管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末に向けて
2013年06月06日 (木) | 編集 |
6月5日(都内某飲食店)
この日はスシトレインで軽めの調整を行いました。
「週末に本番が控えているので、メリハリをつけるためにも敢えて安価のスシトレインで最終調整を行いました。お腹の状態は申し分なかったのですが、思うように箸が進んでくれませんでした。パサパサで乾燥しているシャリは元々不得手ですし、箸で軽く掴んだ際にいきなり砕け散ったのには流石に驚きましたね。加えて海水の味と生臭い香りがする薄っぺらいエビやヒラメにも少し気を取られているようでしたが、この辺りは本番でキッチリ修正できるものと見ています。最後の一皿では自分からグッとイカを噛んでいたのですが、その時の感触はまるでゴムのようでしたよ(笑)。これだけしっかり負荷を掛けておけば大丈夫でしょう。本番での変わり身に期待していますよ」(ティア)
9日の札幌寿司(薄野 鮨金・すすきのすしきん)に来店を予定しています。

ちなみに、一番美味しいと感じたのは『お茶』と『大学いも』でしたw


ツアーのため週末は更新が出来ないので、先に三浦特別に出走予定のクロムレックについて軽く触れておきます。

「(前略)前走後から提案をさせていただいていましたがユニコーンステークスへの連闘も視野に入れて調整してきて、今の落ち着きがあるならばそれも対応可能と思えますよ。まずは今週。いちばんいい結果ならばまず出ることができるでしょうし、それを期待して臨みます」

もう完全に連闘を視野に入れているようなコメントですね。
先生の事ですからメイチには仕上げていないでしょうし、大きな反動が出るとは思いませんが。
いずれにせよ、今週勝ち負けできないようならユニコーンに行ったとしても到底勝ち目はありません。
一番の強敵と見ていたサトノジョリーとヴィンテージイヤーが揃って除外対象で、比較的相手に恵まれたここは決めておきたいですね。
結局相手より自分との戦いになるのでしょうけど、特訓の成果を見せて欲しいと思います。

三歳ダート組の中でも上位の素質と見込んでおりますので、降級馬相手でも負けたくないというのが本音ですね。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今週末はすすきーのへ遠征なのですねw代わりに私がクロムを府中へ見てまいります。そして来週末にウイナーズサークルでお会いしましょう! 
2013/06/06(木) 01:15:34 | URL | firstroad #-[ 編集]
こんにちは。
ティアさん、こんにちは。寿司良いですねー♪私も大好きですが…都内は高級店が多いですよね(^^;
クロムレックには3勝目を期待してます。先ずはここですねー。あまり無理しないでもらいたいです。
ツアー情報、よろしくお願いいたします。サンデーかG1で迷いましたが(つまらんこだわりですが…昔から社台の勝負服が、どうも好きになれない(^^;)今年はG1の牡馬にチャレンジしたいと思っています。
2013/06/06(木) 16:47:41 | URL | ヨージ #-[ 編集]
firstroadさんへ
某ジョッキーとは会えませんでしたが、すすきの楽しかったです^^
綺麗な新宿って感じで雰囲気とか好きなんですよね。

先週は現地でガックリ来ましたが、今週はどうにか変わって貰いたい。
今年のユニコーンは僕にとってダービーみたいなものです。
既に半分くらいやる気を持っていかれてますが、口取り獲れた以上は全力で応援したいと思います!
他の愛馬達も合わせて頑張って貰いましょう!!
2013/06/14(金) 21:56:14 | URL | ティア  #-[ 編集]
ぽんたさんへ
ぽんたさん、大変お待たせしました。
先週は戸田師の悪い部分が出てしまいましたね。見事にキューフィルター炸裂でした。
やってる事エネアドと同じですからねー(==+)

折り合いに進歩が見られたのは収穫ですが、とても乗りやすいと仰っていたクリスチャンに対し、ハミ云々とコメントを残す福永。やはり騎手の差も大きいかもしれないと感じました…。
(或いは暑い時期が苦手、揉まれ弱い、といった可能性も考えられますが)
しかし今週が最大目標だった筈ですから、なんとしても…の気持ちです。
先週は試合ではなく、調教だったと考えておく事にします。

それにしても、パーティで師と会話されたというシーンがもの凄く容易に想像できますよ笑。
キュー関係の話題であれば向こうから延々と語ってくれますので、他で情報集める必要がなさそうです(^∀^;)
ブレイクが一番お好きであると、私もよーく存じ上げておりますw
先生のキャラが相変わらずで何よりです。

それと、例の馬と某関東馬はツアーで絶対に確認をして下さい。
前者は良い意味で、後者はより正確に情報を把握する為に、です。
後者の馬、実は僕も少し考えておりました。
まず彼の兄と僕の出資馬が肉質や血統構成が良く似ているのです。実際適性もほぼ同じ様な感じですから。
12年産は父が変わって更にイメージが近づきましたが、結局三頭とも二アリーな関係だと思うんですよ。
信頼できるスタッフから聞いた話では、こういう馬体、適性に出るのは母方の特徴だそうです。だから、相手がそれを活かせる種馬で、かつ結果を出している(って事にしておきますw)配合である12産は非常にアベレージ性が高いのではないでしょうか?

戦略的には僕も全く同じ方法を取るつもりですし、馬体に関してもハイレベルですから、400口なら僕も確実に出資していますよ。
後は、記事に書いた通りですので、そこをどう判断されるかだと思います。
気になるようであれば、色んなスタッフに尋ねてみると良いかもしれません。

長々と失礼しました。

それでは、お気をつけて行ってらっしゃいませ!
キャロより断然ゴージャスですから、存分に堪能して来てくださいね^^
2013/06/14(金) 22:37:56 | URL | ティア  #-[ 編集]
ツアー情報、どうもありがとうございました。私の候補馬の大半をコメントしてくれていたので、事前情報として参考になりました。
馬を見ても、どこがどうだというジャッジができるような知識はないので、内向については教えてもらわなかったらスルーするところでした。おかげさまでツアーに来た意義が十分にありました。
内向についてはセカンドオピニオン、サードオピニオンwを求めて、検討しました。場長、引き手の方に伺った限りでは、突っ込む予定でしたが、獣医の方の意見を求めた結果、熟考して回避する予定です。獣医の視点からだと、どうしても保守的な表現をされてしまうのかもしれませんが、極力脚元の不安は避けたいので、「問題がないかもしれない」という状況であれば、あえてギャンブルに出る必要性もないと思います。馬体は本当に適性が分かりやすく、欲しい馬だったんですが…ティアさんの言うとおり、400口なら無視して出資していますね。目に見えないならまだしも、見えてしまうリスクを承知できるほど、私お財布は厚くありません(ー ー;)
ただそうなると、残された選択肢は少なく、実績不足で取れない馬を除けばあとは117番しか残っていません。でもサンデーで萩原厩舎、クロフネというのはちょっと地味でどこまで目指せるのだろうと我に帰り、いま千歳のホテルで必死に再検討しています。
オリエンタルアートやラヴズオンリーミーを相手にすると思うと、クラシックディスタンスを主戦場にする馬には出資する気になれなくて…ラヴズは何ですかあれはw何か調べずに、遠くから、凄いのがいるなと近づいていくと、あぁあれかとw周りではラングレーよりも良いという評判でしたが、残念ながらその通りに見えました。あーあれが欲しいw
SS産駒は春にはムッチリが目立つ早来のクマさんでしたが、パーツパーツがよく見えましたね。問題はどうしても減点方式で見た場合に減点してしまう現時点のリリーバレー育成ですかね。あとは個人的なマイナス面が、クラブを増やしてしまうことw

社台ツアーの方が安くて豪華なのは実感しました。今週のキャロツアーに出るのがなんだか億劫になりそうですΣ(゚д゚lll)

抽選に挑むか、黒船に委ねるか、SSに委ねるかかを考えながら、明日は出資馬見学をして帰ります。真新しい話はないと思いますが、セルもみてきます。長文ゴメンナサイm(_ _)m
2013/06/16(日) 23:02:30 | URL | ぽんた #-[ 編集]
連投で申し訳ないですが、セルの報告も兼ねて。

昨日ホースパークでランチしていたら、加藤征センセイやオウケンブルースリの福井オーナー、その他複数の馬主がセレクトの下見のために来場していました。他のセンセイも来ているだろうなと思っていたらやはりクボタンも来て、S-1厩舎にも来たそうです。ただ、パーティーで聞いた話と大筋は変わりません。7月に移動して暑さに慣れさせつつ、秋の府中開催を目指すようです。4月に見学した際は、こじんまりした馬体は変わらなかったけど、今日のは体高も伸びて幅も出てきて452キロという体以上に大きく見せていて(まぁそれでも452ですけどね)、カリカリした感じもそれほどでもないそうです。問題は競馬に使って行く段階になるとまた違うので、そこをケアしてもらえれば。クボタンも4頭目なんだから、さすがにどうにかしてって感じですねw

そんなで出資検討馬見学&出資馬見学を堪能してきたわけですが、空港での見学の前の空き時間に時間を潰そうかなと考えていたところ、空港のイヤリングに放牧されていた馬群を発見。ちょっと道を逸れて近付き、顔を見ようと近付くと、愛想がいい馬(テイクマイアイズ12)が寄ってきました。するとそれにつられてオーロラナイト、アドマイヤグルーヴが寄ってくる。そんな中、我関せず&他の馬を威嚇する芦毛馬も渋々寄ってきました…エイグレットでした^ ^
ツイッターでこの馬も内向だと書かれていたのに見学時に確認できなかったし、デュアル決めうち体制であったが故に、この馬については色々とヒアリングし損ねたから、せめて馬を見て確認しようと思ったら、この馬だけ手が届くまでの距離まで寄って来ない。そう、この馬だけw
しかしまあ見られるだけでいいかヨシヨシと思いながら見学時間までしばらく見学して、空港の見学に行きました。そこで見学したストライクルートの引き手の方が、なんとツアー見学時にエイグレットを引いていたスタッフ&その場にいた厩舎長が「母のエイグレットは現役時にうちの育成厩舎でしたよ」と、ツアーの補完にはうってつけのシチュエーション^_^現役出資馬の見学で伺っている身分だし、ましてや牧場も忙しい日でしょうから、あまり聞くのも悪いなと思って大した話はしなかったんですが、とりあえず内向云々は気にしないという自分の意思だけ固まりましたw
空港からの帰り道にも放牧地の馬を再度確認して、これも運命だろうなと思い決断しました。地味すぎるとか考えずにクロフネ&ハギーに委ねます。ハギーはスーブルソーについで2頭目なので基本スタンスは理解しているのと、牧場関係者の話からその後の変化も聞いているので、それほど心配していません。
空港の放牧地で馬を発見するまでのジャッジは、G1でSS産駒を抑えつつ、サンデーで関西の煌びやかな馬を一位にしつつ、二位にエイグレットというものでしたが、運命のせいにして様変わりしましたw欲を出して票読みしながら二位に回して、一位で関西馬を狙い撃つ可能性は残されていますが、エイグレットも全く人気がないわけでもないので、この一頭狙いが有力ですね。

ダラダラとどーーでもいい話をごめんなさいw去年獲れるはずのないう馬が獲れたので、今年は欲をかくとろくなことにならないでしょうし、普段信じない運命とかそういうのをたまには信じるのもいいかなと思って突入です。

ティアさんもいいドラフトを!
2013/06/18(火) 08:43:17 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ぽんたさんへ
お返事遅くなりましたm(_ _)m
獣医さんは結構慎重な意見を出す事が多いですね。以前、僕も反り気味の脚や角度の違う蹄や繋ぎについて意見を貰ったとき、牧場スタッフの方と回答がまるで違ったので笑。
牧場の方もウソを言ってる訳ではないのでしょうが、ネガティヴな意見には同調しないよう上から仕込まれているのか、単に大雑把なのか…。いずれにせよ僕も『リスクは小さく、少ないにこしたことはない』の考えです。
短所を補って余りある長所が無い限り『出資』するまではいけないですね。

エイグレットは血統の割に強気の価格設定。実際自信があるのだと思います。
周りが煌びやかすぎて地味に映ってしまいますが、これがキャロやしるくなら絶対出資してますし…。
お仲間さん曰く、走るクロフネ産駒の絶対条件に踏み込みの力強さ、柔らかさを挙げておられました。
芝を走る上でも、そんなタイプの方が結果を残せている、とのことです。
僕個人としてはクロフネ産駒ってあまり好きじゃないんですよね。(そこが40口でいけなかった最大の理由でもあります)
繋ぎや捌きが硬くなりがちなのが多くて、故障もし易いんですよね、そういうタイプはどうしても。
だからその点が軽減されやすい牝馬に良積があるのだと、僕は考えているんですんですが…。
そういう意味では、この馬は父の産駒らしからぬと言いますか、欠点となり得る部分が見当たらない良駒だと思うんですよね。
僕は納得の選択だと思いますよ^^

ハギーさんも言われるほど悪いとは思っていません。トランスで函館記念を勝たせた事は素直に評価したいですし、決して仕上げ上手ではありませんが、馬に癖がなければ一定の信頼は置けるかなー…くらいには考えを改めました。二桁増減はもう諦めてますけど(^^;)

先月の画像を見て、セルは自信が確信へと変わりました。
悪くてもラロと同じくらい走って貰わないと困ります。それくらいの手応えです。
晩成血統という認識を変えることはしませんが、セルが一番早く能力を発揮できて、体質的な弱さを出さないのではと見ています。同時期のアロなんてまだまだ貧相で、今になってようやく坂路の早いところを出せるようになりました。でも弟は調教で掛けた負荷がしっかり実になっているのが解ります。
最後にして最高の結果を残して欲しいものです!
460位で競馬が出来るようになれば理想的ですね^^

ちなみに僕は紆余曲折を経てダンムーにたどり着きました。
秋や来年のドラフトも考慮した上での突撃なので、落ちても後悔はありません。
100万円以下でG1狙えそうな馬…と言う事で、リスクを承知の上で、今年はこの仔にしてみました。
2013/06/23(日) 13:48:05 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。