管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクツアーその3
2013年10月01日 (火) | 編集 |
本日最後は安価帯のオススメどころです。
本来ストールンハートとアーデルハイトもこの中に入れておきたいのですが、あの二頭はかなりリスキーな所もあるので、少しジャンルが違うかな、と^^;
写真を撮れなかった所ではポップスも面白いと感じました。母は年齢の割に痛みがなくて、まだ若々しい。という話も聞きました。


ラブカーナ
DSC_0310.jpg
DSC_0313.jpg

そういえば前に友人がエンパイアメーカーは牝馬の方が心臓が優れて出やすいとか何とか言ってました。
難しい話だったので説明が出来ないのですが、遺伝子上の問題らしいですね。
この馬体とトータルで考慮すると、お買い得と言えそうです。


ステイウィズユー
DSC_0299.jpg
DSC_0298.jpg
DSC_0300.jpg

バゴの硬さが表面化してこなければ面白いと思います。
僕はこのニックスを『配合のみ』では完成しない類と見ています。


マザーウェル(たぶん)
DSC_0303.jpg
DSC_0301.jpg

字面通りにシンクリとバクシンオーを足して割ったような造りですね。
高確率で勝ちあがれそうな好馬体だと思うのですが、筋肉の質感から芝に出た場合は軽さが不足気味かなと感じました。
構成が似ているアルフレードはヘイローのクロスが上手く働いた結果なのだと思います。


デルフィニウム
DSC_0285.jpg
DSC_0286.jpg
DSC_0288.jpg

サムソンには興味ありませんが、なかなか面白い素材だと思います。
見ていると早熟性高めのSS産駒と掛け合わせるのが一番確実な手法のような気がします。


ユキチャン
DSC_0326.jpg
DSC_0328.jpg

ダートでしょうが、確実性の高い馬だと思います。
来年のハービンジャーも楽しみですね。白毛なので凄く人気するでしょうけど、毛色とか関係なく欲しいと思えるデキに見えました。
話題先行の感が強かったユキチャンですが、現役時代と同じく実力の方も馬鹿にできないですね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
シルクツアーお疲れ様でした。
皆がシルク>キャロと言っていますが、実際はそうでもなかったというのが印象かと思います。動画を見ているとどの馬も一長一短がありそうでこれは間違いないという馬がいないように見えました。ティアさんがどの馬を選ぶのか結果報告を楽しみにしていますよ。

話は変わりますが、キャロのリンガフランカ12がご一緒とのこと。配合重視のティアさんが出資されたチチカス産駒なので良い馬なのでしょう。良くわからずにフィーリングで選んだ馬がご一緒できたのでラッキーです。よろしくお願いしますー。
2013/10/01(火) 21:04:17 | URL | AITO #-[ 編集]
AITOさんへ
僕もトップクラスに関して言えば、寧ろキャロの方が上なのではないか、という気がしています。
ただ、全体の勝ち上がり率と回収率では、シルクがだいぶ上回ると見ています。

今年のキャロは原点回帰ということで、二次も含め馬体だけで選んでみるつもりです。
そもそも本当に自信のある馬なら配合云々は二の次なのですが、残念ながら近年出会いに恵まれず、どうしても他の要素に頼らざるを得ない、と言うのが本音ですね。
(少なくとも僕にはクリソやハープスターの馬体だけを見て第一指名なんて出来ないですから^^;)

リンガはG1でどうこう言えるタイプではないものの、非常にお買い得なのは確かです。
キャロの1000万牝馬であれ程のパーツと肉質を持った馬は過去に見たことがありません。
最近は馬場も意図的に軟らかく造っているみたいなので、チチカス買うならまさに今しかない!そんな気持ちです。
自分でもドMな事してるなーって自覚はあるんですけどね笑。
2013/10/05(土) 02:19:51 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。