管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝くまばゆい空in府中
2013年05月18日 (土) | 編集 |
友人の結婚式に招待されたので、明日は早退予定です。
アロのレースは絶対見ますけどね!
それにしても、何故か毎年この時期に限って結婚式に呼ばれるんですよね^^;
アインブライドだかシェーンクライトだか知らないけど、ドラフト前の出費が地味に痛いです笑。

☆今週の愛馬☆
東京7R アロヒラニ ウィリアムズ57 ▲

この▲はピンかパーだろうという予想での▲です。
本当なら◎打ちたいくらいですが。
天気にも恵まれそうなので、今回は本領発揮といきたいですよ。

時間がなくて詳しい事は確認しておりませんが、前走と違って今回の最終追いきりはコースで行った模様。
時計は今ひとつだし、どうもピリッとして来ないという話ですけれど…。
ここで問題なのは、追い切りは左右どっち周りだったのか?って事です。

右回りであったのなら、前走後の記事で書いたように、アロは骨折の経験から右回りではセーブして走る癖が染み付いています(実際坂路なら4F50秒切るタイムで駆け上がって来れる訳ですから)。
なので、師のコメント(本当によくなるのは~、走りが上手ではない)は仕上がりのことではなく、メンタル面を指してのものであると捉えています。
実戦でガラリ一変の可能性大と見て良いでしょう。
逆に実戦と同じ左周りであれば、コメントの通り、心身のコンディションが良くないのでしょう^^;

鞍上ウィリアムズというのも、一見強化されたように感じますが、アロは前受けしてしぶとい脚で粘りこむ、というタイプではありませんから、決して相性抜群とは言えないと思います。
ま、それでも前回よりは絶対良い筈ですし、ウィリアムズ程の騎手で結果が出せないのなら、それはそれでもう仕方ないって気もします。


それと話は飛びますが、オツウのレース選択酷すぎませんかね?
なんで14とか京都とか距離短縮とか、毎度毎度マイナス要素くっつけて走らされなきゃならんのだろう。
流石に今回は…とも思うけど、また2・3着でも全く驚きませんわ。
友人ともハーツ産駒は馬券には絡むけど勝ちきれないよねー、ってな話を良くしますが、それだって場のノリや思いつきで言ってるのではなく、ちゃんと根拠もあるんですよ。

オツウに関して言えば、二流以下の調教師にしか見えません。らしくないですよね。
グランツは大丈夫…だよな



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。