管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念予想
2013年03月24日 (日) | 編集 |
愛すべき中京開催もひとまず明日で終了。
今開催は比較的馬場コンディションが良く、前回と比べると『中京らしさ』が表れるまで時間も掛かりました。

今日の最終はなんとか本命シベリウス→対抗アマルフィターナで決めるも、三着が一番人気で三連複は一万円弱。
(3、4着逆なら25万くらい獲れたのに……なんて話はもう毎度の事ですね笑)
枠順やメンバー構成に珍味が感じられないレースが多くて、殆ど大勝負をしないまま最終週まで来てしまいましたが、高松宮はなかなか面白そうな組み合わせですね。
今年のドラフトに向けて一稼ぎと行きたいものです。


本命はロードカナロア。
去年はほぼ最悪の条件の中で僅差の三着。そして今年のメンバーも似たような構成。
カレン様が居ない分むしろ楽できるかも?
普通に回ってくれば勝てるだろう。多少ヘマしても連は外さないと見る。
ハイペースを追いかけて早仕掛けするとかアホな騎乗しない限りは大丈夫。
岩田がヘグる可能性より紐荒れに期待するほうが可能性高い。そんな予想です。

対抗にツルマルレオン。
戸崎鞍上なら本命打ってみても良かったが…。
前走は前有利の中猛然と追い込んで三着。去年は体調が不安定で参考外。
もともとあれくらいの走りをして当然の馬で、いかに条件に恵まれるか?というだけのこと。
最終週の中京で逃げ馬揃いのここは願ってもない展開。
もう少し外枠が良かったが、このメンバー構成なら普通に外を回して来れるんじゃないか?という読みなのですが…。

舞台ベストのサンカルロ、外枠引き当てたダッシャーも争覇圏内。
マジンプロスパーや実質大外枠とも言えそうなバレンチノも入れておきたいが、組み合わせ次第ではトリガミる危険があるので注意。

それならば、いっそのこともう一捻り加えてみたいです。
一見近走成績不振も着差がほとんどないフィフスペトル、騎手&脚質補正でシルクフォーチュン(適性はあえて無視)の一発に期待してみるのも面白そうだ。
そもそもフィフスはサンカルロ辺りと互角以上に戦ってた馬ですからね。これだけ人気なけりゃそりゃ狙いますよ。

更に末脚確かでどこかで穴開けそうなタイプのスギノエンデバー、コース取り&中京コース得意そうな丸田を擁するモンストールの三着にも要警戒。ゴスペルも三着なら…といった所だが、オッズと脚質がマイナス。人気薄との組み合わせのみ100円だけ抑える感じで。

基本的にはカナロアからの三連単頭固定。
それにレオン、サンカルロからの裏パターンと、フィフス&フォーチュンからの馬単を保険に。


あとこのレース、僕が一つ文句を言いたいのはフラガラッハを回避させた事です。
彼にとってG1のチャンスはここしかないと思うんですが、関係者は適正とか解ってないんですかね?
ベスト条件のG1を蹴ってOP特別使う以上、もう勝利以外許されません。
もし明日フラガが負けたら出資者はキレて良い所だと思います。



中京その他のレース

3R
フウコウメイビ→こんなに人気ないなら(40倍)抑えておきたい。
確率だけで言えばショウナンかラインビューティなのだが、いずれにせよオッズと睨めっこしながら買いたいレース。

岡崎特別→レディオブパーシャ
外枠の差し馬を中心に考えると本馬とラトルの二択しかない。
あっちは左回り初だし気性がアブナイし、人気必至なので、軸にするならパーシャ。
早いペースで引っ張るタイプの先行馬や行きたい馬が少ない為、アルベルトバローズやルアーズストリート辺りが一番展開向くかもしれない。
正直ちょっと難解なレースではある。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。