管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
時の王
2013年05月21日 (火) | 編集 |
昇竜Sを終えて、世代間の構図もなんとなく見えてきた気がします。
現時点での暫定NO1は骨折休養中のコパノリッキーに代わってサウンドリアーナでしょうか。
次にエーシン二騎とクリソライト。
ブロードソード、クロムレックはその後に続く二番手グループの筆頭格って所か。
東京マイルなら、チャーリーやサマリーズ辺りには勝てると思ってるんだけど…。

とにかく無事ゲートイン出来るかですね。
昇竜の1、2着は中距離向きだし、切れ味驚異のリアーナもあくまで1400のスペシャリストって感じもする。
特にブロードの方は格負けしないタイプだと思うので、なんとか走らせてあげたいです。
もうダービーそっちのけでユニコーンSの事ばかり考えています。


あと以前にも候補として取り上げたシルクの馬、

king.jpg

何度見ても良い造りをしています。
不受胎明けってのも好印象だし、キングロ最後の産駒というのもドラマがある。

ただ、この馬は完全投資向けの馬だと思っています。
僕みたいな文字通りの一口馬主ではなくて、利益を目的に社台レートで勝負できる人向きの…。

突き詰めれば育成場所以外にも懸念材料はあるんですが、そもそもがこの価格。完璧など初めから求めておりません。
(ちょっと危ないプレミアムブルーみたいな感じか笑)
でも前後の姿勢くらいはちゃんとチェックしておきたいのですが、二度のツアーではいずれも欠席のご様子。
こういう時ホンット腹立ちますよね、あの改悪DVD(=_=;)

近親はダートで活躍してるけど、これは芝でも走りそうです。
北海道デビューできるなら尚良さそうなのですけどね。
父産駒のデータも少ないし、とりあえずボールドエンペラーとかナムラコクオーの写真でも探してみるかな




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
この馬1頭入魂でシルク入会も考えていますが先立つものがないので躊躇中です・・・東サラ辞めるかなー^^;

この馬の最大の特徴は繋ぎの柔らかさですね。キャロと東サラくらいしか見ていませんが、どの募集馬よりも柔らかいと思います。
タイプとしてはホーカーテンペストみたいな感じだと思いますよ。
個人的には馬体や歩様から見て高確率で走ると思っていますが、繋ぎが柔らかくてかなり寝ているのでバネがなかった場合は全く走らない可能性もありますね。
適性は芝でしょう。多分ダートはあまり向かないタイプだと思います。
2013/05/22(水) 20:42:41 | URL | AITO #-[ 編集]
ティアさんお久しぶりです。
昨日たまたま連れとシルクの残り馬の話しを電話でしてて僕の最終的な意見は手塚にいく外国産かこのキンググローリアス産か言う話しをしてまして。
どちらも最終的には僕はいかないとは思いますがこの時期に追加するのであれば大きな夢見る言うよりはまず勝ち上がりに体質面での弱さを感じさせない事を優先するんで値段考えたら僕のような金無し野郎にはキング産が馬体的にも魅力は感じます。

兄弟見てたら僕はやはりダート中距離タイプかなとは見てますが1000万勝ち負けレベルやとは見てますがね。

にしても単純に面白い言うか値段考えたらかなりええ馬に思えてしまいますよね。

最後にキャロの古賀に行くシンボリは値段は多少増えますが以前まだ追加候補にも入れられてた思いますがどうですか?

大きな声では言えませんが初めて命名する事ができた馬なんでティアさんに秘かにセールスさせていただきました(笑)

2013/05/22(水) 23:09:29 | URL | はまる #-[ 編集]
AITOさんへ
やっぱり魅力的ですよね^^
母高齢と非ノーザンが嫌われているようですが、この価格の馬体ではないと思います。

僕も馬体で判断するなら絶対芝馬だと見ています。
なのに血統は調べれば調べるほどダート向きのようで、調教師もそちらに定評があるみたいで…^^;
こんな場合どっちつかずにならないか?ダートに固執されないか、という不安が少し。そしてシルク自体もノーザンとそれ以外で明らかな温度差が見られる点。プラス、例の育成場との事で人災に見舞われる可能性も重々覚悟しておく必要がありそう。と、寧ろ馬を取り巻く環境が何より心配です。

バネの部分については全く同感です(これがディープ産駒なら、おそらく即決しています) 。
願わくばトレーニングツアーや坂路の登板姿から細かく分析したかったのですけど…。まぁ、自分としては初志貫徹と言う事で6~7割方出資する方向に傾いております。
ここまで特徴的かつ好馬体であるなら、やはり長所に賭けてみたい気持ちの方が強いですね^^

一応7月まで待てそうなので、社台のドラフトやキャロ12産との兼ね合いを見た上で、最終的な結論を出すつもりです。
2013/05/23(木) 22:08:38 | URL | ティア  #-[ 編集]
はまるさんへ
お久しぶりです、はまるさん。
外国産もそれなりに魅力を感じる素材ではありますが、ああいう系統は毎年グリーンで募集されるんですよね笑。
僕としては、外国産馬にはもっと強烈な個性があって良いと思います。
その点、キングオブタイムには古き時代の化石的な(笑)魅力を感じております。
これぞシルク!って感じがしますね^^

個人的には芝馬の馬体、例えばボールドエンペラーやタマルファイターみたいなイメージを持っているのですが、血統で見れば十中八九ダート馬なんですよね。ここが悩みの種でもありまして。
仮に砂だとしても、パサパサで搔きこむ感じのダートではなくて土に近い状態の方が良い筈です。
それでも、値段の分はしっかり走ってくれそうなので、こういうのが一頭いたら楽しめるんじゃないかと思っています。
重賞とかそういう次元の馬ではなさそうですが。

ウェスタリーズは今のところは(良い馬なんだけどねぇ~)って感じでしょうか^^;
間違いなく勝ち上がれそうな馬なのですけど、値段の部分と馬体的にもどうしてもアルフレードが比較対象になってしまうんですよね。
古賀先生のこともまだ良く知らないので、ジンジャーでよほど良い体験をして、かつユニコーンで出資馬がワンツー決める位の事があれば出資しても良い。って感じですかね~笑。

現実的には、実績制を検討中というシルクでの追加を優先したいと考えています。
多数口クラブでの実績制導入は大反対なんですけどね^^;
2013/05/23(木) 22:29:30 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する