈るだけですね。反動なく次走に臨めると良いのですけど。

来週は二頭出しなのでお互い更に大変ですね笑。
少なくとも今週よりは期待できるでしょうし、特にクロムの方はここで勝っておきたい所です。
2012/07/29(日) 22:47:53 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。