管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の回顧と種付け
2012年11月29日 (木) | 編集 |
JCデーはとにかく混んでました。馬混み×のアビリティが付いてる僕にはかなり堪えるんだぜ。
途中からご一緒させて頂いた皆様には改めてお礼を申し上げます。
機会がありましたら、また宜しくお願い致します。

さて、先週のハーツ祭りは2着と3着。
その前のスマート祭りも2、3着…。
やっぱり善戦じゃダメなんですわ、勝負なのだから勝たないと。

二着だろうがシンガリだろうが負けは負け。(以下略)
サトミアマゾンの名台詞ですね。
全くその通りなんですが、40口の一口馬主としては割と大きい問題だったりしますね。
一つ着順が上がるだけで一頭出資できちゃったりするから笑。
次こそ決めて貰いましょう。


ハートランド…今までで一番強い相手でしたし、京都の芝1400ではこれが限界でしょう。
惜しいとかじゃなくて、あの手応えで負けるんじゃ条件か仕上げが悪いんですよ。ってか、エールブリーズがあんな不細工な競馬するなら勝たないと。
ようやく一息入れるのは良いのですが、年明け目標って事はまた京都。
一瞬キレそうになりましたが、冷静になって番組見ると『芝のレースがない』!!
ノーザンリバー路線キタコレ(゚∀゚)

芝の1400使われるくらいならダートに活路を見出すほうがマシです。
芝なら中京でもアリですが、今のうちに適正を見ておくのも良いでしょう。
ソングオブウインドでさえ勝ち上がりに5戦を要するような厩舎ですから、この現状は一応想定の範囲内なんですけどね。
それでも出資者的には早く安心させて欲しいのですよ。

ちなみにハーツ産駒の芝の勝率。
阪神が勝率20%程度。
中山、小倉、新潟、札幌は15%程度。
福島、京都は勝率5%です。
なにもハートランドに限った話ではないんですよ。


ヒールゼアハーツ…武豊がG1勝ったり藤沢先生が絶好調だったり、まるで10年前にタイムスリップしたかのよう。
この日も武騎手は乗れていました。って言うか、気性に問題がなければ位置取りが悪くなる、いわゆる溜め殺し的な騎乗もしなくて済むので、言葉は悪いですがそこは腐っても天才・タケユタカな訳です。馬場読みやペース判断は図抜けてますし。
買い時を間違わなければ今でも信頼できるんですよこの人。この日のヒールには合っていましたね。
最後先頭に立って交わした馬に差し返される辺り、やっぱり距離だと思うんですけどねぇ…。

ゴール寸前でギリギリ差すか、中京の2200とか使ってみるとか。
それに騎手にこだわるなら関東圏の主戦を作らないと結局同じことを繰り返すでしょうし、クラスが上がってからが問題です。
ある意味では馬主孝行なんですけど、善戦マン演じるのはせめて特別戦を走れるようになってからにして欲しい所ですね。

12月1日追記:連闘で中京2200に出走しました笑。
前回と比べると多少チグハグした競馬になりましたが、競馬なんて完璧乗れる事の方が稀なのです。
戦術の幅が制限されている以上リスクは常に付き纏うものですし、それは初めから覚悟している事。
勝つ時は昨年のJCデーのように全てが噛み合うものですし、強い三歳勢が斤量で得をしている今、それぐらい事が上手く運ばないと勝利するのは難しいという事なんでしょうね。
幸い丈夫な体質ですし、一息入れてまた頑張ってくれたらと思います。
連戦お疲れ様でした。



そうそう、某サイトで今年度の種付け相手が確認できるようになってました。
フサイチパンドラもディナシーも今年はハービンジャー。
ダンスザクラシックスはロブロイ。
配合的には、全体的にまぁ平均レベルかなーという感じ。
質ではディープとハービンジャーに偏っていて、その後にステゴ、キンカメが続く感じですかね。

今まであまり気にしてきませんでしたけど、社台FとノーザンFが何故大舞台であれほど差が付くようになったのか?
自分なりに考えたのですけど、一番は繁殖の質と配合なんじゃないかと思います。
ノーザンの方が海外からの輸入も積極的だし、その種牡馬に合った繁殖を吟味して選んでいるように感じました。

獲得賞金とか全体的な層の厚さという意味では、タテジマもバッテンもそう大差ないと思うんです。でも、舞台が大きくなるほど違いは明らか。
僕は一流馬に必要な要素は極論的に言えば、馬体70:血統30だと考えています。
しかしG1に出るような馬の馬体は大体70、悪くても60近くのものがあるのだから、最終的にはどれだけ血の部分で上積みできるか。そこが勝負を分かつポイントなのではないかと。

ノーザンがディープに対してそうしたように、社台もダメジャーやハーツに合った繁殖をバンバン連れてきて付ければ良いと思います。と言うか既に居るんだし、傾向も明らかになってきたのだからやれば出来るはず。

逆にそういった要素をきちんと満たしていれば、タテジマでもG1馬は出てくる訳ですから、ドラフトで人気が落ちるならそれはそれで美味しい話だと思います。
今年なんてバッテンの人気と値段と来たら、そりゃもうえげつなかったですからねー。
物は考えようですな。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ヒール
ティアさんこんばんわ。

先週のヒールは2着に敗れましたが、早い上がりが使えたし収穫はあったと思っています。
でもやっぱり勝たないとですね。

さて、早速中京の2200m使うみたいですね。
今週も何頭か強そうなのがいますが、ここは決めて欲しいですね。
2012/11/29(木) 23:56:54 | URL | いーじー #-[ 編集]
いーじーさんへ
先週は惜しい競馬でしたね。
あそこまでいったら勝ちたかったですが、昨年と違って斤量を背負う側でしたからね。
あとはもう順番待ちと言うか、枠順・相手次第だと思うのですが、これがなかなか嵌りませんね。

そうこう言っているうちに早速中京2200を使ってくれました笑。が、ここは連闘でしたし相手も強かったです。条件は悪くないと感じましたが、体重が減った分と、どうしても関西から強い馬も含まれるので、勝率的には結局大差なさそうですね(^_^;)
2012/12/01(土) 15:29:05 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。