管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク覚醒中
2013年03月27日 (水) | 編集 |
高松宮は派手に負けました。二週間で1ジンジャーくらいもってかれた気がします^^;
まぁ、あのペースじゃどうにもなりませんわ。そしてそれを読み切れなかった時点で負けでした。

馬券は自己責任だから構わないのですが、一つ思ったこと。
なんでもかんでも外人騎手乗せれば良いってもんじゃないですよね。
誰とは言わないけど、来日して馬の足引っ張ってばかりじゃねーか
基本外人騎手マンセーな僕ですが、それは研究熱心かつ高いプロ意識を持った方々に限っての話。
ミルコ・スミヨン級なら大歓迎ですけど、節操なしに連れて来て、その結果ロクな走りが出来ないなら意識レベルの高い減量騎手にチャンスあげた方がずっと良いと思う。


そしてシルクがまたしても進化を遂げるそうですよ。
今度はとうとう100口募集制度を新たに導入するとか。
現時点で予定している募集馬もロジユニ、バリアシオンの全弟やウインドインハーヘア、ディアジーナの子にベッラレイア×ディープなど。
本家と見間違えそうなビッグネームが並ぶ他、僕が目を付けているとある二頭もここに回ってくる可能性が高いとか。
仮に100口に二頭出資したらほぼ社台レートですから、今年のドラフトは社台含め、今一度考え直す必要がありそうですね。
100口と500口。それぞれに当たりが含まれているでしょうしこれは悩みます…。

ハートランドの件で、どうも社台の出資意欲減退気味なんですよね。
(とうとう壊してくれやがりましたw)
クラブが悪いわけじゃないですけど、この流れでは気が進まないというか何と言うか。

ちなみに今一番気になってるのはザレマ(カナロア、グランザ級なら確定)。
次がリッスンです。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ぽんたさんへ
ぽんたさん、お気遣い感謝致します。
まずハートランド。これは追分担当の方とも直接お話をしましたが、社員の方の考えは我々と近いところにあるようで一応安心できました。実際クレームも多数届いているようです笑。
個人的にはそもそも期限に間に合わせる必要すらない、大事なのはその後への繋ぎ方のほうだと考えています。仮にこういう馬を未勝利引退なんてさせようものならプロとして恥とさえ思います。
色々言いたい事はありますが、とにかく勝手な決め付けや誤認から馬を見限ったりしないで欲しいですね。

アロは今日の記事にも書きましたが、歯車を噛み合わせるまでが大変なのだと思います。
モタれるとか気難しいと言うのも、裏返せば骨折の影響やら馬の賢さに起因する所が大きい筈なので、それをきちんと制御できるor理解しているパートナーが必要でしょうね。

毎度ながら貴重なお話をありがとうございます^^
僕の方もいずれ言える範囲で書きたいと思いますが、とりあえず僕の本命候補の片割れはサンデーの一番馬。もう一頭は募集されないそうです。サンデーのラッキーNO狙いで、外れたらGI行きというのが現時点での策です。(それにしてもディープ牡馬のリザーブ価格えげつないですねー^^;)
例の馬は自分もその情報で聞いているので、ほぼ間違いないかと思われます。一時は上と同じくキャロか、或いはシルクという話もありましたが、一番最近の信用できる情報ではG1行きという事みたいです。
具体的な値段はもう一度会議してからとの話ですが…あの厩舎+馬体なら出来は間違いないものの、40口ともなればもう一声安くして欲しいですね^^;
ダートっぽい印象を受けたので、あとは馬格があればかなり期待できると思いますよ。

早来ではヴェニス、タンタスエルテ、アドアードなどの良い話を聞いていますが、ダイワメジャーですと今のところは個別の情報は入っていないのですが、前にもお話したとおりキャロ縁の馬が面白そうな印象です。
40口の方はステゴが熱い、という感じの話でした。
その辺については時期が近づけば、またひっそりと報告させて頂きますね笑。
2013/04/10(水) 22:47:52 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。