管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要立て直し
2012年11月05日 (月) | 編集 |
もう一頭出走してましたアロヒラニ。

レース振りに関して特にコメントすることはないですね。
スローペースで33秒台の脚を使えることは札幌の一戦で把握してましたし。
着差ほど負けていないんですが、中途半端な状態で使ったせいで得られるものも無かったように思います。というか、マイナス10キロとソエのダブルパンチでよく使ってきたなと。
放牧に出すのは当然ですが、この一走は完全な蛇足。
クボタンマジックがとうとうこの馬にも炸裂しちゃいました。

降級までに勝っておきたい所ですが、ラロメリアと同じ道を辿りそうな予感がします。
復帰後はどうにも噛み合っていない感じですね。
札幌の除外からグダグダ感を引きずりっぱなしで、心身が走れる状態になかったのだと思います。そういった要素を跳ね除けて勝つほどの力はまだまだ備わっていないですからね。

アロに関しては菊花賞参戦を回避できただけでも良しとしなければなりません。
今のグダグダはその代償だと捉える様にしています。
新馬戦や二戦目の内容からも500万で足踏みしているような素材ではないので、まずは走れる状態までしっかり造り直して欲しいと思います。


話は変わりますがファインセラの11。
今月の画像も良い感じですね。
後躯の造りはこれまでの産駒の中でもベストなんじゃないでしょうか?

飛節の骨量も十分で、全体的なバランスも申し分なし。
一番遅生まれの11が案外一番早く大成できるかもしれませんね。

ファインセラ11・11

そしていつかお話した、今となっては全て遅い夢物語なのですが、母ファインセラには一度で良いからジャングルポケットを付けて欲しかった。
ダービーフィズやサトノグロリアスの走りを見てつくづく思います。
このドイツ血統に最も適しているのは、やはりジャンポケだったのではないかと。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アロヒラニは色んな意味で予定狂いましたね。
こんなハズでは…w

個人的には1000万クラスなら十分に勝ち負けだと・・・
まぁ、この血統なので・・・^^ あわてずですね~

ファインセラ11ですが、かなり期待出来ると思ってます。
筋肉量も良いし首差しも兄弟の中では良い方です。
ラロメリアにこうなって欲しかったと思う典型的な感じかもですね(笑)

一緒に口取りしましょう!
2012/11/06(火) 23:28:04 | URL | よしくん #-[ 編集]
本当にジャンポケ付けて欲しかったです
本当にそう思います。
キンカメだと軽くてキレるだけですが、ジャンポケだとキレキレの上に重厚さも併せ持ちそうな、素晴らしい仔が生まれていたのではないか?・・・という疑問をいつもいつも抱いてしまいます。

あれだけ出資したかった、ファインセラの11に出資できなかった悲しさと、もう見ることが出来ない配合の仔を思うと胸にモヤモヤが溜ります(苦笑)。

まぁ、他にもトゥザグローリーとセレブリティモデルというモヤモヤの原因がありますけど・・・orz。
2012/11/07(水) 19:33:59 | URL | KEN #-[ 編集]
よしくんへ
まぁ、クボタンにはよくある事……とは言え、実際目の当たりにすると少なからずショックですよね^^;
度重なる頓挫でアロ自身も競馬どころではなかったのでしょう。
今回の休養で走るための身体とメンタルのバランスをしっかり整えて欲しいと思います。
馬っぷりだけは抜群ですし、シンクリ産駒みたいに馬体詐欺と言われないに頑張って貰わないと!

10月の時点では今年の産駒が一番の出来にありますね。欠点が少ないとも言えるでしょうか。
ラロメリアは画像でもトモの容積こそ見事なものの、飛節を中心に頼りなくもありました。初仔故の弱みも感じましたし…。仰る事のイメージもなんとなくわかります。
来春頃に成長の第二波が来ると思うので、まずはそこまで慎重に、大事に育成して欲しいですね。
2012/11/08(木) 16:11:46 | URL | ティア  #-[ 編集]
KENさんへ
そうそう!全くその通りなんですよね!
大舞台で成功するために必要な要素と言いますか、底力の差が明らかだと思います。
もっとも、シャンボールの場合は調教師の責任も相当なものですけどね^^;
キンカメで狙うなら不受胎明けの次(フィズ)が正念場かもしれませんね。
何気にまだG1ホースが出ていない血統なので、ここぞという時には抽選覚悟で突撃したいと思っています。それがダービーフィズかもしれませんが笑。
ブエナビスタ×キンカメも面白い配合ですが、ジャンポケも見てみたいですね。
もっとも、ブエナの子は出資馬がG1でも勝たない事には資金不足も良い所ですけれど^^;

セレブリティはようやく走れる状態になってきたのではないでしょうか?
こういう言い方もなんですが、よくもまぁあんな酷い状態でデビューさせたものだと驚かされました。
ここ二戦は相手も強力でしたし…もっと勝ちに拘った使い方が出来ればKENさんのモヤモヤも幾分マシになると思うのですが…。
ウチのハートランドもまたしても京都です。相手関係を考慮しての事ですし、一応能力で勝ち負けまで期待してみますが、こうやって負け戦をしながら調整するやり方ってのは、しっかりした説明がないと精神衛生上良くありませんね。
2012/11/08(木) 16:44:37 | URL | ティア  #-[ 編集]
見学に行ってきましたよ。アロ弟くんは最近までトレッドミルがあるB-1厩舎にいたんですが、既に本来の厩舎に戻ってきていました。

この時期に既にトレッドミルに移動したということで、まさしくアロコースだと思っていたんですが、来週からは坂路に入るそうです。へーと思って、アロとは違うんですねーと厩舎の引き手の人に聞くと、機嫌が悪かったのか、言い方が悪かったのか、
「10頭いれば10通りの育成方法があるということです(グワシ!)」
と言われてしまいました…ゴメンなさいw

案内して頂いた方がフォローしてもらったんですが、イヤリングから移動して、フラットワークをして、そのリフレッシュを兼ねてトレッドミルに移動していたみたいです…なーるほど。
引き手の方が言うには、ホワイトフリートは早かったし、夏場デビューも目指すんじゃないですかねということですが、さすがにそれはないと思いますね。ホワイトは別馬なので、以前厩舎長に伺ったように、ラロアロの経験を踏まえて、時間をかけてやってもらうと思います。
体重は少し増えていましたが、それほどトモ高ということでもないので、上と同じような感じの馬格になるかもしれませんね。いまの時期なので、あまり聞くこともなく、ツアー時に比べて顔つきが少し大人になったアロを見て帰ってきました。というわけで、あまりネタはないです、ゴメンなさいm(__)m

同じ厩舎でラヴズも見ましたが、クラシックを目指すそうです。NHKマイルを取りに行けばいいじゃんとも思いましたが、馬体を見て納得させられました。無事に行くよう願っています。

最後に、同日に早来Fで当歳を見学させてもらいました。
案内してくれたのはティアさんも毎年ツアーでお話しされる方で、丁寧に案内して頂いた後に、雑談でTD師ちょっとどうなのよって話題で盛り上がりましたw
今年の当歳は、社台コーポの再編?の関連でどのクラブに所属するのか特に判断しかねる状況だから、どの馬を案内していいのか難しいと言われました…が、以前も言いましたが、ティアさんが行けば、得られるものも多いでしょう。機会があれば、是非伺ってみてください^^雪が降り始めるので、実際に行こうとしても、行く気になるのは当分先でしょうけどね(-"-)
2012/11/22(木) 22:15:35 | URL | ぽぽぽーん #-[ 編集]
ぽぽぽーんさんへ
見学お疲れ様でした^^
あと、お返事遅くなってスミマセン汗。

これから寒くなる一方ですし、あまり負荷を掛けすぎても良くないのでじっくり進めて欲しいですね。
個人的には兄達より身体的な弱さは無いと思うんです。しかし、この血統は賢さ故なのか気性面で危なっかしい部分があるのは周知の通り。
弱さを抱えたまま馬を追い込んでしまった結果がラロメリアですから、もし兄達より早いペースで調整が進められるのだとしたら、フィジカル面は既にトレーニングに耐えられるレベルにあると見て良いのでしょう。もしそこから少しでもメンタルの方に強い負担が掛かっていると判断すれば、上の教訓を活かして適切な舵を取ってくれると思います。

実際の所ホワイトフリートもデビュー戦は走っただけで終わってしまいましたし、全く急ぐ必要はありませんよね^^;
体重も軽すぎると心配ですが、一族の活躍馬も440~460前後ですから丁度良い所に収まってくれそうですね。明日(明後日)の更新が楽しみです。

アロヒラニは毎度の如く実に良い感じで危機を回避してくれてますね笑。
ぶっちゃけた所、春まで休養して欲しい位ですから。
理想は使いつつ鍛えつつ強化する事でしょうが、今はまだその段階ではないですからね~。
一口馬主的には降級までに一つ勝っておきたい所ですけど、この休養はアロにとって確実にプラスとなる筈です。
前回の休養と違って大きな怪我をした訳でもなければ、復帰後はた迷惑な目標を掲げられる心配もないですし、今度こその気持ちで復帰を待ちたいですね。

ラヴズは見るたびに惚れ惚れします。最終的には落胆の溜息が出てくるのですが^^;
三歳春までなら何とか対応できると見ています。そして皐月賞の最有力候補になっている気がします。
僕が出資馬の妄想をする時、最後の追い比べの相手は決まってラヴズオンリーミーです。
ラスボス的存在として、常に強い相手で居て欲しい…みたいな複雑な感情ですね笑。

次世代の出資候補は白老&追分よりノーザン・社台に偏ってるので、行くとすれば秋頃ですかね~。
そしてあわよくば、ぽぽぽーんさん同様に例のブツを先に頂こうかと笑。
ダンツクレバーやリーサルヒートが活躍してくれれば話も盛り上がるし、是非そうなって欲しいものです。
2012/11/28(水) 23:11:51 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。