管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加UP トキオリアリティー
2012年09月08日 (土) | 編集 |
トキオリアリティーの分が抜けてたので追加記事をUP致します。

はて、こんな良い子がいたっけか?と思わず立ち止まって眺めてしまった馬でした。
毛色を見て最初ディアデラかと思いましたが、その正体はトキオリアリティー。
大柄で恵まれた馬格ですが、重苦しさを感じませんでした。造りも頑丈そうなので、芝でもダートでもどちらでも期待が持てますね。
もしこの世にリアルインパクトが居なければ、或いはG1馬でなければ、きっと出資候補の一般枠に入れていたと思います。それ程に馬体は魅力的でしたね。

引き手の方はどちらでもいけそうだが、多分芝向きではないかと仰ってました。
アルフレ持ってる友人にはルシルクよりこちらの方を薦めておきましたが、本人はまだ悩んでいるみたいです笑。


時間の都合上見て来れませんでしたが、ヴィートマルシェ。こちらも評判は良かったですね。
マルシェを切ったのは『いーからダイワメジャー種付けしろや!』ってな個人的願望が最大の理由ですからw
馬体のつくりは結構上の方だと思いますよ。
それに配合的にもインペリアルマーチとほぼ一緒ですから、ネオユニが悪い筈もないんですよね。

クルソラもアルゼンチン産馬でなければ、アベレージヒッターとして人に推奨していた筈です。
今年はロブロイ祭りみたいですが、ネオユニ産駒のレベルも相当高いのではないでしょうか?

『二匹目のドジョウ』は十分有り得ると思います。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。