管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度応募馬
2013年06月23日 (日) | 編集 |
一時は熱が39.6℃まで上昇して色々覚悟しました笑。
眠たくなる音楽聴きながら自作の特製ドリンクでドーピング→睡眠→大量発汗→ドーピング→睡眠→発汗→ドーp…の無限ループでドウニカナッタΣ(゚A゚;)
二日目以降ずっと食欲旺盛だったのは我ながら幸運だったと思います。けど、冷蔵庫の中身が少しずつ消費されていく度に身の危険を感じましたね。例えるなら難解ダンジョンの最深部でリレミト分MPと回復アイテムが全て尽きた状態w

しかし何が原因だったんだろう…?
ドラフトの疲れで高熱とかサスガに笑えねーですよww


遅くなってしまいましたが、今年度の応募馬は社台のダンスインザムード。
これ一頭です!

とりあえず今日は、ここに至るまでの経緯について、大まかにご説明していきたいと思います。

まず、今年の予算は160万円(最初は175万円だったのですがダービー週で失敗した為、下方修正が施されました笑)。
この後キャロやシルクが控えている事を考えると、総額130万円以内には抑えたい。その上でG1を獲れる可能性が高そうな馬を選ぶ。ここを最優先項目に設定。

次に、滑り止め用の存在としてG1のリーサルヒートとミルグレイン。
リーサルの事は募集前から立ち姿や動き諸々を知っていましたし、ミルグレインなら新規でも獲得できるだろう。との予測を立てておりました。
これには更にもう一つ策があって、来年のタンタスエルテ×ディープを獲得する為の先行投資的意味合いも含まれていました。が、時間が経過するにつれていくつか見えてきた事があります。

1.(ここでは省略しますが)総合的に見てリーサルが意外とリスキーな馬であると判明。最優先項目にそぐわない可能性が高い。
2.来年のタンタスエルテは実績100では届かない(今年以上にボーダーが上がる)。仮に届くような場合は出来も相応と考えられる。
3.ぶっちゃけクラブ増やすの嫌なんだよねー(・ω<)てへぺろ♪

等が挙げられる訳です。
なら、G1への入会は今後タンタスの抽選を突破できちゃった場合のみとし、当初の方針通り40口は本家だけでやっていく。

この段階で第一を抽選必至の良血馬。
第二をアルヴァーダorエイグレットorスプレッドスマイルという構成で考えるも、本家で1月生まれや苦手な種牡馬の仔に出資したくない、という理由で第二はスプレッドスマイル一択に。彼女ならコスト的にも第一と合わせて買える。そう考えました。
しかしここで、タンタスと同じくらい期待している配合馬が来年社台に来そうな事を思い出し、現地でも確証を掴めた為(今は秘密にしますが、多分新規でも買える馬)、次年度の予算上スプレッドも無念の除外w

結局エアトゥーレかダンスインザムードのどちらかを単品で選ぶしかない、という結論に辿りつき、芯が入るまでに時間を要する確率が高いトゥーレよりも、あらゆるリスクを想定しても尚、より大きな可能性に賭けたいという気持ちから、最後はダンスの一位指名を決めました。

母のポテンシャルの高さは、チチカスや逆ニックスのシンクリを付けてもそれなりに走れる事で判明していますし、実際の馬体やレース振りを見ても、彼らやファルブラヴと比較してハービンジャーが大きく見劣りするとは思えませんでした。
配合で見れば、既にフェデラリストという結果が出ているエンパイアメーカーの方が確実なんでしょうけれど、どのみち抽選確実な馬ですから行きたい時、行ける時に行く。それで良いじゃないかと。

ストライドを活かして走りそうな組み合わせにマツパクの育成方針が上手くマッチングするのではないか?寧ろ特大ホームランがあるのはこっちなのでは!?…という願望寄りな期待も込めて、最後は吹っ切れたように彼女の名前を記入し、ポストにINしてきました。
中途半端に見込みがあるキャロの最優先と比べたら、こちらはダメで元々なのでそう大きく落胆することもないでしょう。

40口クラブで求めるものは良い馬ではなくて、夢です。
だから、どんな結果になろうとも僕は後悔する事は絶対に有り得ないし、あってはならない事です。
未勝利で終わったディオルーチェも、取り下げとなったマンデラも、人災街道驀進中のハートランドも、仮にまた募集されればやっぱり同じ様に惚れて申し込みすると思います。
そこまで思える馬に出資する事が、本家でのこだわり。
それ以外の年は『約10%の可能性』に賭ける方が、むしろ相応しいような気がするのです。

どうか、皆様にとって良い結果となりますように!
長い(?)闘いの日々、お疲れ様でした。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは~ 
かなり狭き門になりそうですが、ご一緒できると良いですネ。
2013/06/23(日) 22:03:18 | URL | 樹庵 #-[ 編集]
樹庵さんへ
こんばんは、樹庵さん。 
せめて100票以内で収まって貰いたいところですが、どうなりますかね^^;
親族に出資していた古参会員も多数流れ込んで来そうですけど、その人達にも抽選で獲得して貰って、少しでもボーダーが下がってくれると良いですね!


2013/06/24(月) 00:45:11 | URL | ティア  #-[ 編集]
こんばんは。
ティアさん、こんばんは。やはり本家の方が良い馬が多いですが…G1に申込みました。色々とアドバイスをいただき、ありがとうございます。ゴールデンドックエー・レジネッタ・リーサルヒート・アルスノヴァ・エンプレスティアラの5頭に絞り…最終的にエンプレスティアラに決めました(^^;前脚の開き!?と気性は気になりましたが…ご縁があれば嬉しいです。
お身体、お大事にどうぞ。
2013/06/24(月) 19:34:48 | URL | ヨージ #iEy5E982[ 編集]
リッスンに比較的消極的なコメントがあったことと、ハービンジャーに前向きなコメントがあったあたりから、もしかしたら?と想像してましたw
かなりの人気になっていますが、去年同様の潔さがカッコいいですね!(^^)!ラッキーナンバーに当たるといいですね。

今年もどうもありがとうございましたm(__)mおかげさまで納得の選択が出来たと思っています。
私は海外へのリフレッシュ放牧に出てきます。おそらく抽選なしでゲット出来るはずですが、もしかしたらの可能性もあるので、帰国後に無事に○の通知が届いていることを祈っています。
2013/06/25(火) 00:04:39 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ヨージさんへ
こんばんわ、ヨージさん。
僕もようやく回復の兆しが見えました^^;
G1社員の方も勝負の年だと仰っていて、ノウハウを積み重ねたリリーバレーの育成も成果となって表れる頃じゃないかと見ています。
エンプレスはウチのセントコロナとはまた少し違うタイプのようでしたが、やはり弟の事は気になります。
前の開きはハーツ(というかトニービン)には良くある事で、その点は自分は心配無用と思っていますよ!

お互い、良い結果となりますよう!

2013/06/26(水) 23:56:31 | URL | ティア  #-[ 編集]
ぽんたさんへ
リッスンも決して悪くは無いんですけどね。とても雰囲気を感じさせるお嬢様でしたし…。
総合的には寧ろ良い方なのは重々承知しているのですが、個人的にキンカメ付けて欲しいという気持ちがあるのと、馬の雰囲気・オーラ等といった要素は自分には良く解らなくて、そもそもその手の抽象的な要素に重きを置くっていうのは、馬体派として抵抗があるんですよねぇ^^;

ダンムーも簡単にラッキーNOが当たるとは考えていませんが、運良くGET出来たなら、その縁を大事にしていきたいと思っています。一方で来年、再来年に向けての楽しみな情報を仕入れることが出来たので、落ちたら落ちたで、やがて来るその日の為に貯金しておくつもりです。
気の早い話に映るでしょうが、社台は目の良い人達ばかりですし、他が気付く前に正解を見つけ出す位でなきゃ太刀打ちできないと感じました。何よりオルフェ弟の票数が示す通り、財力が違いすぎますので笑。

もう二、三ヶ月もすれば秋のドラフト。まさに息つく暇もないという感じですから、せめて今のうちに気分転換といきたいですね!
クリソライトのように充実したリフレッシュ放牧ができますよう^^
2013/06/27(木) 00:17:06 | URL | ティア  #-[ 編集]
スズカさんへ
お久しぶりです、スズカさん。
ドスカー良いですね~^^
場長も値段度外視で良ければドスカー、リッスン、ラヴズを選んでおけば間違いないと仰ってましたよ笑。
種牡馬価値を込みで考えると、全兄二頭がG1ウィナーのオリエンタルアートよりドスカーに惹かれるものがあります。
この繁殖の何が凄いって、何を付けても走るのが一番凄いと思うんですよ。
ファルヴやファンタでもあれだけの馬を出せるなんて、他じゃまず居ません^^;

お互い、奇跡に期待ですね!
2013/06/27(木) 00:25:13 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。