管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハングリーハーツ
2012年11月03日 (土) | 編集 |

先週のヒールゼアハーツ。
前走後も馬体に問題はなさそうで、このまま続戦出来る見通しです。
しかし私見ですが、今回の相手だと2000Mでも厳しそうですね。
このレースは500万と呼ぶには豪華過ぎました。1、2、4着馬は上のクラスでも即勝ち負けできる器です。
連中にああも差を見せ付けられると、クラスが上がっても枠でどうこうと言える様な立場ではありません。彼らとはキレとスピードに明らかな差がありましたし、メンバーに恵まれないと難しいうのはどうやら2000も2400も同じ事のようです。
と言うか、この馬がスカッと勝ち切れる条件と言うのが見当たりません。
ベストは東京の2200~2300なんでしょうが、前者は存在しませんし、後者の番組も年間通してごく僅かしか組まれません。
現実的に考えて、東京2400で好騎乗してもらうしか道はなさそう、というのが今回得た感想です。

あと不利に関しては惜しいとか勿体ないではなくて自業自得です。
スミヨン相手に喧嘩売るなんて最低の選択肢ですよ。
馬の馬力も、ああいう時の騎手の技術も、気持ちも、全て相手の方が上でした。

やられたらやり返す、って考えは嫌いです。甘いんですよ。
やり返すなら絶対に勝て。三倍返しが基本だろう!
返り討ちにあってどうする!!
勝てないなら余計な事するな!あれで一番傷つくのは馬なのだ。
新馬戦の審判も含めてあれでは嫌いな騎手に対する腹いせ行為。勝つ為の最善策とは程遠い低レベルな嫌がらせにしか見えませんでしたよ。

今に始まった事ではありませんが、日常世界の私情や人間関係・上下関係を試合にまで持ち込むんじゃねえ!!と僕は声を大にして言いたいです。
そもそも強引に競りかけられた、ぶつけられた、危ないだのなんだので文句言うくらいなら騎手なんて辞めてしまえば良い。
周囲に気使って手を緩めるなんてのもヤラズと変わらんですよ。
そんなジョッキーが居たら僕なら即効クビにしますね。

強い馬が居て、そいつに終始ノビノビと走らせますか?
蓋されて身動き取れない時、ただ黙って道が開くのを待ってるのか?

そっちの方がふざけるな、だ。

彼らは馬の上でもそれ以外でも勝つ為の努力を惜しまない。
『内が開く保証もありませんからね…』
なんて言ってる限り、そりゃあ彼らには勝てませんよ。

どのみちシャドウパーティーには勝てなかったと思うので、不利に関してどうこう言うつもりはありません。

ただ先週は外国人騎手と日本人騎手(中央組)の意識レベルの差、そしてハングリー精神とでも言いますか、勝つ為の判断力・決断力の差を見せ付けられたような気がします。

G1になると地方出身騎手と外国人騎手ばかり活躍しているのは単に馬質だけの問題ではないと思うのです。
年間通して様々な外国人ジョッキーが来日するようになり、何処の国の競馬かわからなくなりそうです。
そんな現状に冷めてしまう競馬ファンも少なからず存在するかもしれません。

でも、社台グループをはじめ、外国人騎手に乗って欲しいと願う馬主さんの気持ちがとても理解できますよ。最近は寧ろそりゃそうなるわな…って感じです。
技術云々以前にもっと省みる点があるんじゃないですの?と、思う機会が増えている訳です。

社台の代表が海外から騎手を連れて来なくても良いように、日本の中央出身騎手には勝負師としてもっと高い次元で励んでもらいたいものですね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。