管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
きてれぅ
2013年08月31日 (土) | 編集 |
昨日朝起きたらカタログが届いてました。
お仲間さんへのお返事の残りとセントコロナは少々お待ちください。先にカタログとDVDをみた段階での候補馬をUPします。

最優先候補
シーザリオの12
ヴィートマルシェの12

出資候補
ミーⅡの12
リンガフランカの12
カラベルラティーナの12
ダークサファイアの12

様子見必須
パーフェクトマッチの12
アトムチェリーの12
レーヴディマンの12

あー、今年は隠すつもりも無いですので暴露しちゃいますよ。
抜群に自信がある訳でもないし、そもそも近年絶不調の僕がアレコレ言った所で影響力なんてたかが知れてますから。
最優先使わないと取れなそうな馬は一先ず除外しています。

ハッキリ言って全く面白みがない世代ですね。
一番高い馬が一番よく見えて、しかもほぼ落選が目に見えているのですから。

二番手グループとの差が大き過ぎて最優先はこの二頭しか考えられません。
買えないならそれで構わないんで、もう来年の優先権ください。

ミーは母親のポテンシャルが、リンガはチチカスで、カラベルは強度と調教師、ダークサファイヤは自身の出来が。どうやってもシーザリオには及ばない。そんな見解です。

さらに言えば、そのシーザリオも肉質・さらには半兄との比較と言う点でやはりケチがついてしまいます。
ディープの7000万円。本家ならもっと良いのが買えますよね。
(肉質だけで言えばディマンが一番だわww)

あとはツアーでどうなるかですが、今年はシルクの方に比重を置きたいと思いました。


追記:一部のお仲間さんには既にバレてるみたいですが(^∀^;)、募集馬の見解は某有名競馬サイトのひとこと日記で包み隠さず書き綴っています。
(定期的にブログを更新する時間を確保できない現状なので、通勤中などにも気軽に投稿できる媒体を利用させてもらっています)
少し名前を変えてつぶやき形式で残しております。興味のある方は探してみて下さい。出資馬の投稿記録を辿れば誰が僕なのかすぐにわかると思うので笑。

あ、ちなみに向こうではマターリやっていきたいので、見つけてもそっとしておいて貰えると嬉しいです。
情報交換等は今までと変わらず、こちらでやっていければと思っています。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、お久しぶりです。あほ太郎です。。
おっしゃるとおり、高い馬はよく見えます。シーザリオ、ヴィートマルシェ、レーブディマン、クリソプレーズ・・・ノーザン恐るべし!
今年は資金的な都合もあるので、お値打ちもの探しに重きを置いてます。すると何か突っ込みどころが出てくるんです、これが。
ハートビートワルツは厩舎が非常にビミョウ。セレブレイトコールは大きくなりすぎないか?トップライナーは5月生まれの牝で仕上がりに時間かからないか?グレイトフィーヴァーは去年の兄に比べどこか物足りない・・・
ぼられてる感があるけど、いっそチアズメッセージかシェリールにしようかとも思いますが、もう悩みが尽きません^^;
2013/08/31(土) 20:40:36 | URL | あほ太郎 #-[ 編集]
ティアさん今晩は。
キャロットも募集が始まるのですね。
カタログにざっと目をとおしましたが、去年よりやはり小粒なきがします。
去年はヒストリックスターがよくみえたような?ティアさんのサイトにコメントしたような気がします。エーデルグランツもよかったですよね。
今年はティアさんのドラ1候補は確かにいいですね。
ヴィートマルシェはやはり馬体にダンシングブレーヴの血が出ている気がします。
東サラのスカーレットドレスと受ける印象が似ていると思いました。完成度はこちらの方が断然上だと思います。
あと気になったのはトキオリアリティーとラフェクレールでしょうか?
特にラフェクレールはシーザリオとほぼ同じ血ですよね?やはり狙ってつけているのでしょうか?
シーザリオと連続で見て値段が10倍違うしとても気になった一頭です。

私は今年はスカーレットドレスにいきました。
例年以上に悩みましたが決めてはやはり愛せるか愛せないかでしたね(笑)
一口ですけど養子にもらうような気持ちで(笑)
東サラは血統的にも持ってみたい馬が例年よりたくさんいました。
サンデー産や関西馬を敬遠しようと意地で思っていましたが、それだといい目で見られないと思い、フラットな目線で見ることを心がけました。
いろいろ自分の中で決めごとを作ってしまうと、悩みが増えていきますね(笑)
悩んだ分だけ今年は出資馬選びは楽しかったです。

今年は一番気に入った馬にいくことが出来たと思います。
ティアさんも満足のいくドラフトになるといいですね!


2013/09/02(月) 00:21:53 | URL | 赤児 #-[ 編集]
あほ太郎さんへ
あほ太郎さん、こんばんわ。
良い馬であれば多少割高でも構わないのですが、名を挙げられた連中は流石にやり過ぎですね。
クリソやシーザリオは大分上乗せされてるように感じます。
あちらはそれでも売れると踏んでいて、実際に売れてしまうのでしょうけどね^^;

確かに、お手頃価格のお馬さんは何かを立てれば何かが立たない。そんな印象です。
ですので、運に左右される要素も多く、いつも通りリスクを補って余りある長所を見つけてそれに賭けたいと思います。
そういう意味では個人的にカラベルやアトムチェリーといった所に注目しているのですが…まぁ、現状は不安の方が勝ってますね笑。

マルシェのように写真とDVDで大きく印象が異なる馬も珍しくないので、少なくとも候補馬は明日のツアーで入念にチェックしてこようと思っていますよ。
2013/09/04(水) 23:36:26 | URL | ティア  #-[ 編集]
こんばんは
昨年キャロで落ちたので、今年はシーザリオに突撃します。
落ちたら落ちたで来年に望みをつなぎます。
本家で300万で新種牡馬にはとても突撃できませんが、キャロならなんとか・・・。

というよりティアさんの言うとおりあまり魅力的なお馬さんがいませんね・・・。
2013/09/05(木) 00:12:40 | URL | ヤエノムテキ #-[ 編集]
赤児さんへ
赤児さん、こんばんわ。
先ほど北海道のホテルに到着した所です。
無料レンタルしたPCで事前の最終確認を行っているのですが…仰る通り昨年と比べて高揚感がありませんね。
もう半ばどうにでもなれ、という気持ちが強いですね。

相方がまさにそのハープスターに出資していて、重賞勝ったお祝いに本場のジンギスカンをご馳走してくれるそうです。寧ろそっちの方が楽しみかもしれません笑。
エーデルも負けない活躍を期待しておりますが、こと馬体に関しては当時それほど高い評価はしていなかったのんです。ですがディープは春頃には進化を遂げてくると予測出来ていたので、不安を抱きつつも期待の方がはるかに強かったですね。配合はキャロ史上最高のディープ産駒だと思っています。
ちょうど今日入厩したみたいなので、このまま無事に進んで欲しいものです。

シーザリオは肉質以外はほぼA級の点数を付けています。ちょっと雰囲気がファルヴラブに近い感じがして(東サラでいうショウダウン)不安もあるんですけどね^^;
ラフェクレールは初子で弓脚気味なのでスルーしてたのですが、母のポテンシャルは高そうですよね。実際現役時代は強い相手と接戦してましたし。将来丈夫そうな子がいたら考えたいですね。
配合はどうなんでしょうね?僕も手応えがあって意図的に付けてるのか、他の選択肢が限られていただけなのか判断に難しいところですが…。
(この血統表がステゴ産駒のものだったらすごく走りそうなのに笑)

そして、どこまで愛せるか。とても大事な要素ですね!
我々も高いお金と夢を費やしていますから一方的な願望をぶつける事も決して少なくないのですけど、根本の部分はいつまで経っても忘れたくありません。
それだけに大好きな馬と巡り合えたのなら、その出会いは大切にしていきたいですよね。
僕は今年まだそういう経験が無いのですけど笑、常に素敵な出会いを求めています^^
2013/09/05(木) 00:13:30 | URL | ティア  #-[ 編集]
ヤエノムテキさんへ
こんばんは、ヤエノムテキさん。
母優先該当馬とはいえ、この値段です。バツイチならおそらく獲れるんじゃないかと予想しておりますが、全体的に不作(と思われる)な分、これ一頭に賭ける会員さんも多いかもしれませんね。

僕も落ちてもOK。獲れてもOK。と今年は良くも悪くも気軽に構えていられます。
確かに、キャロだからこそ突撃できる馬なんですよね、この仔は^^;

ちなみに余談ですが、僕の中で芝の中距離以上で大成する馬は、その筋肉の質においてある一定の明確な基準があるのです。この馬はそこがちょっと微妙なラインなのですよね。
もっとも、馬場が重くなる、シーザリオのポテンシャルが全てを凌駕する、といった可能性も重々考えられるので、必ずしも兄より劣る成績とは限りませんが…。

いずれにせよ、ツアーで余程魅力的な馬が見つからない限り、今年は消去法でこの馬に行くしかないな、と思っています。
2013/09/05(木) 00:35:42 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する