管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムードが大事!
2013年12月04日 (水) | 編集 |
エンパイアメーカーについて本気出して考えています。
エンパイア、ディス猫、ヘニーヒューズ、イフラージ。
今、外国産種牡馬で特に注目しているのがこの四頭の産駒なのです。
それと以前友人から聞いたエンパイア産駒に関する心臓の話も興味深いものでした。

ここ最近は力の入れ具合が配合>馬体になっているのですが、それは80点の科目を90点にするよりも、30点の科目を60点にする努力の方がラクチンだからです。
実際に成果も感じられるようになって嬉しい、というのもあるんですけどね。
そのため今年のシルク出資馬は全て配合にこだわっています。こだわり100%です。
そっち方面では結構自信あったりします(キャロは逆に馬体しか見てないけどw)。

エンパイアメーカーの話に戻りますが、彼と相性の良い血統・走る馬体。その方向性についてはおおよそ掴めてきた気がします。
とりあえず実験的に一頭出資してみたいなー…って事で、唯一の選択肢でもあるシルクのラブカーナに注目してみました。ツアーじゃ馬体も悪くなかったですし。
でも、それで言ったらノルマンディーのサクセスビスケットの方が更によく見えるし、ラフィアンにも馬体・配合共に文句なしのパピオンラインという馬が居るじゃないか、と。

再度熟考してみるも、やはりああいう連中を見た後では買えん。という結論に至ったのですが、それらの血統分析中にふと別の事に気が付きました。

『あれ、フジキセキかダンス牝馬とめっちゃ合うんじゃね?』

詳細は割愛しますが、アルスノヴァとかミラクルレジェンドに付けたら面白そうだなー欲しいなー…と、今朝方からずっとそんな事を考えておりますw

諸々の事情によりシルクでもう一、二頭増やす予定でして、配合に拘るならうってつけの馬が他に居るんですが、脚元に不安のある子なので今はまだ買いたくないんですよね。
幸いシルク海域にはピラニーもまだ大量発生していないみたいですから、当分様子見できそうですし(・∀・ )
あとは海外セールで冒頭の種牡馬産駒を連れて来てくれれば…という感じなのですが。

いずれにせよ、僕のエンパイアデビューはもう少し先の話となりそう。
どうせならここぞ!って時にしたいですね。
例えばダンムーとかダンムーとかダンムーとか笑。

友人曰く牝馬の方が心臓期待値高いらしいし、マジで来年が真打ちっぽいのだが…^^;



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
スズカさんへ
レフィナーダも配合と厩舎は素晴らしいですね^^
あの馬が活躍するとますますダンムーも人気を集めそうです。仮にそうなるとすれば、やはり来年が最大のチャンスなのかもしれません。
そもそも12年産ですらラッキーナンバーでも買える保証はないと思っているんですけどね^^;
あの一族には根強いファンもいるみたいですし良血の中でも相当ハードル高いですよね…。

二年連続ラッキーナンバーってケースも過去にあったと記憶しております。ですから一応可能性はあると思います。
ちなみに僕の方は少なくとも過去6年間は出てないので、そろそろ順番が来て欲しいところです。
2013/12/05(木) 13:26:30 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。