管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜しくない敗戦
2012年10月01日 (月) | 編集 |
レース後の更新となってしまいましたが、昨日クリティカルヒットが出走し、惜しくない二着に健闘しました。
今回は相手を褒めるしかないですね。
ハスラーより強くて、ホノカアボーイと接戦を繰り広げ、重賞や準OPでの経験を持つ馬が相手だったと思えば、納得のいく敗戦でもあります。
自ら勝ちに行く競馬をしなければ8馬身千切られる事はなかっただろうし、実際着差ほどの力量差は無いと見ています。(乗り方次第では二馬身差位だったんじゃないかな^^;)

現地観戦していた友人情報によると、フットワークがまだ良かった頃のものでなかった。との事でした。
勝った時に鞍上も『このクラスに居るような馬ではない』とコメントしていましたし、成長途上と言うよりも、体調がまだベストの出来になっていないのでしょう。

ここ二戦の敗因はやはり夏バテ(という程でなくとも影響はあった)か、ソエが完治しておらず、骨折経験とあいまって、馬自身が加減したものと考えているんですが、一つ気になっている事があります。

好走したのは全て中山(小回り・右回り)。
左回りで直線の長い府中と新潟では掲示板にすら載っていませんよね。

つまり、
①小回り巧者or広いコース不向き
②骨折の後遺症(肉体面)
も一応考慮しておく必要があるのかな、と。

個人的には単に芝と仕上げと体調の問題であって、たまたまだと思ってるんですけどね。
実質やや重に近かったとは言え、良馬場発表のダートで二着になったのだから、パサパサの砂が合わないとも思えません。
現実に三着以下は離しているのだから、このクラスでは勝ち負けできると見て良いでしょう。

しかし、この馬に求めているのはそんなレベルの話ではないので、しっかり体調を整えて次はアッサリ決めて欲しいというのが本音です。
来春降級するまでに1000万で勝ち負け出来る位のレベルには持っていきたい所ですね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
クリティカルは惜しくない2着でしたが、早めに動くという、この馬のスタイルの競馬が出来たので、まあまあかなということで、サバサバして現地から帰ってきました。心身ともに幼いのは否めないですし、頓挫することなく、使われつつ成長してくれればいいと思います。持っているポテンシャルからすれば、力はあんなものではないと信じていますから!(^^)!

そういえば「会員の集い」のお誘いが来ていましたが、まだ育成初期の段階の馬しかいないのでは、おそらく何も話すことはないので、今年は遠慮して再来年かなーと思っています。ちなみに場所は変わらないのに会費はキャロの1.5倍なんですね、さすがです(ノ∀`)

あと全然関係ないですが、08年マイルCSで2着→3着の馬単で大勝負していたことを先日、ふと思い出しました。ブルーメンとの縁は親子共々、微妙なようですw
2012/10/01(月) 10:46:53 | URL | ぽぽぽーん #-[ 編集]
ぽぽぽーんさんへ
まだ体調もベストではなさそうですし、このクラスはそう遠くないうちに勝ちあがれると思います。
ただ、骨折に加えて一歳時からゆるゆるだった馬ですから、他の馬よりだいぶ成長が遅いのだと思います。
アロヒラニ共々、僕の09産はどうにもオクテでやきもきさせられそうです。
もちろんスケールはあんなものではありません。
ま、当分はOPでどうとか言うのは止めて、気長に待ってみるつもりです。
実際使われつつ内容も上向いている訳ですから、その点は一安心しています。

社台はセレブなイメージが先行してるかもしれないですけど、見学ツアーはキャロットより安くてゴージャスなんですよ笑。
一泊ツアーはオススメです^^

あ、そのレースは自分も派手に負けました。
まさかホーネットに勝てるとは思っていなかったので^^;
そういう縁と言うか、因縁のようなものも長くやってるとありますよねぇ。
2012/10/03(水) 00:28:40 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。