管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
あと一歩
2013年02月25日 (月) | 編集 |
昨日出走したブロードソードは二着でした。
どうも今年に入ってから二着ばかりな気がしますね^^;

結果的に騎手の差で負けました。
単純な腕の話だけではなく、どれだけ馬を理解していたか?
という面においても相手の方が上でした。
向こうはお手馬で、こちらはテン乗り。
松山騎手は完璧な騎乗でしたね。これは素直に相手を褒めたいです。

加えて、ゲートを考慮しながらの仕上げ。
そもそもが休み明け。
本質的にまだ少し距離が長い。
コーナーでのロス。

これら全ての要素が少しづつ重なって、最後の着差に表れたのでしょう。
止むを得ない部分もあったし、今回は騎手だけを責めるのも違う気はするけど、
ぶっちゃけ1コーナーのロスがなけりゃ勝ってたよね。とは思います…。
4番枠引いて3頭分外に振られるとか意味わからんよ(_ _;)

現級上位のコウセン以下を4馬身離してるので能力自体は間違いありません。時計も悪くない。
でも、この状態と距離・コースではそれのみで押し切れるほど抜けてもいないって事です。
今のところは並みのOP級で、ユニコーンSだと伏兵級って感じでしょうか。
もっとも母も晩成型でしたし、本格化はまだ先なのも重々承知なんですがね…。
どうしても期待が大きくて、この子には多くを望んでしまいます。

少しづつ距離を縮めていくのが理想なんですが、たぶん次も14でなくて18使われる気がします。
18だとまた何かに足元すくわれそうで些か不安が残りますが、脚抜きの良い馬場or鞍上強化でどうにかして欲しい。
いや、どうにかしなければならない。
それぐらいやってのけなきゃ重賞に出たってどのみち勝てやしないだろうから。

今回のレース振りからも、広いコースの14~マイルがベストだと確信しました。
なので、一層ユニコーンSに出してやりたい気持ちが強まりましたよ。
逆算すると天皇賞デーのOP戦か5月頭の地方重賞で賞金を加算したい所です。
その為にも、いかに少ない消耗で二勝目を挙げられるか?がとても重要なポイントだと思います。

あと、勝負には負けたけど最後に見せた根性は良かった。
母譲りのフットワークに加えて、父からも最大の武器をしっかり受け継いでるのだと確認でき嬉しかったです。

今回一番の収穫はこれかな。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する